株式会社東陽テクニカ

Alpha Node(アルファノード)

新製品

Alpha Node(アルファノード)は360度カメラで撮影した走行映像に対して特徴点などの各種情報を抽出し、撮影時とは異なる車速、視点位置・角度で自由に映像を再生することができます。車両の運動に連動させて映像を表示することができるため、リアリティがあり、没入感が得られる実映像のドライビングシミュレータとして使用することが可能です。また、近年の自動運転車両には多数のカメラが搭載されていますが、それぞれのカメラに対応した実写映像をディスプレイに投影し、その映像を車載カメラシステムで撮影することで、カメラシステムの性能評価に応用することが可能です。

 

特長

  • CGモデルではなく実写映像を使用
  • 全周360度もしくは任意の領域を指定して表示
  • 円筒スクリーンと部分球スクリーンにも対応
  • 撮影時の揺れや傾きを補正
  • 車両の運動と映像を正確に連動
  • 運転席位置の視点を自由に移動(オプション)
  • ハンドル操作による車両の動きと視界の変化を再現(オプション)
  • 1回の撮影映像から車線変更など異なる軌跡を追従(オプション)
  • 高度な車両モデル(CarSimやCarMakerなど)と連携(オプション)
  • 高精度な位置情報(GNSS)と連動(オプション)
  • 運転トレーニング用に走行時の映像を記録(オプション)
  • 複数のドライバーと同一シミュレーション空間で連動(オプション)
  • 任意の3Dモデルの挿入(オプション)

用途

  • ADAS(LKASやACCなど)の検証テスト
  • 運転手のトレーニング
  • HMI評価
  • 運転行動研究

動画

市街地走行
市街地走行(車線変更あり)