ElectroChem,Inc. (エレクトロケム / USA)

GDL:電極(カーボンペーパ / カーボンクロス)

オンラインストア掲載製品

カーボンペーパー、カーボンクロスはイオン交換膜とセパレータ(グラファイトプレート)の間に位置し、触媒層を支持するものです。

株式会社東陽テクニカ 理化学計測部
phone03-3245-1103
Email:keisoku[at]toyo.co.jp

特長

カーボンペーパ、カーボンクロスはイオン交換膜とセパレータ(グラファイトプレート)の間に位置し、触媒層を支持するものです。これらは気体透過性の物なので、触媒層へ燃料ガスを通すことができ(このため、ガス拡散層:GDLとも呼ばれます)、また、導電性を有するので、触媒層で生み出された電気はここを通してセパレータへ送られます。エレクトロケム社製品では電極として東レ™カーボンペーパを採用しております。カーボンペーパはテフロン™処理を施した物のみ扱っており、カーボンクロスはテフロン™処理の有り無しをご選択いただけます。テフロン™処理のものは撥水性を持ち、そのままMEAの作成に使用できます。25wt.%のテフロン™を使用しています。
カーボンクロスについてはテフロン™処理なしのものも販売いたしております。
*テフロン™処理なしのカーボンペーパの取り扱いはいたしておりません。

ラインアップ

東レ™カーボンペーパ使用

型   番 材料 / 概説
EC-TP1-030T 東レ™カーボンペーパ, 19cm × 19cm, テフロン™処理
EC-TP1-060T 東レ™カーボンペーパ, 19cm × 19cm, テフロン™処理
EC-TP1-090T 東レ™カーボンペーパ, 19cm × 19cm, テフロン™処理
EC-TP1-120T 東レ™カーボンペーパ, 19cm × 19cm, テフロン™処理

** 一辺あたりの長さの誤差は±5mm以内です。

** エレクトロケム社のスタンダードMEA、スタンダード触媒付電極にはEC-TP1-060Tが使用されています。

カーボンクロス

カーボンクロスはカーボン繊維の織物です。クロスは糸から織りますので、最終的な厚みにはばらつきがあります。標準的にはこのカーボンクロスの厚みは約15milで、密度は1.75g/cm³です。

型   番 材料 / 概説
EC-CC1-060 カーボンクロス, 19cm × 19cm, テフロン™処理無
EC-CC1-060T カーボンクロス, 19cm × 19cm, テフロン™処理
EC-CCC-060 カーボンクロス, カスタムデザイン, テフロン™処理無
(1辺の長さは最大3ft≒0.9mまで)

** EC-CCC-060型をご希望の場合には、あらかじめお問い合わせください。

** 1辺あたりの長さの誤差は±5mm以内です。

カーボンペーパとクロスの典型的な特性

アイテム 密 度
(テフロン処理前)
厚 さ
(テフロン処理前)
EC-TP1-030T 0.40 g/cm³ 0.11mm
EC-TP1-060T 0.44 g/cm³ 0.19mm
EC-TP1-090T 0.44 g/cm³ 0.28mm
EC-TP1-120T 0.45 g/cm³ 0.37mm
EC-CC1-060T 1.75g/cm³ 0.33mm

** 各値は典型値です。

** 東レ™カーボンペーパの特性の詳細は、東レ株式会社様のホームページをご参照ください。
http://www.torayca.com