機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報





FM 202 自動車用 挟まれ反転荷重(ピンチフォース)計測システム 

DriveTest
FM 202 自動車用 挟まれ反転荷重(ピンチフォース)計測システム
0

サンルーフ、パワーウインドウ開閉時の挟まれ反転荷重計測をハンディで実現

製品一覧を見る

FM 202 自動車用 挟まれ反転荷重(ピンチフォース)計測システム カタログ

特長

広い計測レンジ
剛性 10 N/mmで
最高 600 Nまで計測可能
 
適合規格
2004/4 EG(欧)
 
様々な測定対象に対応
治具を使わずにサンルーフやパワーウインドウのピンチフォースを計測可能
 
操作の簡便性
単一ボタンによる操作
 
堅牢性
長期間使用が可能な素材(アルミニウム製)

仕様

FM 202
 
FM 202 センサ
● 測定レンジ:0 - 600 N
● 測定許容誤差:+/- 3 N or 3 %
● 剛性:10 N/mm
● ギャップ幅:85 mm
● 被荷重エリア:80 × 80 mm
● 測定原理:ひずみゲージ
● サイズ:100 × 300 × 190 mm
● 重量:4.2 kg
 
測定ユニット SEB 2
● センサに繋げる測定ユニット
● 液晶ディスプレイ
● 9 Vバッテリー電源
● 内部クロック
● 約100の測定データを保存できるストレージ
● センサおよびPCとのインターフェース
● 応力のピーク値とpass/fail評価の結果を表示

構成内容

● センサ FM 202
● 接続ケーブル (0.5 m)
● 測定ユニット SEB2
 (液晶ディスプレイ、ステータス表示LED、操作ボタン、シリアルインターフェース)
● 9 Vバッテリー
● アルミニウム製輸送ケース (緩衝材入り)
● PC接続ケーブル(RS232, USB)
● CD (分析ソフトウェアPinchPilot、資料)
● ユーザマニュアル
● 校正証明書

  FM 202

分析ソフトウェア PinchPilot

● ピンチフォース VS 時間のグラフ表示
● 関連パラメータの計算
● 複数の規格に対応
● ユーザによる評価基準の設定が可能
● レポートの出力
● データのエクスポート (エクセル、ワード)
 

PinchPilot要求仕様

● 対応OS Windows Vista, 7, 8, 10
● RAM ≧ 32 MB
● 空きディスク容量 ≧ 50 MB
● RS232 or USBインターフェース

カタログダウンロード

FM 202 自動車用 挟まれ反転荷重(ピンチフォース)計測システム カタログ

FM202_catalog_sum.jpg

カタログダウンロード

クリックしてPDFを表示・保存できます

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。