Lake Shore Cryotronics Inc.(レイクショア / USA)

CPX 極低温プローバー

高真空極低温プローバー

CPX型高真空極低温プローブステーションは、TTPXに比べ放射シールドを多段階で備えることにより温度安定度が高まり、さらに冷媒の消費量を少なくしています。また、豊富なオプションも用意しています。オプションとして、より低温な温度範囲の1.5K~400Kもしくは高温な温度範囲の20K~675K、高真空(10-5 Pa)、ロードロック機構、振動遮断システムなどがあります。
また、プローブアームを1~6本まで選択可能です。液体ヘリウムのみならず液体窒素も使えます。
高倍率顕微鏡、真空ポンプシステム、光ファイバーの組込も可能です。

(株)東陽テクニカ 理化学計測部
TEL:03-3245-1103

特長

  • 4.2K~475K
  • プローブアーム:1~6本から選択が可能
  • DC~67GHz
  • 多段の放射シールド採用で温度安定と冷媒消費量を抑えます
  • 51mmφサンプル、5°の回転ステージ

オプション

  • 1.5K~400Kもしくは20K~675K
  • 高真空(10-5 Pa)
  • ロードロック機構
  • サンプルステージへの電圧印加が可能(Triax/BNC)
  • サンプルステージ、プローブアームから光導入