PCB Piezotronics,Inc

ボルト軸力測定用ロードセル FT9000

米国PCB社の提供するボルト軸力測定用ロードセルFT9000はフルブリッジ式の歪ゲージを用いた製品です。本製品は締結トルクが加わった際にボルトに発生する軸力に比例した信号を出力します。出力信号は歪アンプを介するか、または歪アンプ内蔵式のデータロガーで測定していただけます。

製品一覧を見る

特長

  • 幅広いボルト軸力に対応する測定レンジ   15 kN ~ 500 kN
  • Skidmore-Wilhelm 社製の 標準軸力測定プレートを使用
  • スリット付きのベースにより簡単で早く、かつ安全な試験セッティングが可能

仕様

トルク

定格出力 2 mV/V Nominal
非直線性 ±0.25% FS
オーバーロード定格 150% FS
ヒステリシス ±  0.25% FS
推奨印加電圧 [1] ±10 VDC
ブリッジ抵抗 350 Ω フルブリッジ
注[1] 10 VDC 印加で校正を行っております。5 ~ 20 VDC または VAC RMS でもご利用いただけます。

付属品

シャント校正用抵抗
A2LA校正成績書

ラインアップ

ボルト軸力測定用ロードセル FT9000シリーズ

型式 測定レンジ
059810-01153 15 kN
059810-01253 25 kN
059810-01104 100 kN
059810-01304 300 kN
059810-01504 500 kN

アプリケーション

  • ボルト締結特性の測定と解析
  • 特殊な形状のネジの試験(ロックナット、鋸刃状など)
  • 部材の特性、表面加工、仕上げの効果の解析