物性/エネルギー
IR情報 会社情報

示差熱分析システム

リチウムイオン電池の劣化要因の1つとして電解液の酸化分解等の副反応により影響することが考えらます。カナダDalhousie大学Prof. Jeff Dahnの研究室では、低温でDTA測定を行ない充放電前後の電解液の熱特性変化を測定する手法を提唱しています。Novonix社のDTA測定システムは、Prof. Jeff Dahnの研究室の設計に基づいて開発されました。非破壊で二次電池の電解液消費量などを測定し、電池の劣化要因解析を行うことができます。
  • NEW

    DTA-1 示差熱分析システム
    1

    DTA-1 示差熱分析システム
    NOVONIX(ノボニクス/カナダ)

    DTA-1はカナダのDalhousie大学Jeff Dhan研究室の研究に基づく設計で、低温側に広い温度範囲を持つ示差熱分析システムです。電池の温度を一定速度で昇降させ、基準サンプルとの温度差を測定することで、電池内部の電解液の熱物性解析を非破壊で行える装置です。

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。