MTS Sensors

MTS Sensorsは、1966年米国ミネアポリスに設立されたMTS Systems CorporationのSensors Divisionです。
MTS Sensors は、センシング技術とソリューションの業界のリーダーとして広く認められています。このセンサは、最先端のオートメーションおよび安全関連アプリケーションにおいて、高精度な位置と速度計測を提供します。 MTS Sensors は多彩な製品ポートフォリオを持ち、お客様と密接に協力してパフォーマンスを最適化し、ダウンタイムを削減します。また、実用的なノウハウに結びつく優れた品質により、お客様が高い生産性と成功を達成することを可能にします。センサシステムの継続的な研究、開発、生産は、産業機械、建設機械・特殊車両、プロセス技術分野で計測を行うための新しいソリューションを提供し続けます。

MTS Sensors は、MTS Systems Corporation (NASDAQ:MTSC)の 1 事業部で、地域サポートに重点を置き、お客様にグローバルにサービスを提供しています。

計測技術

MTS Sensors が提供するアブソリュート式磁歪式直線変位センサは、MTS Sensors社の特許である Temposonics®磁歪技術を採用し、高精度の位置検出と堅牢性を実現します。Temposonics® 磁歪式直線変位センサは、特別に設計された磁歪式検出素子(磁歪線)の特性を利用し、位置計測を行います。センサ内で 2 つの磁界が瞬間的に相互作用することにより、磁歪線内で捩れパルスが誘起されます。
この捩れパルスは、センサエレクトロニクスハウジングに備えられた電子回路によって検出されます。 一方の磁界は、磁歪線を内部に備えたセンサロッドに沿って移動するポジションマグネットにより生じ、他方の磁界は、磁歪線に印加された電流パルスにより生じます。マグネットの位置は、電流パルスを印加してから捩れパルスがセンサヘッド部に到達するまでの伝搬時間を計測することにより正確に計測されます。このため精度と繰り返し性が高く、安定した位置計測が可能となります。

磁歪効果に基づく Temposonics® 技術は可動部品に依存しないため、機械的ストレスにさらされることがありません。従って、他の技術と比較した場合、たとえ過酷な作業環境においてもセンサは大幅に長寿命となり、高い信頼性を誇ります。さらに、Temposonics® 技術を採用したセンサはアブソリュート出力のため、再キャリブレーションの必要がありません。

一般産業機械

産業用、医療用、商業用、悪環境での使用、超長尺、アナログ、CAN、Profibus、EtherCAT などの多彩な出力、本質安全防爆、耐圧防爆、または非常に限られたスペースでの使用に対して、標準品、特注品でお応えします。

建機・車両・鉄道

MTS Sensors は、定評のある磁歪技術を用いた、衝撃や振動、温度等の過酷な環境に対し堅牢な磁歪式直線変位センサを提供します。このセンサは、小型で、油圧シリンダー、空圧シリンダー内にも収まる、過酷なテストを重ねて特別に開発された非接触で高信頼性のセンサです。

液面・境界面計測

液面計 Level Plus® は、磁歪計測技術による高精度、高信頼性を誇る磁歪式液面変位センサ・境界面センサレベルスイッチです。この液面計は、1 本の液面計で比重の違うフロートを 2 個使用し、液面、境界面の計測だけでなく、温度計測、タンク容量の自動計算、エラー診断等、多くの機能を搭載し、アナログ、HART 通信、Modbus、DDA に対応しています。