海洋/特機
IR情報 会社情報





SEABAT9001S 浅海用ナローマルチビーム測深ソナー 

Teledyne RESON
SEABAT9001S 浅海用ナローマルチビーム測深ソナー 9001S
0
  • 9001S

    1

SeaBat9001Sは扇状に発信される多数の音響ビームにより水深の約2倍の幅を同時に測深するナローマルチビーム測深システムです。
 時間だけでなく強度のプロセッシングも行っているため底質の分析も行うことができます。
 455kHzの超音波を90°の幅で1秒間に最大30回発信し、精密な海底地形をリアルタイムで出力します。
 測深精度はビーム中心で5cm、ビーム外側で8cmを達成しています。測深データのみでなくビーム強度のデータも出力するため、海底地形と海底の底質の両方調査を行うことができます。
 9001Sナロービームマルチビーム測深ソナーは、国内でもトップの納入実績があり、浅海用ナローマルチビーム測深機の標準システムとして現在日本国内で多数のシステムが稼動しています。

特長

・455kHzの超音波によるナローマルチビーム測深を行い、5cmの分解能での測深が可能です。
・最大15回の測深が行われ(船速と測深レンジに依存)、測深データの欠測がありません。
・水中重量が5kgと軽量なため、どのような船、ROVにも取り付けが可能です。
・リアルタイムにデジタル化された海底地形とソナー画像を表示出力されます。そのため現場で即座に作業の成果確認ができます。
・最大10ktまでの船速で調査でき複雑な地形や構造物のある海底でも高速な調査ができます。
・機械的可動部品を使用していないため、過酷な動作環境でも高度な信頼性を発揮します。
・トラックボールによる簡単な操作性
 

detail__vid--text.png

はい (2)
いいえ (2)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。