東陽テクニカ(高速増幅器)

高速スルーレート 高電圧アンプ HVA300型/HVA500型/HVA800型

高速スルーレート:3000V/μs
瞬時出力電流:1A(2台並列運転可)
高速パルスの印加に最適
プラズマ、EL、圧電デバイスなどの駆動に

株式会社東陽テクニカ 理化学計測部
phone03-3245-1103
e-mail:keisoku[at]toyo.co.jp
お問合せ・お見積希望
デモ希望

特長

高速スルーレート

スルーレート 3000V/μs(HVA500型)の高速単発パルスを出力可能。
プラズマや無機ELなどのディスプレイデバイスや、圧電素子(ピエゾデバイス)の駆動に適しています。

高電圧出力

HVA300型:300Vpp
HVA500型:500Vpp
HVA800型:±400V
HVA800-62型:-200~600V

高瞬時出力電流

瞬時出力電流は 1A。容量成分を含んだデバイスや ディスプレイを駆動することができます。
2台並列接続運転も可能(お問合せください)

より安全な保護対策

負荷の状態のモニタ機能を搭載し、サンプル等の異常の兆候を早く察知することができます。
また、過負荷時は自動トリップしますので安全です。

任意の高速高電圧波形に印加が行えるシステムが構築できます。

任意波形/ファンクションジェネレータと組み合わせ、様々な高速高電圧パルス波形の出力が可能

HVA300型/HVA500型/800型は、プラズマデバイス駆動など ハイパワー高速パルスを出力するアンプとして開発されました。
高速かつ高電圧パルス駆動用に、スルーレート1800V/us ~ 3000V/us、瞬時出力電流:1Aの高速パルスを出力することが出来ます。2台並列運転も可能です(お問合せください)。
また、無機EL素子やパルス駆動圧電素子をはじめ、高速な立ち上がりパルス波形を要求するアプリケーションにも適しています。
東陽テクニカ取り扱いの任意波形/ファンクションジェネレータ等と組合わせると、アプリケーションに特化したユーザー定義の駆動パルス波形を編集し出力することができます。
負荷の状態は前面LEDに表示され、過負荷時は自動的にトリップし安全に操作を行う事ができます。

HVA

仕様

HVAシリーズ 高速スルーレート電圧増幅器

モデル名 出力電圧 周波数特性 スルーレート チャンネル数 最大出力電流
HVA500型
500Vpp
500Vpp
(0V~+500V、
±250V、
-500V~0V)
dc~3MHz
(±10V、300pF)
dc~200kHz
(±250V矩形波出力、300pF)
1000V/usec
(±200V、1nF)
3000V/usec
(±250V、350pF)
1ch
(入力2ch)
80mA dc
(±250V)
1Aパルス
(<10μs)
HVA800型
800Vpp
±400V

-200V~+600V
(HVA800-62型)
dc~1MHz
(±10V、300pF)
dc~50kHz
(±400V、300pF)
1000V/usec
(±250V、1nF)
1800V/μs
(±400V、300pF)
1ch
(入力2ch)、
モニタ出力
(1/100)
50mA dc
1Aパルス
(<10μs)
HVA300型
300Vpp
300Vpp
(0V~+300V、
±150V、
-300V~0V)
dc~3MHz
(±10V、300pF)
dc~200kHz
(±150V、300pF)
1800V/μs
(±150V、300pF)
1ch
(入力2ch)
80mA dc
(±150V)
1Aパルス
(<20μs)
  • 上記載以外の負荷を接続し、かつ最大電流を持続した場合、オーバーヒートする可能性があります(特に低い抵抗のみの場合)。
  • 2台並列運転も可能。お問合せください。

比較表

ご使用上の注意

電波法について

10kHz/50Wを超えて製品を利用する場合は、高周波利用設備として総務大臣の許可が必要です。 許可申請は、製品の設置場所を管轄する総合通信局におこなってください。

関連法令

  • 電波法第100条 (高周波利用設備)
  • 電波法施行規則第45条 (通信設備以外の許可を要する設備)
  • 無線局免許手続規則第26条 (高周波利用設備の設置許可の申請)
  • 無線設備規則第65条 (通信設備以外の設備の電界強度の許容値)