物性/エネルギー
IR情報 会社情報





磁場勾配磁力計 MicroMag 2900 AGM 

Lake Shore Cryotronics Inc.
磁場勾配磁力計  MicroMag 2900 AGM
0

本製品は販売終了しました。(詳細はこちらをご覧ください)
MicroMagTM 2900 AGM(Alternative Gradient Magnetometer:磁場勾配磁力計)は、最大2.2Tという大きい磁場を印加することが可能で、かつ10nemu(積分時間:1s/point)という非常に高感度な測定が可能です。また1ポイントの積分時間が100msから測定することが可能であり、高速測定が可能です。コンパクトに設計されており、かつ使用方法が簡便なため、材料開発や基礎的な物性測定の際に最適なシステムです。 
このシステムは、5×5×2mm以下、200mg以下のサンプルでしたら、バルク、極薄フィルム、粉体、液体、スラリーなど様々なタイプのサンプルの測定が可能です。 
2種類の電磁石を選択でき、それぞれ高速応答の4象限対応の電源から電流を供給されます。

株式会社東陽テクニカ 理化学計測部
TEL:03-3245-1103
Email:keisoku[at]toyo.co.jp

特長

●速い測定スピード
1点10msという非常に速い測定で、データを取得することができます。10秒以内でヒステリシスループを測定することも可能です。また測定点数が非常に多くなるFORC(First Order Reversal Curves)測定を行う際、従来のVSMでは10時間以上もかかっておりましたが、このAGMではおよそ10分で測定することが可能です。
●温度可変オプション
サンプルの温度を可変できるオプションを用意しております。10K~ 473Kで温度の変化をおこなえ、極低温域から高温域までで測定することが可能です。ソフトウエアでシーケンスを組むこと可能ですので、サンプルの温度依存性を自動で測定することが可能です。
●磁界強度 最大2.2T(2900-04型の室温時)
最大2.2T(2900-04型の室温時)をサンプルに印加することが可能です。
●VSMとのコンビネーションモデル
ヘッドなどを交換するだけで、VSMにもなるコンビネーションモデルがあります。電磁石やコントローラは共通にできるので、非常に省スペースで測定を行うことができます。

仕様

●感度 : 10nemu (1s/point) 
●最大印加磁場: 2.2T
●温度範囲: 10K~473K(オプション)

アプリケーション

測定例
micro2900zu01.jpg
micro2900zu02.jpg
micro2900zu03.jpg
一般的な材料の測定
■アプリケーション
●磁性薄膜 
●古地磁気学 
●アモルファス金属 
●磁性多層膜 
●磁性ヘテロ構造 
●磁気MEMS 
●ナノ磁性材料 
●希薄磁性半導体(DMS) 
●レアアース 
●超伝導体 
●分子磁性材料 
●MRAM 
●スピンバルブ 
●磁性流体 
●トナー材料 
●生体材料 
●光磁気デバイス

 

detail__vid--text.png

はい (1)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。