GMW Associates(ジーエムダブリュ / USA)

5503型 300mm ワイドギャップ電磁石

5503型 Cフレーム電磁石は、最大0.35T(磁極間距離300mm時)の磁場を発生させることができます。磁極間距離が300mm(固定)と広く、磁場中での試料の温度可変試験や機械制御試験など広いスペースが必要な試験に最適です。

(株)東陽テクニカ 理化学計測部
phone03-3245-1103
e-mail:magne[at]toyo.co.jp

特長

  • 磁場強度:0.35T(300mm時)、磁極間距離
  • 磁極面直径400mm
  • Cフレームにより磁極間へのアクセスが容易
  • 任意の方向に取り付けが可能

5503型 Cフレーム電磁石は、磁極間距離(ギャップ):300mm時に 0.35T(テスラ)の磁場を発生させることができます。磁場中で 試料の温度可変や機械制御など、サンプルホルダ/冶具に広いスペースが必要な試験に最適です。

仕様

5503型 電磁石本体 仕様

磁極の直径 400mm
磁極間距離 300mm(固定)
寸法 790mm W × 710mm D × 815mm H
重量 1790kg

コイル(直列接続)

抵抗 (20℃) 0.49Ω
最大抵抗 0.59Ω
最大電力(空冷) 40A, 24V (0.96kW)
最大電力(水冷) 140A, 82V (11.5kW)
自己インダクタンス 約900mH
水冷(18℃) 16L/min, 280kPa
最大絶対圧 1MPa

インターロック

過熱温度 Elmwood製3450Gサーモスタットが、個々のコイル冷却板 に取り付けられ直列に配線。50℃以下では閉回路状態。
ウォーターフロー F61KDフロースイッチが水回路の出口側に取り付けられています。10L/minより少ない流量の場合にはオープン状態 になります。

性能

磁場強度と駆動電流の関係

寸法