機械制御/振動騒音
IR情報 会社情報

imc試験計測 試験計測システムの導入事例

事例紹介
自動車産業

自動車産業

 各種アナログ信号、CAN・LIN などの車両内バス、KWP2000 や CCP などの診断プロトコルを同期して最大 512ch/ システムで計測できる imc 社の試験計測システムは、自動車および自動車部品のあらゆる試験計測でご利用頂いております。
 リアルタイムの演算機能は、計測中の各種演算(頻度処理、人体振動・乗り心地フィルタ、FFT などその他多数)を可能にし、オフライン解析の作業を軽減することのできるシステムとして、実車両試験、テストベンチ試験で数多く用いられています。テストベンチ試験においては、オートメーション機能を利用した自動試験計測システムや、Simulink モデルを利用した Hardware in the Loop Test システムもご利用頂いております。

 

鉄道産業

鉄道産業

 複数台を同期して計測できる imc 社の試験計測システムは、配線工数を削減できるシステムとして、車両の振動試験、衝突試験、耐久試験、パンタグラフ測定など、あらゆるアプリケー ションで導入事例がございます。
 各車両に分散設置されたデータロガーは EtherNet を介して一括でモニタリングすることが可能であるため、鉄道車両のような大型の構造物の多点計測には最適なシステムです。

 

航空産業

航空産業

 耐振性・耐衝撃性に優れ、幅広い動作温度範囲を持ち、スタンドアロン(PC接続なし)での動作が可能な imc 社の試験計測システムは航空産業で多くのユーザがおります。
 気圧や温度の急激な変化に耐えることのできるハードウェアは航空機の上昇時・下降時の測定を可能にし、複数台の同期計測機能は多点分散計測を可能にします。

 

生産ライン

生産ライン

 各種リアルタイムの演算機能とデジタル入出力を持つ imc 社の試験計測システムは、生産現場の自動判定システムとして多数の導入事例がございます。
 PC から演算処理内容や判定ロジックをシステムにダウンロードすることで、装置単体での自動判定を可能にします。また、デジタル入出力インターフェースは外部装置との通信に利用できるため、周辺設備との連動が可能となっております。

 

その他の事例

その他の事例

 風力発電設備の性能・構造・認証試験や、飛行場の滑走路のモニタリングなど、様々なアプリケーションでも imc 社の製品が使われております。
 耐環境性に優れたハードウェアと自由度の高いソフトウェアは、あらゆる産業の試験計測でご利用頂いております。

> 事例紹介一覧へ

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP