Kepco,Inc.(ケプコ / USA)

ワイドレンジ プログラマブル直流電源 KLPシリーズ

システムユースに最適な 軽量・1U薄型
幅広い出力範囲のワイドレンジ電源
1200W/~600V/~150A

(株)東陽テクニカ 理化学計測部
phone03-3245-1103
home電源トップページへ戻る
keisoku[at]toyo.co.jp

特長

7モデルラインナップ

定格出力:1200W
出力電圧:~600V 
出力電流:~150A

マルチレンジ・幅広い出力範囲

軽量、薄型、ラックマウントタイプ

クーリングの為のスペースを必要としない
44mm(H)× 483mm(W)× 508mm(D)、7.3kg

外部コントロール標準装備

GPIBインターフェイス
RS232インターフェイス
アナロコントロール

マルチレンジ・幅広い出力範囲

従来の直流電源は、出力可能な電圧値、電流値は長方形(スクエアタイプ)でしたが、KLPシリーズは幅広い出力範囲を持ちます。
例えばKLP75-33-1200型(1200W モデル)ならば、最大出力電圧値:0-75V(その時の電流値:0-16A)、最大出力電流値:0-33.3A(その時の電圧値:0-36V)になります。出力電圧値が36V-75Vの間では、最大出力電流値は定電力(1200W)を満たす様に16A-33.3Aと可変します。(図1を参照してください。)
従来の電源では、電圧75V- 電流16A もしくは電圧36V-電流33.3Aなどと出力値は固定でした。
つまり今までは出力の値によって2台もしくは複数台必要だった直流電源がKLPシリーズでは1台で必要な出力範囲を満たすことが出来ます。

ラックマウントに最適な軽量・薄型

このKLPシリーズは最大出力が1200Wであるにもかかわらず、薄型・軽量です。クーリングは、フロントパネルから外気を取り込み、リアパネルから熱を放出するユニークな空冷方式を採用しており、KLPシリーズをシステムラックに組み込む際、その上下部にスペースを空けることなく複数台を重ねて使用することができます。従来の電源ではクーリングの為に、スペースを空ける必要がありましたので、この方式を採用することでシステムの省スペース化をはかる事ができます。

仕様

KLPシリーズ ラインナップ

型 名 出力電圧
レンジ
電圧レンジに対する 最大出力電流 出力電流
レンジ
電流レンジに対する 最大出力電圧 リップルノイズ p-p
KLP10-150-1200 0-10V 120A@10V 0-150A 8V@150A 75mV
KLP20-120-1200 0-20V 60A@20V 0-120A 10V@120A 75mV
KLP36-60-1200 0-36V 33.3A@36V 0-60A 20V@60A 125mV
KLP75-33-1200 0-75V 16A@75V 0-33.3A 36V@33.3A 125mV
KLP150-16-1200 0-150V 8A@150V 0-16A 75V@16A 125mV
KLP300-8-1200 0-300V 4A@300V 0-8A 150V@8A 300mV
KLP600-4-1200 0-600V 2A@600V 0-4A 300V@4A 400mV

KLPシリーズ概略

出 力 電 圧 電 流
電源変動率(min-max) 0.01%Emax 0.01%Imax
負荷変動率 0.02%Emax 0.05%Imax
安定度(24時間) 0.05% 0.1%
温度係数(/℃) 0.2% 0.2%
入 力
AC入力電圧 単相100~240Vac
周波数 47~63Hz
その他
寸法(H×W×D) 44mm×483mm×508mm
重量 本体約7.3kg