物性/エネルギー
IR情報 会社情報





燃料電池セルハードウェア用ヒータ 

ElectroChem,Inc. (エレクトロケム)
燃料電池セルハードウェア用ヒータ 1705_ext_07_0.jpg
0
  • 1705_ext_

    1

オンラインストア掲載製品

PEFCシングルセルの温度を維持するために使用するヒータです。
ヒータ用の電源や温度調節器は別途必要になります。
シリコンラバーヒータとロッドヒータの2種類があります。

(株)東陽テクニカ 理化学計測部
TEL:03-3245-1103
Email:keisoku[at]toyo.co.jp

sample

特長

PEFCは一般的に、適宜、温度を上げた方が発電効率が上がる為、温度制御が行われます。この温度制御の手段としてヒータを使用することはシングルセルではよく行われています。ただし、過剰に温度を上げ過ぎた場合、電解質膜が乾燥または変質してしまい、水素イオンを十分に運べなくなってしまいます。昇温は、使用する電解質膜やセル構成部材の耐熱を考慮し、適切な範囲までにしてください。エレクトロケム社の標準セル構成の場合は上限80℃です。

シリコンラバーヒータはシール付のパッド状の小型抵抗加熱ヒータで、アノード・カソードそれぞれの集電板の表面に貼り付けて使用します。
ファイヤーロッドヒータも抵抗加熱ヒータですが、こちらはセパレータの中に挿入して使います(エレクトロケム社製品のセパレータには既にこのための差込穴が用意されています)。

ラインナップ

型 番
材料 / 概説
EC-H-SR1
シリコンラバーヒータ (5cm², 25cm2, 50cm²用):電力60W, 電圧120V/1枚
EC-H-FR1
ファイヤーロッドヒータ (50cm²用):電力60W, 電圧120V/1枚
EC-H-FR2
ファイヤーロッドヒータ :電力100W, 電圧120V/1枚
** 120V以下で使用する場合、比例して電力が低下するとお考えください。

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。