物性/エネルギー
IR情報 会社情報





ローノイズ アナログ 電圧プリアンプ 1201型 

DL Instruments,LLC(旧 ITHACO)
ローノイズ アナログ 電圧プリアンプ 1201型
0

厳選パーツを用いた完全アナログ構成と、
電源ラインとの絶縁(バッテリー駆動)により、
ノイズの要因を完全除去

ゲイン、フィルタ周波数など ユーザー可変


(株)東陽テクニカ 理化学計測部
TEL:03-3245-1103
Email:keisoku[at]toyo.co.jp

特長

・ローノイズ、高精度 プリアンプ 
・ゲイン可変(x10~25,000)
・ローパス/ハイパス f得可変フィルタ内蔵
・広帯域:dc~400kHz
・外部信号によるゲート動作可能
・バッテリー動作可能

DL Instruments(旧ITHACO)社 1201型は微小電圧を計測するための、ローノイズ(低ノイズ)、高感度、高精度プリアンプです。主に、ロックインアンプ、データロガー、オシロスコープ、電圧計等の前段のプリアンプとして使用します。
研究開発、設計における高感度計測、特にシビアなローノイズ測定を要求されるアナログ回路設計や、物性、低温物理分野においてもご使用頂いています。


厳選パーツを用いた 完全アナログ構成
内部ノイズ源となりうるデジタル制御部、デジタル表示部を全く用いない完全アナログアーキテクチャであり、また厳選された専用パーツを用いることで、ローノイズ(低ノイズ)、高感度、高精度を実現しました。

リチャージャブル バッテリー動作可能
内蔵バッテリーによる動作が可能です。AC電源ラインに起因するノイズ(50Hz、60Hzや電源ライン重畳ノイズ)による影響が全くありません。

ゲイン、フィルタ周波数など ユーザー可変
前面パネルのつまみにより、ゲイン や フィルタ周波数などを可変できます。検出したい信号の状況に合わせて最適な設定をユーザーが選択できます。
 
 
東陽テクニカは、DL Instruments(旧ITHACO)社 の日本における正規取扱店です。 
万一、東陽テクニカより納入したDL Instruments(旧ITHACO)社製品が故障した場合は、当電子技術センターで修理対応いたします。納入後1年以内の故障で、製造者の責に帰する故障の修理費は無償です。但し、消耗品等の交換は実費にて行います。
 

仕様

入力インピーダンス DCカップリング:1000MΩ以上
ACカップリング:100MΩ
バイアス電流 各入力共10pA以下
オフセット電流5pA以下
DC安定度 6μV/℃最大(RTI)
300μV/℃最大(RTO)
20μV/24時間(ウォームアップ30分後でドリフト値は蓄積しません。)
最大同相電圧 10Vp-p (min)
最大入力電圧 ゲイン×10~100: ±750mV(レンジ)
ゲイン×200~X10K: ±75mV(レンジ)
同相除去比(最小)  
  周波数
DC~IOOHz
1KHz
10KHz
100KHz
200KHz
400KHz
ゲイン×200以上
125dB
105dB
85dB
65dB
55dB
50dB
ゲイン×200以下
115dB
95dB
75dB
55dB
45dB
40dB
ゲイン ×10~10,000、1-2-5-10ステップ
(ポテンションメーターにて×25,000まで連続調整可能)
ゲイン確度 1%(パーニアはCALの位置)
ゲイン安定度 0.03%/℃
ディストーション 通常0.01%以下
周波数応答 DCカップリング:DC~400KHz(-3dB)
  ACカップリング:0.008Hz~400KRz(-3dB)
ハイパスフィルタ DC 及び 3Hz-300KHz(1-3-10ステップ) をスイッチ選択
ローパスフィルタ 3Hz-300KHz(1-3-10ステップ) 及び MAXをスイッチ選択
MAXの周波数設定は400KHz(min)
ノイズ 15nV/√HZ以下(10Hz)
7nV/√HZ以下(1kHz)
出力 (1)600Ω出力:20Vp-p最小(バッテリ動作12V)
(2)Lo-z出力:18Vp-p最小(パッテ日動作10V)
(3)ユニティゲイン(×1)出力:
  2Vp-p最小(バッテリ動作l.3V)
ゲート機能 背面パネルBNCコネクタへの入力信号によりゲートされます。
ゲート入力最小パルス偲:20μsec
電源 100Vacおよびバッテリー駆動
寸法 9cm(高)x24.2cm(幅)x38.5cm(奥)
 
 

detail__vid--text.png

はい (3)
いいえ (0)

PAGE TOP