FBGS International bvba

DTGファイバセンサ

DTGファイバセンサは、同社独自の製造方法DTG(Draw Tower Grating)で製作する、1本のファイバに複数のFBG(Fiber Bragg Grating)が加工されたファイバセンサです。本製法はファイバガラスをタワー上部からドローし、同時にFBGを加工していくため、ファイバに継目(接合部)が無く、強度の高い1本のファイバ上で任意の位置にFBGを複数点加工することができます。さらに独自のコーティング材であるORMOCERⓇ(有機無機複合材料)をコーティングすることで、ファイバの引張強度と柔軟性を大きく改善しています。この製造工程は全自動で行われており、センサのコスト削減も実現しております。

製品一覧を見る

カタログダウンロード

特長

  • ファイバの曲げによる光伝送損失を最小化
  • 動作温度範囲:-180~200℃(拡張可能)
  • ORMOCERⓇコーティングを採用
  • 引張強度:>50N、最小曲げ半径:5㎜
  • ファイバ継ぎ目が無く、FBGを任意の位置に加工可能
  • 吸湿による歪の影響をファイバに伝えない特殊コーティングあり

DTG工程図

仕様

パラメータ DTG-LBL-830 DTG-LBL-1550
反射率(FBG長:標準8㎜) >15%
FBG波長半値幅(標準8㎜長) 40pm 100pm
中心波長(拡張可能) 810-860nm 1510-1590nm
波長精度 ≦0.5nm
相対波長精度 ≦0.3nm
サイドローブ抑制 ≧10dB
FBGゲージ 長 1~10㎜(公差+1mm)
減衰率 18.4dB/km 8.6dB/km
モードフィールド径(MFD) 5μm 6μm
開口数 0.26
クラッド径 125μm±1μm
コーティング材料 ORMOCERまたはアクリル1層
コーティング材の外径 195μm(標準)
引張強度 >50N(または>歪5%)
温度係数 6.5K-1×10-6
歪感度係数 7.8K×10-7
動作温度範囲 -180℃~200℃

■DTGセンサ仕様

1本のファイバで最大40点のFBG加工が可能です。任意のファイバ長をご指定頂き、さらにFBGゲージ長、FBGの位置、FBG波長、コーティング材についてもご指定下さい。
注1.連続するFBGの距離間隔dは、10㎜≤ d ≤300㎜でごして頂けれます。
注2.異なるFBGの距離間隔を設定する場合には最短距離の整数倍となります。
注3.FBG波長と距離間隔の関係は、距離間隔10㎜あたり2nmとなります。
※本仕様は予告無く変更されることがありますので、ご発注前にご確認ください。

カタログダウンロード

歪・温度計測用DTGファイバセンサ

歪・温度計測用DTGファイバセンサ

ダウンロード

※クリックしてPDFを表示・保存できます