物性/エネルギー
IR情報 会社情報

液晶パネル用材料評価

  • 液晶物性評価システム 6254型
    1

    液晶物性評価システム 6254型
    東陽テクニカ(液晶物性評価)

    6254型は、電圧保持率、残留DC電圧及びセルイオン密度測定を1台で行うことのできるシステムです。

  • 新製品

    TFT-LCD評価システム LCM-3A型
    1

    TFT-LCD評価システム LCM-3A型
    東陽テクニカ(液晶物性評価)

    TFT-LCD評価システム 「LCM-3A型は、液晶材料や仮想現実(VR)、拡張現実(AR)などに使用されるLCOS(Liquid crystal on silicon)のほか、LCD実パネルを直接測定できる液晶物性評価システムです。

  • 回転粘性率測定システム LCM-2型
    1

    回転粘性率測定システム LCM-2型
    東陽テクニカ(液晶物性評価)

    本装置では磁場装置を必要とせず、 液晶セルでの回転粘性率(γ1)の算出に必要なデータ (ダイレクタ・スイッチングピークや不純物イオンピークの電流値・時間) を測定することができます。 なお、追加機能として、電圧保持率、イオン密度及び残留DC測定も可能です。

  • 弾性定数測定システム EC-1型
    1

    弾性定数測定システム EC-1型
    東陽テクニカ(液晶物性評価)

    EC-1型はフレデリクス転移を用いた測定手法でK11(スプレイ)、K33(ベンド)の測定を行います。また、誘電率異方性(Δε)の測定もEC-1型で行えます。

  • 液晶比抵抗測定システム SR-6517型
    1

    液晶比抵抗測定システム SR-6517型
    東陽テクニカ(液晶物性評価)

    SR-6517型は、高感度エレクトロメータ/ソース、液晶を注入する液体電極、液体電極をノイ ズから守るシールドボックスから構成されており、比抵抗の高い液晶材料の測定を可能にしております。

PAGE TOP