CAEMAX Technologie GmbH

Dx-Power 動力計測システム

新商品

車両実験において、シャフトの動力(=トルク・回転数の同時)計測を行うことを目的としたテレメータシステムです。シャフトに取り付ける半月型のハウジングには、「ブリッジアンプ内蔵の無線送信機」と「RPMセンサー」が内蔵されており、シャフトに貼り付けたひずみゲージからの「トルク」の信号とRPMセンサーからの「回転数」の信号を同時に取得できます。信号は、車室内のレシーバユニットに送信され「動力」が計算されます。

カタログダウンロード

特長

  • トルク・回転数の同時計測
  • 4台までの同期測定が可能
  • 供試体や設備への改造をすることなく、設置可能
  • 短時間でセットアップ可能
  • Dxテレメータと組み合わせたシステム構築が可能

仕様

Dx-Power 動力計測システム

項目 仕様
最大回転数 ±7,200 rpm
精度(回転数) <0.5% @0℃~50℃
信号周波数 16Hz
動作温度 -20℃~65℃
トルク測定手法 ひずみゲージによる

Dxテレメトリ・レシーバユニット(SCT)

項目 仕様
搬送周波数 2.4GHz帯のうち17周波数
サンプリングレート ~5.0kHz /ch
分解能 16bit
同期測定 4台のDx-SCTまで(4輪分)
保護等級 IP68
電源電圧 バッテリー
送信電力 最大10dBm

テレメトリ・レシーバユニット(RCI)

項目 仕様
アンテナ入力 2本の独立したレシーバ(ダイバーシティモード)
ディスプレイ 2.83インチカラーディスプレイ, 320 x 240px
オートゼロ リモコンによる
CANインターフェース

CAN 2.0b(標準&拡張ID対応)
~1Mbpsまでで任意に設定可能

アナログ出力 BNCジャック x 6個
構成 最大4台のDx-BrakeTempを接続可能
電源入力 9V ~ 36V DC
動作温度 -20~ 65℃
寸法 約170 x 130 x 53 mm
重量 約0.8 kg

ラインアップ

カタログダウンロード

Dxテレメータ

CAEMAX Dxテレメータ

ダウンロード

※クリックしてPDFを表示・保存できます