海洋/特機
IR情報 会社情報





SEABAT8125 超高分解能マルチビーム測深機 

Teledyne RESON
SEABAT8125 超高分解能マルチビーム測深機 8125
0
  • 8125

    1

SEABAT8125はダイナミックビームフォーカシング方式を採用した次世代のマルチビーム測深ソナーです。
船と直行方向に120°の幅240本の音響ビームで一度に測深します。
分解能は6mmで1秒間に最大40回の割合で測深することができます。
また、測深データと共に出力される反射強度データはサイドスキャンソナーに迫る高品質画像を提供します。
システムはソナーヘッド、船上装置、ケーブルにて構成されソナーヘッドはROVもしくは舷側に簡単に取り付けることができます。
ソナーヘッドと船上装置は高速アップリンクで接続されており、伝送距離が短い舷側装備では専用ケーブルで接続しますが、伝送距離が長いROV装備などの場合は光ファイバーケーブルを使用します。
SEABAT8125は高度な精度と分解能で20mの海底に突き刺さる直径30cmのパイプや海底に横たわる直径10cmのケーブルも忠実に捉える事ができます。
また、SEABAT8125の使用により曳航式サイドスキャンソナーを同時に使用する必要がなくなり、データの後処理作業も大幅に削減できます。

特長

・455kHzの超音波によるナローマルチビーム測深を行い、6mmの分解能での測深が可能です。
・最大40回の測深が行われ(船速と測深レンジに依存)、測深データの欠測がありません。
・水中重量が5kgと軽量なため、どのような船、ROVにも取り付けが可能です。
・120°のワイドスワスと0.5°のビーム間隔
・リアルタイムにデジタル化された海底地形とソナー画像を表示出力されます。そのため現場で即座に作業の成果確認ができます。
・最大10ktまでの船速で調査でき複雑な地形や構造物のある海底でも高速な調査ができます。
・機械的可動部品を使用していないため、過酷な動作環境でも高度な信頼性を発揮します。
・トラックボールによる簡単な操作性
 

detail__vid--text.png

はい (2)
いいえ (1)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。