物性/エネルギー
IR情報 会社情報





低磁界プローブ 

OECO(F.W.BELL)
低磁界プローブ
0

F.W.BELL製 ガウスメータ用
低磁界用プローブです。


サンプルの形状や磁場強度に合わせて選択可能です。

(株)東陽テクニカ 理化学計測部
03-3245-1103
magne[at]toyo.co.jp
お問合せ・お見積希望
デモ希望

特長

5100シリーズ用



 
型名 A
(mm)
B
(mm)
C 軸材料 直線性 感度 アクティブ
領域
(mm)
動作
温度
範囲
温度安定度
(最大)
周波数
応答
ゼロ
(/℃)
校正
(/℃)
MOS51-3204 101.6±1.6 7.24±0.15 1.27 フェノール 0.75%/0.1mT 0.01X 22.00dia 0 ~
+75 ℃
±1nT -0.001% DC-750Hz
(-3dB)
 


6010型用


 
型名 A
(mm)
H C
(mm)
D
(mm)
E
(mm)
F G 軸材料 直線性
(読み取りの)
周波数
応答
感度 アクティブ
領域
(mm)
動作
温度
範囲
温度安定度
(最大)
ゼロ
(/℃)
校正
(/℃)
MOW61-
2506-05
228.6
±0.76
N/A 6.35
± 0.25
152.4 12.2
± 0.76
N/A N/A Lexan 0.5%
to 200μT
dc-400Hz 0.01X 152.4
× 6.4
0 ~
+75 ℃
± 7
μT/℃
-0.04
%/℃
MOW61-
2506-15
MOW61-
2506-30
 


7000シリーズ用



 
型名 A
(mm)
H C
(mm)
D
(mm)
E
(mm)
F G 軸材料 直線性
(読み取りの)
周波数
応答
感度 アクティブ
領域
(mm)
動作
温度
範囲
温度安定度
(最大)
ゼロ
(/℃)
校正
(/℃)
MOX71-
2506-05
228.6
± 0.76
N/A 6.35
± 0.25
152.4 12.2
± 0.76
N/A N/A Lexan 0.5% to
200μT
dc-400Hz 0.01X 152.4
× 6.4
0 ℃ to
+75 ℃
± 7μT -0.04%
MOX71-
2506-15
MOX71-
2506-30
  



8000シリーズ用

8000magna.jpg
8000magna2.jpg
 
型名 軸材料 直線性
(読み取りの)
周波数
応答
感度 アクティブ
エリア
(mm)
動作
温度範囲
温度安定度
(最大)
温度補償
ゼロ
(/℃)
校正
(/℃)
MOX81-2506-10 LEXAN(白) 0.5% to 200μT DC to 400Hz 0.01X 1.524 DIA. (NOM) 0℃ to +75℃ ±7μT (TYP) -0.04% (TYP) ×
MOX81-2506-30



 
型名 直線性(読み取りの) 周波数応答 アクティブ
エリア(mm)
動作温度範囲 温度安定度(最大)
ゼロ(/℃) 校正(/℃)
MOS81-3204-10 ±0.5%
(23℃において)
DC to 750Hz 15.5 0℃ to +75℃ ±50nT -0.05%
MOS81-3204-30
  



9900シリーズ用



 
型名 A
(mm)
E
(mm)
C
(mm)
D
(mm)
直線性
(読み取りの)
周波数
応答
感度 アクティブ
領域
(mm)
動作温度
範囲
温度安定度
(最大)
ゼロ
(/℃)
校正
(/℃)
MOX99-2506 228.6
± 0.76
12.2
± 0.76
6.35
± 0.25
152.4 0.5% to 200μT dc-5kHz 0.01X 152.4 × 6.4 nom. 0℃ to -75℃ ± 0.1μT -0.05%

*プローブは、非常に壊れやすく、構造上修理することが困難です。取扱いにはご注意ください。
 

プローブの選択の仕方

プローブの選択の仕方
F.W.BELL社のプローブは、全部で約200種類以上揃っていますが、その性能と形状は下記のように、英文字と数字で分類されています。詳細な説明は下記のとおりです。磁気の強さや物理的な形状、条件に応じて最適なプローブを選択下さい。
<6010型、7000シリーズ用プローブ>
image_toyo_bell_probe_img_7000_choice.gif.gif
 
<5000シリーズ、5100シリーズ、9200型、9900型用プローブ>
image_toyo_bell_probe_img_5000_choice.gif.gif
<マグナ型プローブ>
マグナ型プローブを使用する際は下記のことに注意してください。

[測定範囲]
マグナ型プローブとテスラ/ガウスメータを接続した時、測定レンジは全て1/100になります。例えば3mTレンジは30μTレンジになります。

[測定できる磁場]
マグナ型に使用されているホール素子のアクティブ領域は、152.4mm×6.4mmです。従ってマグナ型が正確に測定できる磁場は、プローブ全体を取り 囲む範囲で、磁気の強さが均一な場合に限られます。漏れ磁場測定のときは、特に磁気分布に注意をして、マグナ型の仕様を決めてください。

* プローブは、非常に壊れやすく、構造上修理することが困難です。取扱いにはご注意ください。

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。