GMW Associates(ジーエムダブリュ / USA)

3474-140型 3.0T 磁極間可変 電磁石

3474-140型 Hフレーム電磁石は、3.0T(磁極間距離20mm時)の磁場を発生させることができます。磁極には、先端の直径が異なる7種類の磁極キャップを選択して取り付けることができます。加えて磁極間距離も手動で調整できるため、試料サイズと必要磁場強度に合わせて多様な試験が可能になります。

(株)東陽テクニカ 理化学計測部
phone03-3245-1103
e-mail:magne[at]toyo.co.jp

特長

  • 磁場強度:3.0T(磁極間距離20mm時)
  • 磁極キャップの選択、交換が可能(φ25、50、75、100、150、200、250mmの7種類)
  • 磁極間距離が手動で調整可能
  • 空冷、水冷の両方に対応
  • キャスター付き架台(ローリングベース)、回転架台(ローテイティングベース) オプション

仕様

3474-140型 電磁石本体 仕様

磁極の直径 250mm
標準磁極キャップ 25, 50, 75, 100, 150, 200, & 250mm
磁極間距離 0~160mm(可変)
寸法 920mm W × 636mm D × 864mm H
重量 1800kg

コイル(直列接続)

抵抗(20℃) 0.44Ω
最大抵抗 0.54Ω
最大電力(空冷) 40 Amps, 22 Volts (0.88kW)
最大電力(水冷) 140 Amps, 76 Volts (10.6kW)
自己インダクタンス 約80mH
水冷 15L/min, 200kPa

インターロック

過熱温度 Elmwood製3450Gサーモスタットが、個々のコイルの冷却板に 取り付けられ直列に配線。50℃以下ではクローズ状態。
ウォーターフロー F61KDフロースイッチが水回路の出口側に取り付けられてい ます。10L/minより少ない流量の場合にはオープン状態になります。

性能

磁場強度と磁極間距離の関係 (140A最大電流駆動時)

寸法