Tabor Electronics Ltd.(テイバー / イスラエル)

RF/IF/ベースバンド(IQ) 任意波形/シグナルジェネレータ SE/WXシリーズ

SEシリーズ/WXシリーズは、SFDR:-70dBc@1GHz、SSB位相雑音<-105dBc@1GHz の優れたシグナルインテグリティを有する信号発生器です。SE5082型は~7GHz(マルチナイキスト領域)のRF信号を生成する事が出来、IF,(IQ)ベースバンド帯域からマイクロ波領域のアプリケーションにも対応します。
高分解能な任意波形およびシーケンス機能、優れたスペクトル純度、高度なトリガなど 先進機能を備え 通信アプリケーションに活用いただけます。

株式会社東陽テクニカ 理化学計測部
phone03-3245-1103
Mail:keisoku[at]toyo.co.jp

お問合せ・お見積希望
デモ希望

新製品 9GS/s FPGA任意波形/RFジェネレータ ⇒
新製品 12GHz RFアナログ信号発生器 ⇒

特長

■優れたシグナルインテグリティ

SFDR:-70dBc@1GHz
SSB位相雑音:-105dBc@1GHz、10kHz offset
EVM(16QAM):1%未満(1.8GHz IQ帯域幅)

最高7GHzのRF信号を出力

アップコンバータ無しでマルチナイキスト領域の信号出力

■1ch,2ch,4ch出力

2ch,4ch同期出力、各ch独立した波形メモリ
ch間(I-Q)スキュー微調整:10ps分解能
RF信号と任意波形/パルス波の同期出力も可能

■ユーザ定義 任意波形

~5GS/s サンプルレート可変
自由な波形長で16000波形以上 作成可

■シーケンス・トリガシーケンス機能内蔵

複数波形の連結、繰返し制御をユーザー定義
複雑で長周期の波形もクロックレートを下げることなく出力

■高速 任意パルス列、パターンデータ列

最速 100ps(typ)の高速遷移(立ち上がり/下がり)パルス
任意電圧レベル、PRBSの出力も可能

■ソフトウエアサポート

任意波形編集とリモート制御ソフト付属
表計算ソフトやオシロスコープ取込のcsvデータを再生、再編集可能
Labview、C++、MATLABなどのドライバを用意

シグナルインテグリティ

今日の通信試験および測定アプリケーションにおいて重要な要件の1つは、高い信号品質です。SEシリーズ/WXシリーズは、典型的なSSB位相雑音が100MHzで<-115dBc、1GHzで<-105dBc(SE5082型、キャリアオフセット10kHz) と優れた純度で、また、1GHzキャリアで-70dBcの優れたSFDR特性の高品質のダイレクトIF・RF信号を提供し、これからのシグナルジェネレータに求められる要求に応えます。

マルチナイキスト動作 7GHz以上の信号を生成

SE5082型は、サンプリングモードを選択できるDACテクノロジを採用しており、第4ナイキスト領域まで、さらにはそれ以上の電力供給を調整できます。高周波数のナイキスト領域でより多くの電力が供給されるように周波数応答をシフトするこの機能により、アップコンバータを必要とせずにDACのサンプリング周波数をはるかに超える直接IF /RF信号を生成することができます。これはサンプリングレートの高いDAC(10GS/s)を使用することと同等です。

ベースバンドIQ(直交)変調信号出力

SEシリーズ/WXシリーズは、デジタル変調を生成するのに理想的で、IQ帯域幅2GHzのIQ変調信号源として用いる事が出来ます。1.8GHz IQ帯域幅の16QAM変調でEVMが1%未満の優れたEVM性能でIQ変調信号を提供します。また、10ps分解能でI-Q間スキューを微調整する事ができ、正確に制御された位相を必要とするアプリケーションでは理想的です。
VSG(ベクトル信号発生器)に接続する際は、SEシリーズ/WXシリーズの同期マーカー信号でVSGの出力をパルス変調することにより出力制御を行えます。

強力なセグメンテーションとシーケンス機能

多くのアプリケーションに対応する 強力なセグメンテーションとシーケンス機能は、複雑な波形の生成を可能にします。波形メモリを複数の波形セグメントに分割し、ユーザーが自在にシーケンス設定することで、複数の波形セグメントの連結、繰返し、ジャンプにより複雑な波形を作成し、有限のメモリスペースを有効に活用できます。また 最大1000のシーケンスシナリオを作成し それらの間でも更にシーケンス設定を行うことで、波形作成における更に高いレベルの柔軟性を発揮します。

制御コードの作成をサポート

SEシリーズ/WXシリーズには、Labview、CVI、C++、VB、MATLABなどの環境でアプリケーションを記述できるドライバを用意しています。
Windows、Linux、またはMacintoshオペレーティングシステム用にアプリケーションが作成されている場合でも、付属のDLLを他のWindowsベースのAPIにリンクしたり、SCPIコマンド(プログラマブル計測器の標準コマンド)を使用して計測器をプログラムすることもできます。また、汎用用途では標準付属のArbConnectionソフトウエアにて機器の制御や任意波形の生成を行えます。

プログラマブル差動マーカー(同期パルス)

SEシリーズ/WXシリーズは、出力毎に2つのプログラム可能な差動マーカー(同期パルス)が装備されています。プログラマビリティにより 必要な周辺トリガニーズに対して同期位置、パルス幅、ディレイ、振幅を設定することができます。マーカー使用時も出力波形の電圧分解能(bit数)が減ることはありません。

スマートトリガ

SEシリーズ/WXシリーズのスマートトリガ機能は、これまでのレベル検出だけではなく、特定のイベントを検出できるよう強化されました。
電圧レベルに加えパルス時間を検出し、プログラムされた時間よりも大きなパルス幅を有するパルス、またはプログラム範囲内のパルス幅を有するパルスなどで、トリガすることが可能です。また、ホールドオフ機能があり、最初のトリガ後からホールドオフ時間が経過した後のパルスを有効とるすなど、より特定のイベントのみを捉えて動作する事を可能にしました。

比較 一覧表

  WX1281C型(1ch)
WX1282C型(2ch)
WX1284C型(4ch)
WX2181C型(1ch)
WX2182C型(2ch)
WX2184C型(4ch)
SE5082(2ch)
■サンプリングレート
サンプリングレート
  (1データ)
10MS/s*~1.25GS/s
(100ns~1ns)
10MS/s*~2.3GS/s
(100ns~0.5ns)
50MS/s~5GS/s (20ns~0.2ns)
■周波数帯域/電圧(sine wave)
DAC(AC)モード 4GHz / 540mVpp
DCモード 500MHz typ / 2Vpp 700MHz typ / 2Vpp 3GHz typ / 1.2Vpp(±0.75V)
HVモード 350MHz typ / 4Vpp 350MHz typ / 4Vpp
RF(AC)モード** 500MHz typ / +10dBm 1GHz typ / +10dBm
マルチナイキスト領域 7GHz
■シグナルインテグリティ
SSB位相ノイズ(typ)
  (10kHz carrier offset)
<-115dBc at 100MHz
<-100dBc at 500MHz
<-115dBc at 100MHz
<-95dBc at 1GHz
<-115dBc at 100MHz
<-105dBc at 1GHz
SFDR <-70dBc at 500MHz <-70dBc at 1GHz <-70dBc at 1GHz
EVM <1% 16QAM(IQ帯域:1.8GHz)
■任意波形
任意波形メモリ 32Mワード/ch
16,000波形(メモリ分割)
64Mワード/ch
32,000波形(メモリ分割)
シーケンス機能 16,000ステップ/1000シナリオ 49,000ステップ/1000シナリオ

電圧はシングルエンド50Ω時
* WX1284C、WX2184Cは 75MS/s~
* * WX1284C、WX2184Cは未対応

SEシリーズ 仕様

■標準関数(ファンクション)波形

Sine wave

周波数 10kHz~2.5GHz(NRZ第1ナイキスト領域)
~7GHz(マルチナイキスト領域)
スタート位相 0.00゜~ 360.00゜(*)

矩形波

周波数 10kHz~1.25GHz
デューティー比 可変(*)
パルスモード時:最小0.00001%相当、最小パルス幅:200ps
立ち上がり/下がり
(20%-80%).
DCアンプオプション:100ps typ.
(±0.75V、1.2Vpp、シングルエンド50Ω時)

その他 (三角波、ランプ波、Sin(x)/x、exponential、ガウシャン、ノイズ、dc)

周波数 10kHz~300MHz typ.
(任意波形モードで波形生成時はこの限りではない)

(*) 周波数が高くなると分解能が減少します。

■パルス/任意パルス列・パルスパターン/PRBS (デジタル生成パルス)

●パルスモード

パルスモード シングルパルス、ダブルパルス
極性 ノーマル、±反転、High-Lo反転
パルス周期 DCアンプオプション:800ps~1.6s (200ps分解能)
最小パルス幅 DCアンプオプション:200ps
ディレイ DCアンプオプション:200ps~1.6s
(パルス幅、ディレイの設定分解能:≧(周期/32,000,000))
立ち上がり/下がり 可変
DCアンプオプション:最少100ps typ.(20%-80%)
(設定分解能:≧(周期/1,000,000))

●任意パルス列/パルスパターン・データ列(任意波形モード)
任意のパルス列、パルスパターン・データ列をユーザー定義

パルス分解能 200ps~20ns
デジタルビットパターン 50Mbps~5Gbps(NRZ時)

●PRBS(疑似ランダムバイナリーシーケンス)
PRBS7,PRBS9,PRBS11,PRBS15,PRBS23,PRBS31,ユーザ定義

データレート 1bit/s~1Gbit/s
多値電圧レベル伝送 2、3、4、5電圧レベル

●電圧(シングルエンド50Ω時)

DCアンプオプション 電圧レベル範囲:±0.75V
振幅範囲:100mVpp~1.2Vpp

■任意波形

サンプルレート 可変範囲:50MS/s~5GS/s (~6GS/s .typ)
設定分解能:12桁
≦1ppm(19℃~29℃)
サンプリングモード NRZ:第1ナイキスト領域(従来領域)
RTZ:第2ナイキスト領域
NRTZ:第4ナイキスト領域後半~第5ナイキスト領域
RF:第2ナイキスト領域後半~第4ナイキスト領域前半
*所望の帯域のみの信号を得るには
別途バンドパスフィルタを用います。
波形メモリ 波形メモリ長:64Mワード/ch オプション
電圧データ分解能:12bit
波形セグメント 波形メモリを任意長のセグメントに分割して任意波形作成が可能。
セグメント数:1~32,000波形(メモリ分割)
セグメントサイズ:各々任意の波形長を設定可
         384ワード以上、32の倍数であること

■任意波形の作成

ArbConnection4 リモート操作・簡易波形作成ソフト

■シーケンス波形

作成した複数の任意波形(波形セグメント)を、シーケンスシナリオに従って連結出力。シーケンスシナリオは波形の出力順(ステップ)をユーザーが定義し、繰返し回数(ループ)、又は 外部信号入力、又はリモートコマンドにより次のステップへ進む。又はジャンプする。シナリオはch毎に設定可能。

シーケンス機能

シーケンスシナリオ数 1~1000シナリオ
ステップ数 3~49,152ステップ
アドバンスモード
(ステップ進行)
Auto、Once(xN回)、Stepped
セグメント・ループ 1~16,000,000サイクル(セグメント毎)
シーケンス・ループ 1~1,000,000サイクル
(アドバンスモード:Onceの場合のみ)

アドバンスドシーケンス(シーケンスドシーケンス)機能

シーケンスシナリオ数 1シナリオ
シーケンス制御 リモートコマンド 又は 背面パネルのシーケンス制御入力
(D-sub、8ビット)
ステップ数 1~1,000ステップ
アドバンスモード
(ステップ進行)
Auto、Once(xN回)、Stepped
シーケンス・ループ 1~1,000,000サイクル(シーケンス毎)

■ch間オペレーション

同期/独立出力

設定 2ch同期出力、又は 独立出力を選択可能

ch1-ch2間スキュー(ch1-ch2間ディレイ)

スキュー ≦200ps
スキュー制御 範囲:0~波形長
分解能:300MS/s~:8波形データ
   :~300MHz:16波形データ
確度:サンプルレート確度と同じ
スキュー微調整 範囲:-3ns~+3ns
分解能:10ps
確度:±(設定の10%+20ps)

■出力アンプモジュール(SMA端子、シングルエンド 又は 差動出力)

DAC(標準)、DC(オプション)、HV(オプション) の何れかから選択。

●DAC出力(シングルエンド、50Ω時)

電圧 振幅範囲:400mV~540mV
ACカップリング
立ち上がり/下がり 85ps(20%-80%,typ.)
帯域 4GHz(NRZモード)
SFDR(typ.)
(NRZモード)
~625MHz:-70dBc
625MHz~2.5GHz:-60dBc
位相ノイズ -120 dBc/Hz, 1GHz,10kHz offset(typ.)
ハーモニクス(typ.) ~650MHz:-65dBc
650MHz~2.5GHz:-55dBc

●DCアンプオプション(シングルエンド、50Ω時)

電圧 電圧レベル範囲:±0.75V
振幅範囲:100mVpp~1.2Vpp
オフセット -500mV~+500mV
立ち上がり/下がり 100ps(20%-80%,typ.)
帯域 3GHz(NRZモード,typ.)
SFDR(typ.)
(NRZモード)
~650MHz:-80dBc
650MHz~1.5GHz:-70dBc
1.5GHz~2.5GHz:-58dBc
位相ノイズ -120dBc/Hz、1GHz,10kHz offset(typ.)
ハーモニクス(typ.) ~650MHz:-65dBc
650MHz~1.6GHz:-55dBc
1.6GHz~2.5GHz:-45dBc

■発振モード(Run mode)

発振モード(Run mode) 連続発振(アーム、セルフアーム)
トリガ発振(ノーマル、オーバーライド)
バースト回数:~1,000,000回
ゲート発振
バースト設定 ~1,000,000回
トリガ 内部トリガタイマ(波形スタート間隔)
内部トリガディレイ(波形終了から波形スタート間)
外部トリガ(外部トリガ信号、~15MHz)
マニュアル(前面パネルボタン)
BUS(リモートコマンド)

(サイン波は、連続発振の他では最高周波数が制限されます。)

■外部トリガ入力(前面SMA端子)

ドライブチャネル ch1、ch2、又は両方
トリガエッジ極性 正、負、又は両方
周波数範囲 0~15MHz、パルス幅≧10ns
入力インピーダンス 50Ω、10kΩ
トリガレベル -5V~5V、2.5mV分解能、トリガ感度200mVpp
トリガディレイ範囲 0~8,000,000サンプルクロック、分解能8クロック
システム遅延 200サンプルクロック+50ns typ.
トリガ・ジッタ 8サンプルクロック
スマートトリガ機能:トリガ信号のパルス幅を検出
パルス幅条件 <パルス幅、>パルス幅、<>パルス幅
パルス幅範囲 50ns~2s、分解能2ns
トリガホールドオフ機能:ホールドオフ時間中はトリガを無視
ホールドオフ範囲 100ns~2s、分解能2ns
スマートトリガ、トリガホールドオフ時間確度:±(5%+20ns)

■内部トリガ

ドライブチャネル ch1、ch2、又は両方
トリガタイマ:波形スタート間隔
時間範囲 200ns~20s
トリガディレイ:波形終了から波形スタート間
トリガディレイ範囲 152~8,000,000サンプルクロック、分解能:8クロック

■周波数スイープ/変調

周波数スイープ

キャリア サイン波、矩形波、三角波
10kHz~2.5GHz
周波数スイープ Log/リニアスイープ

変調

スキーム ・AM、FM、ASK、FSK、周波数HOP、振幅HOP、チャープ
・PSK(BPSK、QPSK、OQPSK、π/4-DQPSK、8PSK、16PSK、ユーザ定義)
・QAM(16QAM、64QAM、256QAM、ユーザ定義)

■入出力端子

Out1, 2 ch1, 2波形出力、ON/OFF切換可(前面SMA、差動、50Ω)
Sync Out ch1, 又は ch2に同期したパルス出力(前面SMA、50Ω)
電圧:1.2V(50Ω時)
Marker Out マーカー出力:波形出力毎2ch(背面SMB、差動、50Ω)
電圧:1.25V(シングルエンド 50Ω時)
ディレイ可変:10ps分解能
Trigger In ch1, 又は ch2, 又は両方の外部トリガ信号入力
トリガレベル可変、(前面SMA、10kΩ or 50Ω)
Ref In 外部リファレンス入力(背面BNC、50Ω)
周波数:10MHz,20MHz,50MHz 又は100MHz、
レベル:-5dBm~5dBm
Sample Clock In サンプルクロック入力(背面SMA、50Ω)
レベル:0dBm~10dBm
クロックデバイダ:1/1、1/2、1/4~1/64
Event In シーケンスの開始/終了、アームモードのオン/オフ用
トリガレベル、極性可変、(背面BNC、10kΩ)

■その他

ディスプレイ TFT LCD 4インチ
インターフェイス USB: 前面(A端子x1)、背面(B端子x1)
LAN: 1000/100/10 BASE-T
GPIB: IEEE-488.2、24ピン
セグメント制御: D-sub 9ピンx2
波形、設定の保存 内部フラッシュメモリに保存、呼出可能
電源 100Vac~240Vac、50Hz~60Hz、150VA
寸法 315x88x425mm(WxHxD)、但し 脚、突起部を除く
重量 約4.5kg(出荷梱包時:約6kg)
環境 動作温度:0℃~40℃
安全規格、EMC CE、IEC61010-1、IEC61326-1:2006
校正周期 2年

WXシリーズ 仕様

■標準関数(ファンクション)波形

Sine wave

周波数 218xC型:10.00kHz~600.00000MHz(700MHz typ.)&nbTimeConstantsp;
RFモード時:4MHz~1GHz(4chモデルは除く)
128xC型:10.00kHz~500.00000MHz 
RFモード時:4MHz~500MHz(4chモデルは除く)
スタート位相(*) 0.0゜~ 360.0゜

矩形波

周波数 218xC型:10.00kHz~500.00000MHz
128xC型:10.00kHz~350.00000MHz
デューティー比(*) 可変、
パルスモード時:最小0.00001%相当、最小パルス幅:1ns
立ち上がり/下がり(*) DC path:700ps typ.
HV path:1ns typ.

三角波

周波数 10.00kHz~62.00000MHz(125MHz typ.)
スタート位相(*) 0.0゜~ 360.0゜

ランプ波

周波数 10.00kHz~31.00000MHz(125MHz typ.)
立ち上がり(*) 周期の0.1% ~ 99.9%
立ち下がり(*) 周期の0.1% ~ 99.9%
ディレイ(*) 周期の0.0% ~ 99.9%

Sin(x)/x

周波数 10.00kHz~15.00000MHz(125MHz typ.)
サイクル(*) 4 ~ 100 サイクル

ガウス

周波数 10.00kHz~15.00000MHz(125MHz typ.)
TC(TimeConstant)(*) 10 ~ 200

EXP

周波数 10.00kHz~15.00000MHz(125MHz typ.)
TC(TimeConstant)(*) −100 ~+100

その他

DC DC レベル: 振幅の0% ~± 100%
ノイズ 擬似アナログノイズ

(*) 周波数が高くなると分解能が減少します。

■パルス/任意パルス列/PRBS(デジタル生成パルス)

●パルスモード

パルスモード シングルパルス、ダブルパルス
極性 ノーマル、±反転、High-Lo反転
パルス周期 5ns~1.6s
最小パルス幅 ≧2ns
ディレイ 0~(周期-パルス幅-遷移時間)、但し連続発振時以外≠0
(パルス幅、ディレイの設定分解能:≧(周期/16,000,000))
立ち上がり/下がり 可変、DC path:最小700ps typ.
(設定分解能:≧(周期/1,000,000))
  振幅 DC path:50mVpp~2.000Vpp
(シングルエンド、50Ω負荷、開放時は2倍)
  電圧レベル High:−1.950V~+2.000V
Low:−2.000V~+1.950V
(シングルエンド、50Ω負荷、開放時は2倍)

●任意パルス列/パルスパターン・データ列(任意波形モード)
任意のパルス列、パルスデータ列をユーザー定義

パルス分解能 WX128xC:1ns~100ns
WX218xC:0.5ns~100ns
デジタルビットパターン
(NRZ)
WX128xC:10Mbps~1.25Gbps
WX218xC:10Mbps~2.3Gbps
立ち上がり/下がり DC path:最小700ps(600ps typ.)
HV path:最小1ns(900ps typ.)
振幅 DC path:50mVpp~2.000Vpp
HV path:100mVpp~4.000Vpp
多値電圧レベル対応
(シングルエンド、50Ω負荷、開放時は2倍)

●PRBS(疑似ランダムバイナリーシーケンス)
PRBS7,PRBS9,PRBS11,PRBS15,PRBS23,PRBS31,ユーザ定義

データレート WX218xC:1bps~500Mbps 
WX128xC:1bps~250Mbps
多値電圧レベル伝送 2、3、4、5電圧レベル

■任意波形

サンプルレート ch1,2共通 又はch毎 
218xC型:10.00MS/s~2.3000000GS/s 
128xC型:10.00MS/s~1.2500000GS/s
確度 ± 1ppm(TCXO、19℃~ 29℃)
波形メモリ長 16Mワード/ch 又は 32Mワード/ch
電圧データ分解能 14bit
波形セグメント 波形メモリを任意長のセグメントに分割して任意波形作成が可能。 
セグメント数:1~16,000波形(メモリ分割) 
セグメントサイズ:各々任意の波形長を設定可 
・最小セグメント:192ワード、16の倍数であること

■任意波形の作成

ARB-SOFT4 任意波形作成ソフト(オプション予定、GPIB接続)
ArbConnection4 リモート操作・簡易波形作成ソフト

■シーケンス波形

作成した複数の任意波形(波形セグメント)を、シーケンスシナリオに従って連結出力。シーケンスシナリオは波形の出力順(ステップ)をユーザーが定義し、繰返し回数(ループ)、又は 外部信号入力、又はリモートコマンドにより次のステップへ進む。又はジャンプする。シナリオはch毎に設定可能。

シーケンス機能

シーケンスシナリオ数 1~1000シナリオ
ステップ数 1~16,000ステップ
アドバンスモード
(ステップ進行)
Auto、Once(×N)、ステップ
セグメント・ループ 1~1,000,000サイクル(セグメント毎)
シーケンス・ループ 1~1,000,000サイクル 
(アドバンスモード:Onceの場合のみ)

アドバンスドシーケンス(シーケンスドシーケンス)機能

シーケンスシナリオ数 1シナリオ
シーケンス制御 ソフトウェア・コマンドまたはリア・パネルのシーケンス制御入力
(D-sub、8ビット・ライン)
ステップ数 1~1,000ステップ
アドバンスモード
(ステップ進行)
Auto、Once、ステップ
シーケンス・ループ 1~1,000,000サイクル(シーケンス毎)

シーケンス/セグメント制御入力

入力 8bitバス+有効ライン(チャンネル毎)、TTL

■ch間オペレーション

同期/独立出力

設定 2系統同期出力、又は 独立出力を選択可能

ch1-ch2間スキュー(ch1-ch2間ディレイ)

スキュー ≦200ps
スキュー制御 範囲:0~(n-128)サンプルクロック(n=波形セグメント長) 
分解能:4サンプルクロック
スキュー微調整 範囲:-3ns~+3ns 
分解能:10ps

■出力(SMA端子、シングルエンド/差動出力 切替可)

アナログ出力 DC path(50Ω負荷時、開放時は2倍)

振幅 シングルエンド: 50mVpp~2.000Vpp 
差動出力: 100mVpp~4.000Vpp
立ち上がり 700ps typ.
帯域 600MHz
オフセット 0V~±1.500V

アナログ出力 HV path(50Ω負荷時、開放時は2倍)

振幅 シングルエンド: 50mVpp~4.000Vpp 
差動出力: 100mpp~8.000Vpp
立ち上がり 1ns typ.
帯域 350MHz
オフセット 0V~±1.500V

RF(ACカップリング)出力(50Ω負荷時)

振幅 シングルエンド:-5dBm~+5dBm
帯域 2181C/2182C型:1GHz 
1281C/1282C型:500MHz

アンプオプション(WX2184C, 1284Cは除く)

A10150型
A10160型
150MHz 16Vpp (開放32Vpp)
30MHz 30Vpp (電流750mA)

■発振モード(Run mode)

発振モード
(Run mode)
連続発振(アーム、セルフアーム)/トリガ発振(ノーマル、オーバーライド)/ゲート発振/バースト発振
バースト設定 ~1,000,000回
トリガディレイ 内部トリガ(400ns~2.00s)
外部トリガ(dc~15MHz、パルス幅>10ns) 
マニュアル(前面パネルボタン) 
BUS(リモートコマンド)

(サイン波は、連続発振の他では最高周波数が制限されます。)

■外部トリガ入力(SMA端子、10kΩ typ.)

ドライブチャネル ch1、ch2、又は両方
トリガエッジ極性 正、負、または両方
周波数範囲 0~15 MHz、パルス幅≧10ns
トリガレベル -5V~5V、2.5mV分解能、トリガ感度200mVpp
トリガディレイ範囲 0~8,000,000サンプルクロック、分解能4クロック
システム遅延 200サンプルクロック+50ns typ.
トリガ・ジッタ 8サンプルクロック
スマート・トリガ トリガ信号のパルス幅を検出
パルス幅条件 <パルス幅、>パルス幅、<>パルス幅
パルス幅範囲 50ns~2s、分解能2ns
トリガ・ホールドオフ ホールドオフ時間中はトリガを無視
ホールドオフ範囲 100ns~2s、分解能2ns

■内部トリガカウンタ

ドライブチャネル ch1、ch2、又は両方
モード タイマ(波形スタート間隔)、遅延(波形終了から波形スタート間)
時間範囲 400ns~2.00s
トリガディレイ範囲 152~8,000,000サンプルクロック、分解能:4クロック

■周波数スイープ/変調

周波数スイープ

キャリア サイン波:218xC型:10MHz ~1GHz 
128xC型:10MHz ~500MHz
周波数スイープ Log/リニアスイープ

変調

本体内蔵機能 ・AM、FM、ASK、FSK、周波数HOP、振幅HOP
・PSK(BPSK、QPSK、OQPSK、π/4-DQPSK、8PSK、16PSK、ユーザ定義) 
・QAM(16QAM、64QAM、256QAM、ユーザ定義)

■入出力端子

Out1, 2 ch1, 2波形出力、ON/OFF切換可(前面SMA、50Ω)
Sync Out ch1, 又は ch2に同期したパルス出力(前面SMA、50Ω)
電圧:1V(50Ω負荷)
Marker Out マーカー出力、2ch(波形出力毎)、(背面SMB、差動、50Ω) 
電圧:1.25V(差動時2.5V)ディレイ可変:10ps分解能
Trigger In ch1, 又は ch2, 又は両方の外部トリガ信号入力 
トリガレベル可変、(前面SMA、10kΩ)
Ref In 外部リファレンス入力(背面BNC、50Ω) 
周波数:10MHz~100MHz、レベル:-5dBm~5dBm
Sample Clock In サンプルクロック入力(背面SMA、50Ω)
Event In シーケンスの開始/終了、アームモードのオン/オフ用 
トリガレベル可変、(背面BNC、10kΩ)

■その他

ディスプレイ TFT LCD 4インチ
インターフェイス USB: 背面(デバイスB端子) 
LAN: 1000/100/10 BASE-T 
GPIB: IEEE-488.2、24ピン 
セグメント制御: D-sub 9ピンx2
波形、設定の保存 内部フラッシュメモリに保存、呼出可能
電源 100Vac~240Vac、50Hz~60Hz、150VA
寸法 315x88x395mm(WxHxD)、但し 脚、突起部を除く
重量 約4.5kg(出荷時:約6kg)
環境 動作温度:0℃~40℃
安全規格、EMC IEC61010-1、IEC61326-1-2006
校正周期 2年