OROS SA

OR10 モバイルDAQデバイス

OR10モバイルDAQデバイスは、OR30シリーズマルチJOB FFTアナライザの高性能、高機能はそのままに、フィールド計測に特化したデバイスです。
スタンドアローン(PCレス)でのデータ収録はもちろん、アンドロイド タブレット/スマートフォンによるワイヤレス(Wifi)での操作や測定データのモニタリング、また、FFT分析後のスペクトルを、その場で確認できます。
OR30シリーズ同様、PCを接続してのリアルタイム解析/データレコードにも対応します。約800gと小型な筐体ながら、8ch入力やタコ入力、CAN入力、GPS入力を有しています。
内蔵バッテリは約4時間で、市販のSDカードにデータを保存できるので、長時間のフィールド試験にも対応します。測定したデータはOR30シリーズNVGateソフトウェアで詳細な解析を行えますので、試験後の測定データ整理、チーム内でのデータ共有もストレスなく行うことができます。

特長

  • 入力8ch:最大サンプリング周波数102.4kHz
  • 入力レンジ:±100mV-40V
  • カップリング:AC,DC,ICP, ICP TEDS
  • ダイナミックレンジ:130dB
  • タコ入力2ch:6.4MHz高速カウンターチャンネル
  • CAN入力:1ch
  • GPS入力
  • 小型・軽量:約800g
  • スタンドアローン計測対応:
    Micro SDにデータ保存、内蔵バッテリで4時間駆動
  • モバイル端末とWifiで接続:
    測定の開始・停止操作及びデータモニタリングが可能
    (測定中の時系列波形とFFT分析後のスペクトラム)
  • PCと接続してのリアルタイム分析にも対応
  • OR30シリーズ NVGateソフトウェアと完全互換

製品・サポートページ

OROS社FFTアナライザのユーザ様向けに使用方法等の情報を公開しております。

製品・サポートページはこちら