物性/エネルギー
IR情報 会社情報





DT-421 ミニチュアシリコンダイオード(製造終了) 

Lake Shore Cryotronics Inc.
DT-421 ミニチュアシリコンダイオード(製造終了) 1927_ext_07_0.jpg
0
  • 1927_ext_

    1

この製品は製造終了しました。
後継モデル DT670シリーズはこちら⇒


DT- 421小型シリコンダイオードセンサーは、平坦な表面に取り付ける為に設計されています。 DT- 421センサーパッケージは、その温度範囲で正確な、単一極性の温度応答を示します。 素子は、ドーム状のエポキシでモールドされており、4.2 Kで電圧が増加し、Curve 10に適合していません。 20 K以下での使用する場合は、キャリブレーションが必要です。

特長

DT-421の特長 
 1.4K~325Kの温度範囲**
 非磁性
 サーフェースマウント用に設計された形状
* 未校正で475K、校正して500K 
** 未校正で20K~
 
 
レイクショアSDパッケージ
-業界で最も堅牢で、多目的なパッケージ
SDパッケージは、直接センサがサファイア基盤に取り付けたられ、ハーメチックシールで、コバールで少量の半田で取り付けられたリード線付いており、業界で最も堅牢な、汎用性の高い温度センサーです。リード線を伝わって来る熱がチップをバイパスするように設計され、500 Kで数千時間でも耐えられ、(モデルによって異なる)ほとんどの超高真空のアプリケーションでの互換性が提供されます。インジウム半田で、センサーのキャリブレーションをシフトさせることなく試料に取り付けることができます。 
必要に応じて、SDパッケージはコバールのリードなしでも利用可能です。
 
DT-400 ダイオード電圧曲線(ティピカル) DT-400 ダイオード感度曲線(ティピカル)
DT400_po_gr1.jpg DT400_po_gr2.jpg
 
ダイオード温度センサーとは?
ダイオードのPN接合に一定の電流を流したとき、その素子の両端に生ずる電圧(順方向電圧降下)が温度に依存する性質を温度センサーとして利用したものです。素子に流す電流は一般に10μAが用いられます。信号電圧が0.1Vから6Vと大きいので信号が扱いやすく、また測定機器や配線も簡単になります。
SDパッケージの魅力は?
このパッケージの内部のセンサーは、サファイア基板に直接取り付けられているので、温度応答時間が非常に速いという特長があります。蓋とボディーの接合部はハーメチックシール、リード線の材質はコバールでかつ少量の半田が付いているので半田付けが簡単です。
また、SDパッケージは熱の伝達経路に工夫があり、感温素子にリード線から進入する熱がダイレクトに到達しにくくなっていて、不要な熱侵入の影響を少なくしています。リード線が付いていないタイプも用されています。このセンサーは、500Kの温度に数千時間置かれても特性が変化しませんので高真空に対応できます。このように高温に耐えられるのでインジウム半田を使って取り付けられます。

仕様

標準カーブ Curve 10
推奨駆動電流 10μA ± 0.1%
逆方向耐圧 40V
最大順方向電流 1mA( 直流)
100mA( パルス)
自己発熱 17μW@4.2K
10μW@77K
5μW@305K
(推奨駆動電流使用時)
温度応答時間 SD < 10ms@4.2K; 100ms@77K、
200ms@305K
放射線下での使用 低いレベルの放射線下での使用のみ推奨できる
詳細は別紙参照
磁場中での使用 60K以下では磁場中での使用を推奨しない
60K以上では5Tまでの磁場中では影響は少ない。
再現性 1 ± 10mK@4.2K
 
1 短期再現性のデータは305Kから 4.2Kへのサーマルショックを複数回与えて得た 
使用温度範囲
  低温側リミット 高温側リミット
DT-470-SD
1.4K
500K
DT-471-SD
10K
500K
DT-414
1.4K
375K
DT-421
1.4K
325K
高温側リミットはパッケージに依存します。
 
 
校正後の確度
  センサーの確度
(ティピカル)2
長期安定性3
1.4K
± 12mK
4.2K
± 12mK
10mK
10K
± 12mK
77K
± 22mK
40mk
300K
± 32mK
25mk
500K
± 50mK
2 [(校正の不確かさ)2+再現性)20.5詳細は別途資料参照のこと
3 長期安定性のデータは305Kから4.2Kへの温度衝撃を200回与えて測定したもの。
 
 
ソフトキャルの確度
  2K -30K 30K -60K 60K -345K 345K -375K 375K -475K
 2S 
± 0.25K
± 0.15K
± 0.25K
± 1.0K
 3S 
± 0.5K
± 0.25K
± 0.15K
± 0.25K
± 1.0K
2S: 77Kと305K(DT-470-SD、DT-471-SD、DT-421) DT-421のソフトキャルの低温側リミットは40K。
3S: 4.2K、77Kと305K(DT-470-SDのみ)


 
標準カーブ Curve10 の許容誤差(バンド)
タイプ470 2K ~ 100K 100K ~ 305K 305K ~ 475K
Band 11
± 0.25K
± 0.5K
± 1.0K
Band 11A
± 0.25K
± 1% of temp
± 1% of temp
Band 12
± 0.5K
± 1.0K
± 2.0K
Band 12A
± 0.5K
± 1% of temp
± 1% of temp
Band 13
± 1.0K
± 1% of temp
± 1% of temp
 
タイプ 1.4K ~ 10K 10K ~ 375K 375K ~ 475K
DT-471
推奨しない
± 1.5Kまたは温度の
±1.5%のどちらか大きい方
DT-414
± 1.5Kまたは温度の
±1.5%のどちらか大きい方
推奨しない
 
 
タイプ 20K ~ 325K
DT-421
± 2.5K または温度の± 1.5%のどちらか大きい方
 
 
 
温度応答データ
  DT-470/471/414 DT-421
電圧( V)
dV/dT( mV/K)
電圧( V)
dV/dT( mV/K)
1.4K
1.698
-13.1
4.2K
1.626
-33.6
1.789
-36
10K
1.42
-28.7
77K
1.0203
-1.75
1.02
2
305K
0.507
-2.4
0.507
-2.4
*DT-471の低温側リミットは10K。
 
 
使用素材等
  質量 リード線 極性 使用素材
DT-470/
471-SD
37mg 2本のコバール(Kovar)線。表面はニッケルと金でメッキされている。 センサーのリードをユーザーに向けて見たとき、右側が正極。 ボディとふたがアルミナ、基板がサファイア。基板とふたの表面はモリブデンとマンガンによるメタライゼーションとニッケルと金によるメッキをしている。ハーメチックシールは金スズによる半田である。
DT-414 3mg 2本の金線。 センサーのリードをユーザーに向けて見たとき、左側が正極。 アルミナの基板。表面はモリブデン0.1μm、金0.2μmでメタライゼーション
DT-421 23mg 2本の白金リボン線。表面は60/40SnPb で半田メッキされている。 センサーのリードをユーザーに向けて見たとき、右側が正極。 白金の円盤に感温素子が取り付けられている。感温素子はスタイキャストエポキシ2850でドーム状にモールドされている。
 
 
磁場による誤差Δ T/T (%)4
磁束に対してパッケージの底面が平行
温度(K) 1T 2T 3T 4T 5T
4.2
-200
-300
-350
-400
-500
20
-10
-20
-25
-30
-40
40
-4
-6
-8
-10
-12
60
-0,5
-1
-2
-3
-3.5
80
<0.1
-0.5
-0.8
-1.1
-1.5
300
<-0.1
<-0.1
< 0.1
<-0.1
<-0.1
磁束に対してパッケージの底面が垂直
温度(K)
1T
2T
3T
4T
5T
4.2
-8
-9
-11
-15
-20
20
-4
-5
-5
-5
-10
40
-1.5
-3
-4
-5
-5.5
60
-0.5
-0.7
-0.8
-1
-1.1
80
-0.1
-0.3
-0.5
-0.6
-0.7
300
<0.1
0.2
0.5
0.6
0.6
4 センサーの底面を磁束に対して垂直に位置させると磁場による誤差を抑制できる。これはダイオードに流れる電流が磁束と平行になるからである。
 
 
DT400Spec1.gif
DT400Spec2.gif
DT400Spec3.gif
 
 
 
DT-400 Curve 10 温度応答カーブ
標準カーブ Curve 10 許容誤差範囲
(DT-470/471 シリコンダイオード)
DT400Spec4.jpg
DT400Spec5.jpg
 
 
DT-400シリーズの温度応答データ表(Curve 10規格)
シリコンダイオード温度センサーDT-470、DT-471、DT-414、DT-421は、標準温度応答カーブCurve10規格に準拠します。
DT400_data.gif

ラインナップ

DT400order.jpg
DT400orederinfo2.gif
 
未校正センサーの場合
 
ステップ1: ダイオードセンサーのシリーズを選ぶ。(例:DT-471)
ステップ2: パッケージまたはマウントアダプターを選ぶ
もしアダプター付きを購入するならSDの代わりにサフィックスを指定する。 
(例:DT-471-CU)
 
校正センサーの場合
 
ステップ1: ダイオードセンサーのシリーズを選ぶ。(例:DT-471)
ステップ2: パッケージまたはマウントアダプターを選ぶ
もしアダプター付きを購入するならSDの代わりにサフィックスを指定する。
(例:DT-471-CU)
ステップ3: 型名、サフィックスに続いて、校正範囲コードを指定する。
(例:DT-471-CU-10L)
 
DT-400シリーズ
校正範囲コード 
数値の部分は低温側の校正リミットを表す 
英文字はソフトキャルまたは高温側の校正リミットを表す。 
例:L=325K、H=500K
型名
未校正
2S
10L
10H
70L
70H
DT-471-SD
マウントアダプターを指定する場合はサフィックスSDの代わりに下記のサフィックスを指定する。
CO, CU-HT
CU, LR, CY, ET, 
MT, BO
 
 
DT-471-DI
         
SN-CO-C1 COタイプ取り付け治具 1個
SN-CO-C10 COタイプ取り付け治具 10個
   
注: 温度の上限はパッケージの種類によります。 
センサーの性能保証期間は納入検収をもって終了致します。
 

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。