機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報





超高温対応加速度計(357D92) 

PCB Piezotronics,Inc
超高温対応加速度計(357D92)
0

新商品

PCB Piezotronics社は、創業以来40年以上ガスタービン市場向けの革新的なセンサの開発・製造をおこなっています。今日のガスタービンは希薄燃焼技術を用いて燃費向上や排出ガス低減を図りますが、希薄燃焼はガスタービンの不安定性を増加させることがあります。不安定動作により、ガスタービンの異常振動が発生することでガスタービンの燃料ノズルやタービン(圧縮器駆動用タービン、出力タービンを含む)の損傷が起きると、生産活動の停止による損失あるいは修理費用が生じます。
このような損失・出費を避けるためにガスタービンを常時監視し、異常振動を予知することが重要になります。今回販売する「357D92」は、超高温下での振動測定に特化した加速度計です。PCB社製品のなかで、もっとも高い温度に対応し、649℃までの超高温下での異常振動を計測します。

特長

超高温下での異常振動を計測
最大温度649℃まで対応可
軽量45グラム
ケーブル一体型

仕様

重さ 45グラム
サイズ(mm) 14.2 X 24.1 X 14.2
感度(m/s2)  0.23pC
周波数範囲±5%(Hz) 2.5kHz
測定範囲(m/s2)  ±9,800
温度範囲  -55℃~+649℃
コネクタ  ケーブル一体型

detail__vid--text.png

はい (1)
いいえ (0)

PAGE TOP