物性/エネルギー
IR情報 会社情報





2.3GS/s 1,2,4ch 任意波形/シグナルジェネレータ WXシリーズ 

Tabor Electronics Ltd. テイバー社
2.3GS/s 1,2,4ch 任意波形/シグナルジェネレータ WXシリーズ 2chモデル
0
  • 2chモデル

    1
  • 1chモデル

    2
  • 4chモデル

    3
  • A10150型

    4
  • デジタル出力

    5
  • 6

WXシリーズは、SFDR:-70dBc@1GHz、SSB位相雑音<-95dBc@1GHz の優れたシグナルインテグリティを有する信号発生器です。高速な任意波形、シーケンス波形、変調波、パルス波を自在にユーザー定義でき、4ch同期/8ch同期(2台同期運転)出力する事も可能です。
デジタル通信/インターフェイス、IF(IQ),RF信号などの無線通信アプリケーションから、高速タイムドメイン・アプリケーションまで、広帯域に渡り信頼性の高い計測/試験シグナルソースとして活用できます。


(株)東陽テクニカ 理化学計測部
03-3245-1103
keisoku[at]toyo.co.jp
お問合せ・お見積希望
デモ希望

201807071833_1.png

特長

優れたシグナルインテグリティ
     SFDR: -70dBc@1GHz
      SSB位相雑音: -95dBc@1GHz、10kHz offset
      EVM(16QAM): 1%未満(1.8GHz IQ帯域幅)
1ch 又は 2ch 又は 4ch出力(差動出力)
  2ch同期/4ch同期出力、異なる波形も同期出力
  ch間スキュー微調整:10ps分解能
広帯域 標準波形
  Sine :10kHz~600.00000MHz
      RF(AC)モード:~1.0000000GHz
  矩形波:10kHz~500.00000MHz
  位相、デューティー比など 波形パラメータ可変
  周波数スイープ/変調(AM,FM, ASK, FSK, PSK, QAM)
高速パルス
  高速立ち上がり:700ps typ.@2Vpp
   :1ns typ.@4Vpp
   :2.6ns typ.@10Vpp オプション ⇒ 詳細はこちら
   :10ns typ.@30Vpp オプション ⇒ 詳細はこちら
ユーザ定義任意波形、シーケンス波形
  10MS/s~2.3000000GS/sサンプルレート可変
  14bit分解能、自由な波形長で16000波形まで作成
  シーケンス/トリガシーケンス機能内蔵
  複数波形の連結、繰返し制御をユーザー定義
ソフトウエアサポート
     任意波形編集とリモート制御ソフト付属
     表計算ソフトやオシロスコープ取込のcsvデータを再生、再編集可能
     Labview、C++、MATLABなどのドライバを用意



 

シグナルインテグリティ

  今日の計測/試験アプリケーションで最も重要な要件の1つは、高い信号品質です。
WXシリーズは、SSB位相雑音が <-115dBc@100MHz、<-95dBc@1GHz(キャリア周波数オフセット:10kHz)、SFDR:スプリアスフリーダイナミックレンジ が -70dBc(キャリア周波数:1GHz)の高い信号品質を有します。今後高まるシグナルジェネレータに求められる要求に応えます。
   

3種類の出力モジュールを標準内蔵

  WXシリーズは、帯域(遷移時間)と出力により、3種類の出力モジュールを標準内蔵しています。アプリケーションに合わせてch毎に選択して用いることができます。
 ・DCモード:700MHz、2Vpp
 ・HVモード:350MHz、4Vpp
 ・ACモード:1GHz、-20~+10dBm
 ・A10150型オプションアンプ:150MHz、16Vpp

  *WX128xCは、出力範囲:~500MHz
  *4chモデル(WXxx84C)はACモードはありません。

 

~2.3GS/s任意波形、標準波形も内蔵

  WXシリーズは、10MS/s~2.3GS/s(WX128xCは~1.25GS/s)サンプルレート可変の任意波形発生器です。ch毎に波形メモリ、DACを搭載し、2ch 又は 4ch同期出力することができます。広帯域、高速DAC、高速立ち上がり/下がり(遷移時間)、1ppmTCXO内部リファレンスにより生成されるユーザ定義波形は、高分解能・高確度・高安定な波形であり信頼性の高い試験信号を得ることができます。任意波形の作成は付属のソフトウエアで容易に行えます。csvデータを波形として再生する事も可能です。標準関数波形も内蔵しており、広帯域のファンクションジェネレータ、SGとしても活用できます。
 

 

強力なセグメンテーションとシーケンス機能

  WXシリーズが持つ、多くのアプリケーションに対応する 強力なセグメンテーションとシーケンス機能は、複雑な波形の生成を可能にします。波形メモリを複数の波形セグメントに分割し、ユーザーが自在にシーケンス設定することで、複数の波形セグメントの連結、繰返し、ジャンプにより複雑な波形を作成し、有限のメモリスペースを有効に活用できます。また 最大1000のシーケンスシナリオを作成し それらの間でも更にシーケンス設定を行うことで、波形作成における更に高いレベルの柔軟性を発揮します。
 


 

ベースバンドIQ(直交変調)信号生成

  WXシリーズは、デジタル変調を生成するのに理想的で IQ変調信号源として用いる事が出来ます。1.8GHz IQ帯域幅の16QAM変調でEVMが1%未満の優れたEVM性能でIQ変調信号を提供します。また、10ps分解能でI-Q間スキューを微調整する事ができ、正確に制御された位相を必要とするアプリケーションでは理想的です。VSG(ベクトル信号発生器)に接続する際は、同期マーカー信号でVSGの出力をパルス変調することにより出力制御を行えます。4chモデルでは、MIMOリンクアプリケーションにも適しています。
   

パルス/ビットパターン、任意パルス列

  WXシリーズは、短い遷移時間:600ps(立ち上がり/下がり)でユーザー定義の 任意パルス列、パターンデータ列を出力することができます。複雑なパルス列を生成することは容易ではありませんが、WXシリーズ内蔵、又は 付属ソフトウエアツールの Pulse Composerにより、洗練されたパルス/パターンジェネレータとして操作でき、複雑なパルストレイン・パターンや 任意電圧レベルのパルス列なども容易に作成することができます。csvフォーマットの電圧データ列を再生する事も可能です。PRBSの生成機能も備わっています。
   

スマートトリガ

  WXシリーズのスマートトリガ機能は、これまでのレベル検出だけではなく、特定のイベントを検出できるよう強化されました。
電圧レベルに加えパルス時間を検出し、プログラムされた時間よりも大きなパルス幅を有するパルス、またはプログラム範囲内のパルス幅を有するパルスなどで、トリガすることが可能です。また、ホールドオフ機能があり、最初のトリガ後からホールドオフ時間が経過した後のパルスを有効とるすなど、より特定のイベントのみを捉えて動作する事を可能にしました。
 

プログラマブルマーカー(同期パルス)

  いくつかのアプリケーションでは、複数のデジタル同期パルスを必要とする場合があります。
WXシリーズは、最大4chのプログラム可能な差動マーカー(同期パルス)を装備していますが、WXD1型オプションと組合わせる事により、1.15Gbps、16Mデータメモリ、スキュー制御可能な 最大32chのプログラマブルデジタル同期パルスを得る事が出来ます。
ミックスド・シグナルソースとして活用できます。
   

8ch同期波形出力

  2台のWX2184C型、又は WX1284C型を同期運転することにより、8ch同期波形を出力する事が可能です。
   

制御プログラムの作成をサポート

  WXシリーズには、Labview、CVI、C++、VB、MATLABなどの環境でアプリケーションを記述できるドライバを用意しています。
Windows、Linux、またはMacintoshオペレーティングシステム用にアプリケーションが作成されている場合でも、付属のDLLを他のWindowsベースのAPIにリンクしたり、SCPIコマンド(プログラマブル計測器の標準コマンド)を使用して計測器をプログラムすることもできます。また、汎用用途では標準付属のArbConnectionソフトウエアにて機器の制御や任意波形の生成を行えます。
 
   



 
 
 

仕様

■出力(SMA端子、シングルエンド/差動出力切替可) 
アナログ出力  DC path (50Ω負荷時、開放時は2倍)
振幅 シングルエンド:50mVpp~2.000Vpp
差動出力:100mVpp ~4.000Vpp
立ち上がり 700ps typ.
帯域 600MHz
オフセット 0V~±1.500V
アナログ出力 HV path (50Ω負荷時、開放時は2倍)
振幅 シングルエンド:50mVpp ~ 4.000Vpp
差動出力:100mpp~8.000Vpp
立ち上がり 1ns typ.
帯域 350MHz
オフセット 0V~±1.500V
RF(ACカップリング)出力(50Ω負荷時)
振幅 シングルエンド:-5dBm ~ +5dBm
帯域 2181C/2182C型:1GHz
1281C/1282C型:500MHz
アンプオプション(WX2184C, 1284Cは除く)
A10150型
A10160型
150MHz  16Vpp(開放32Vpp)
30MHz 30Vpp (電流750mA)


■標準関数(ファンクション)波形
Sine wave
周波数 218xC型:10.00kHz~600.00000MHz(700MHz typ.)
     RFモード時:4MHz ~1GHz (4chモデルは除く)
128xC型:10.00kHz~500.00000MHz
     RFモード時:4MHz~500MHz(4chモデルは除く)
スタート位相(*) 0.0゜~ 360.0゜
矩形波
周波数 218xC型:10.00kHz~500.00000MHz 
128xC型:10.00kHz~350.00000MHz 
ディーディー比(*) 可変(*)
パルスモード時:最小0.00001%相当、最小パルス幅:1ns
立ち上がり/下がり(*) DC path:700ps typ.
HV path:1ns typ.
三角波
周波数 10.00kHz~62.00000MHz(125MHz typ.)
スタート位相(*) 0.0゜~ 360.0゜
ランプ波
周波数 10.00kHz~31.00000MHz(125MHz typ.)
立ち上がり(*) 周期の0.1% ~ 99.9%
立ち下がり(*) 周期の0.1% ~ 99.9%
ディレイ(*) 周期の0.0% ~99.9%
Sin(x)/x
周波数 10.00kHz~15.00000MHz(125MHz typ.)
サイクル(*) 4~100サイクル
ガウス
周波数 10.00kHz~15.00000MHz(125MHz typ.)
TC(TimeConstant)(*) 10 ~ 200
EXP
周波数 10.00kHz~15.00000MHz(125MHz typ.)
TC(TimeConstant)(*) -100 ~ +100
その他
DC DC レベル: 振幅の0% ~± 100%
ノイズ 疑似アナログノイズ
(*)周波数が高くなると、分解能が減少します。

■パルス/任意パルス列/PRBS(デジタル生成パルス)
●パルスモード
パルスモード シングルパルス、ダブルパルス
極性 ノーマル、±反転、High-Low反転
パルス周期 5ns~1.6s
最小パルス幅 ≧ 2ns
ディレイ 0~(周期-パルス幅-遷移時間)、但し連続発振時以外≠0
(パルス幅、ディレイの設定分解能:≧(周期/ 16,000,000))
立ち上がり/下がり 可変、DC path:最小700ps typ.
(設定分解能:≧(周期/1,000,000))
振幅 DC path:50mVpp~2.000Vpp
(シングルエンド、50Ω負荷、開放時は2倍)
電圧レベル High:−1.950V~+2.000V
Low:−2.000V~+1.950V
(シングルエンド、50Ω負荷、開放時は2倍)
●任意パルス列/パルスパターン・データ列(任意波形モード)
任意のパルス列、パルスパターン・データ列をユーザー定義
パルス分解能 WX128xC:1ns~100ns
WX218xC:0.5ns~100ns
デジタルビットパターン(NRZ) WX128xC:10Mbps~1.25Gbps
WX218xC:10Mbps~2.3Gbps
立ち上がり/下がり DC path:最小700ps(600ps typ.)
HV path:最小1ns(900ps typ.)
振幅 DC path:50mVpp~2.000Vpp
HV path:100mVpp~4.000Vpp
 多値電圧レベル対応
(シングルエンド、50Ω負荷、開放時は2倍)
●PRBS(疑似ランダムバイナリーシーケンス)
PRBS7, PRBS9, PRBS11, PRBS15, PRBS23, PRBS31, ユーザー定義
データレート WX218xC:1bps~500Mbps 
WX128xC:1bps~250Mbps
多値電圧レベル伝送 2,3,4,5電圧レベル

■任意波形
サンプルレート ch1,2共通 又はch毎 
218xC型:10.00MS/s~2.3000000GS/s 
128xC型:10.00MS/s~1.2500000GS/s
確度 ± 1ppm(TCXO、19℃~ 29℃)
波形メモリ長 32Mワード/ch
電圧データ分解能 14bit
波形セグメント 波形メモリを任意長のセグメントに分割して任意波形作成が可能。 
セグメント数:1~16,000波形(メモリ分割) 
セグメントサイズ:各々任意の波形長を設定可 
・最小セグメント:192ワード、16の倍数であること

■任意波形の作成
ARB-SOFT 任意波形作成ソフト(オプション予定、GPIB接続)
ArbConnection4 リモート操作・簡易波形作成ソフト

■シーケンス波形
作成した複数の任意波形(波形セグメント)を、シーケンスシナリオに従って連結出力。シーケンスシナリオは波形の出力順(ステップ)をユーザーが定義し、繰返し回数(ループ)、または外部信号入力、またはリモートコマンドにより次のステップへ進む。またはジャンプする。シナリオはch毎に設定可能。
シーケンス機能
シーケンスシナリオ数 1~1000シナリオ
ステップ数 1~16,000ステップ
アドバンスモード
(ステップ進行)
Auto、Once(xN回)、Stepped
セグメント・ループ 1~1,000,000サイクル(セグメント毎)
シーケンス・ループ 1~1,000,000サイクル
(アドバンスモード:Onceの場合のみ)
アドバンスドシーケンス(シーケンスドシーケンス)機能
シーケンスシナリオ数 1シナリオ
シーケンス制御 ソフトウェア・コマンドまたはリア・パネルのシーケンス制御入力
(D-sub、8ビット・ライン)
ステップ数 1~1,000ステップ
アドバンスモード(ステップ進行) Auto、Once、Stepped
シーケンス・ループ 1~1,000,000サイクル(シーケンス毎)
シーケンス/セグメント制御入力
入力 8bitバス+有効ライン(チャンネル毎)、TTL

■ch間オペレーション
同期/独立出力
設定 2系統同期出力、又は 独立出力を選択可能
ch1-ch2間スキュー(ch1-ch2間ディレイ)
スキュー ≦200ps
スキュー制御 範囲:0~(n-128)サンプルクロック(n=波形セグメント長) 
分解能:4サンプルクロック
スキュー微調整 範囲:-3ns~+3ns 
分解能:10ps

■発振モード(RUN mode)
発振モード(Run mode) 連続発振(アーム、セルフアーム)/トリガ発振(ノーマル、オーバーライド)/ゲート発振/バースト発振
バースト設定 ~1,000,000回
トリガディレイ 内部トリガ(400ns~2.00s)
外部トリガ(dc~15MHz、パルス幅>10ns) 
マニュアル(前面パネルボタン) 
BUS(リモートコマンド)
(サイン波は、連続発振の他では最高周波数が制限されます。)

■外部トリガ入力(前面SMA端子、10kΩ typ.)
ドライブチャネル ch1、ch2、又は両方
トリガエッジ極性 正、負、又は両方
周波数範囲 0~15MHz、パルス幅≧10ns
トリガレベル -5V~5V、2.5mV分解能、トリガ感度200mVpp
トリガディレイ範囲 0~8,000,000サンプルクロック、分解能4クロック
システム遅延 200サンプルクロック+50ns typ.
トリガ・ジッタ 8サンプルクロック
スマート・トリガ トリガ信号のパルス幅を検出
パルス幅条件 <パルス幅、>パルス幅、<>パルス幅
パルス幅範囲 50ns~2s、分解能2ns
トリガホールドオフ機能:ホールドオフ時間中はトリガを無視
ホールドオフ範囲 100ns~2s、分解能2ns

■内部トリガカウンタ
ドライブチャネル ch1、ch2、又は両方
モード タイマ(波形スタート間隔)、遅延(波形終了から波形スタート間)
時間範囲 200ns~20s
トリガディレイ範囲 152~8,000,000サンプルクロック、分解能:4クロック

■周波数スイープ/変調
周波数スイープ
キャリア サイン波:218xC型:10MHz~1GHz
128xC型:10MHz ~ 500MHz
周波数スイープ Log/リニアスイープ
変調
スキーム ・AM、FM、ASK、FSK、周波数HOP、振幅HOP
・PSK(BPSK、QPSK、OQPSK、π/4-DQPSK、8PSK、16PSK、ユーザ定義) 
・QAM(16QAM、64QAM、256QAM、ユーザ定義)

■入出力端子
Out1, 2 ch1, 2波形出力、ON/OFF切換可(前面SMA、差動、50Ω)
Sync Out ch1, 又は ch2に同期したパルス出力(前面SMA、50Ω)
電圧:1V(50Ω負荷)
Marker Out マーカー出力、2ch(波形出力毎)、(背面SMB、差動、50Ω) 
電圧:1.25V(差動時2.5V)
ディレイ可変:10ps分解能
Trigger In ch1, 又は ch2, 又は両方の外部トリガ信号入力 
トリガレベル可変、(前面SMA、10kΩ)
Ref In 外部リファレンス入力(背面BNC、50Ω) 
周波数:10MHz~100MHz、
レベル:-5dBm~5dBm
Sample Clock In サンプルクロック入力(背面SMA、50Ω)
Event In シーケンスの開始/終了、アームモードのオン/オフ用 
トリガレベル可変、(背面BNC、10kΩ)

■その他
ディスプレイ TFT LCD 4インチ
インターフェイス USB: 背面(デバイスB端子) 
LAN: 1000/100/10 BASE-T 
GPIB: IEEE-488.2、24ピン 
セグメント制御: D-sub 9ピンx2
波形、設定の保存 内部フラッシュメモリに保存、呼出可能
電源 100Vac~240Vac、50Hz~60Hz、150VA
寸法 315x88x395mm(WxHxD)、但し 脚、突起部を除く
重量 約4.5kg(出荷梱包時:約6kg)
環境 動作温度:0℃~40℃
安全規格、EMC IEC61010-1、IEC61326-1:2006
校正周期 2年

比較一覧表

 
 
WX1281C(1ch)
WX1282C(2ch)
WX1284C(4ch)
WX2181C(1ch)
WX2182C(2ch)
WX2184C(4ch)
SE5082型(2ch)
サンプリングレート
  サンプリングレート
  (1データ)
10MS/s*~1.25GS/s
(100ns~1ns)
10MS/s~2.3GS/s
(100ns~0.5ns)
50MS/s~5GS/s
(20ns~0.2ns)
周波数帯域/電圧(sine wave)
  DAC(AC)モード 4GHz / 540mVpp
  DCモード 500MHz typ / 2Vpp 700MHz typ / 2Vpp 3GHz typ / 1.2Vpp(±0.75V)
  HVモード 350MHz typ / 4Vpp 350MHz typ / 4Vpp 600MHz typ / 2Vpp(±2.25V)
  RF(AC)モード* 500MHz typ / +10dBm 1GHz typ / +10dBm
  マルチナイキスト領域 7GHz
パルス遷移時間(立ち上がり/下がり)
  DCモード 0.6ns typ@2Vpp 100ps typ@1.2Vpp(±0.75V)
  HVモード 1ns typ@4Vpp
  A10150オプションアンプ 2.6ns typ@10Vpp
  A10160オプションアンプ 10ns typ@30Vpp
任意波形
  任意波形メモリ 32Mワード/ch
16,000波形(メモリ分割)
64Mワード/ch
32,000波形(メモリ分割)
  シーケンス機能 16,000ステップ/1000シナリオ 49,000ステップ/1000シナリオ
 電圧はシングルエンド50Ω時
*WX1284C、WX2184Cは 75MS/s~
**WX1284C、WX2184Cは未対応


 

detail__vid--text.png

はい (3)
いいえ (1)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。