STVP-200非光学(管状)クライオスタット

非光学実験用の管状テールを備えた連続フロークライオスタット。さまざまなサイズが利用可能です。

株式会社東陽テクニカ 理化学計測部
phone03-3245-1103
Mail:keisoku[at]toyo.co.jp

特長

標準構成

非光学実験用に設計されたSTVP-200には、次のコンポーネントが含まれています。
  • 管状の真空シュラウド
  • 管状放射線シールド
  • ブランクサンプルホルダー
  • 温度センサー
  • 1.8mの超絶縁寒剤トランスファーライン
  • 10ピン(x1)と8ピン(x1)電気フィードスルーを備えたサンプルポジショナー
  • コントロールヒーター
  • 圧力リリーフバルブ
  • システムテスト

STVP-200-標準光学クライオスタット

代表的なアプリケーション

  • 高温超伝導
  • 抵抗率
  • ホール
  • 磁気抵抗
  • NMR分光法
オプション A B C D E
1 3 4.25 0.75 0.56
1.5 3.5 4.75 1.25 1
3 2 4 5.25 1.75 1.5

仕様

温度範囲
1.5 to 325 K (以外の温度で使用する場合は確認が必要です)<2 to 300 K
初期冷却時間 15 min (STVP series: 100 - 400)
公称温度安定性
(コントローラー付き)
50 mK or less
方向 垂直方向 <4.5 K
システム重量
(トランスファーラインなし)
おおよそ15 lb (6.8 kg)
冷却時の冷媒消費量 15 min (STVP series: 100 - 400)
30 min (STVP-NMR)
公称冷媒消費率 1.3 L/h LHe (5 K) (STVP-100 [1,2,3] and STVP-200 [1,2,3])
1.4 L/h LHe (5 K) (STVP-NMR)

注:仕様には光学的または実験的な熱負荷は含まれておらず、垂直方向を想定しています。
注:SuperTran-VPの高温またはLN2の操作については、お問い合わせください。 

光学SuperTranクライオスタットの典型的な寒剤消費量

クライオスタットの典型的な寒剤消費量

オプションの構成

その他の管状構成:
  • 高温(500 K)
  • コンパクトな真空シュラウド
  • エクストラロングテール(STVP-300)
  • 大口径サンプルスペース
  • カスタマイズされた真空シュラウドの長さ等温ゾーンサンプルチューブ(均一なサンプル温度とLN2による強化された操作を提供します)

磁石で使用するための長方形のテールを備えた特別なSTVP-200

この特別なSTVP-200は、デュアルインラインピン(DIP)ソケットサンプルホルダーを備えた高温システム(475 K)です。