AMETEK Programmable Power(アメテック / USA)

パワーコンディショナ評価システム

ワイドレンジ・プログラマブル直流電子負荷!

東陽テクニカが提供するパワーコンディショナの系統連系試験システムです。系統連系試験を半自動化させることにより、低コストの試験環境を提供し、オペレータの作業負荷を大幅に軽減します。

株式会社東陽テクニカ 理化学計測部
phone03-3245-1103
Mail:keisoku[at]toyo.co.jp

特長

  • 系統連系試験を半自動もしくは手動で実行
  • 特に単独運転防止試験においては負荷の自動調整機能を具備させ、大幅なオペレータの負荷軽を実現
  • 単相2線/3線, 3相3線/4線の各種結線に対応
  • 電力回生型の系統模擬電源を採用しているため、設置スペース・電気代を大幅に削減可能
  • レポートの自動生成

対応試験項目

保護機能試験

過電圧/電圧不足、過電流/電流不足、周波数上昇及び低下、 逆電力防止、逆充電防止、周波数フィードバック機能、 ステップ注入機能、単独運転防止など

定常特性試験 ●RLC負荷

交流電圧追随、周波数追随、運転力率、出力高調波電流、 電圧上昇抑制、ソフトスタートなど

過渡応答特性試験

入力電力急変、系統電圧急変、系統電圧位相急変、系統電圧不平衡急変

外部事故試験

交流短絡、瞬時電圧低下、瞬時電圧低下(FRT)、周波数変動(FRT)、 負荷遮断など

ハードウェア構成

太陽電池模擬電源

系統模擬電源

RLC負荷

特徴
・2kW~60kWまで対応
・単相3線/三相切替式、50/60Hz切替式
・RS232cのコマンドや接点信号による外部制御が可能で自動化試験に対応
・短絡用抵抗を実装

単/3相 10kWモデル 製作例

負荷入力 相線式 単相3線/三相4線
電圧範囲 AC 200V~230V, 周波数: 50/60Hz
負荷回路 ①抵抗負荷 (合計11kW)
固定負荷 0.1 + 0.2 + 0.3 + 0.4 + 1 + 2 + 3 + 4kW
微調整負荷 25~200W
②誘導性負荷 (合計1kVar)
固定負荷 0.1 + 0.4 + 0.5kVar
微調整負荷 25~200Var
③容量性負荷 (合計1lVar)
固定負荷 0.1 + 0.4 + 0.5kVar
微調整負荷 25~200Var
④短絡負荷 単相: 連続50A, 短時間500A (1秒以内)
三相: 連続30A, 短時間300A (1秒以内)
⑤回転機負荷 慣性モーメント 0.03N・m
外寸・重量 750(W) x 1,200(D) x 1,600(H)、約800kg
(但し、突起物は含めず)

線路インピーダンス

特徴
・単相3線/三相切替式、50/60Hz切替式
・全面スイッチ操作により短絡モードへ変更
・単独運転試験用・回路遮断リレー内蔵 接点信号によりトリガ生成
・空芯リアクトル採用でインダクタンス変動もありません

単/3相 10kWモデル製作例

電流許容 単相3線時 50Arms
三相3線時 30Arms
出力相数

単相3線/三相3線切替式

連結点電圧 単相3線時 R-S,S-T間: AC100V, R-T間: AC200V
三相3線時 R-S,S-T,R-T間: AC200V
定格周波数 50/60Hz
高調波 40次まで
インピーダンス 単相3線時(N相のみ)
直流抵抗分:0.21Ω±8%
インダクタンス分:0.14mH±8%
三相3線時:
直流抵抗分: 0.19Ω±8%
インダクタンス分: 0.23mH±8%
外寸・重量 370(W)×520(D)×650(H)、約60kg