ULS-100/200/500 高精度水中レーザースキャナ

2G Robotics 社は最先端のレーザー技術を用いて、世界の重要インフラを維持するための高密度で正確な点群データを取得する革新的なソリューションを提供しています。
2007年に水中テクノロジーの新興企業として設立され、海洋探査や海底探査を目的として水中ビークルに搭載可能な商業用水中レーザースキャナを世界で初めて提供しました。
高精度水中レーザースキャナULSシリーズは、アプリケーションによってULS-100、ULS-200、ULS-500の3つのモデルをご用意しており、最小分解能0.25mm(距離0.13m) 、最大サンプルレート106,496点/秒の水中高精度計測を実現しています。

特長

  • サブミリメータの超高分解能データ(ソナーの数百倍)
  • 360°範囲を短時間で収録が可能
  • 耐圧最大3,000m
  • フィールドでのキャリブレーションは不要
  • 水中ビークル(ROV、AUVなど)への搭載
  • シンプルな構造で堅牢かつコンパクトな設計
  • 3D点群データでCADソフトウェアに出力可能
  • HYPACK等のサードパーティソフトウェアでの収録が可能

仕様

ULS-100/200

  ULS-100 ULS-200
性能
スキャンレンジ 0.13~1m 0.36~2.5m
サンプル数(1ライン) 480
スワス 50º(水中)、68º(空中)
ヘッド回転範囲 360º
ライン分解能 0.1042º(水中)、0.1412º(空中)
回転分解能 0.018º  
レンジ分解能 0.01mm@0.13m
0.1mm@0.6m
0.3mm@1m
0.01mm@0.21m
0.2mm@1.4m
0.6mm@2.5m
サンプルレート 最大4752点/秒、9.9スキャン/秒
エレクトロニカル
出力電力/レーザークラス <5mW /Class1 <50mW /Class 3R
波長 532nm 440nm
  ビークル搭載 Junction Boxから供給 ビークル搭載 Junction Boxから供給
消費電力 5W(最大)、12-24VDC 6W(最大) 120/240VAC 5W(最大)、12-24VDC 6W(最大) 120/240VAC
データインターフェイス RS-485 USB RS-485 USB
メカニカル
重量 1.4kg(水中)、3.2kg(空中) 1.6kg(水中)、3.9kg(空中)
耐圧 350m
コネクタ SubConn 4ピン MCBH4M
使用温度 -10~40℃
ソフトウェア
データ収録ソフトウェア 標準付属
出力フォーマット .xyz(CSV)
カスタムインテグレーション API利用可能

ULS-500

  ULS-500
スキャンレンジ 1.5~ 20m
測深点(1ライン) 2048
1秒あたりの測深点 106,496点(52Hz)
カバレージ範囲 50º
Y 解像度(回転方向) 4.8mm(0.25m/s)、19.2mm(1m/s)、38.5mm(2m/s)
X 解像度 1.3mm@3m、2.3mm@5m、4.5mm@10m、6.7mm@15m、8.9mm@ 20m
Z 解像度(レンジ解像度) 0.2mm@3m、0.5mm@5m、1.9mm@10m、4.1mm@15m、7.1mm@20m
レーザー波長安定性 +/-0.1nm
キャリブレーション 出荷前キャリブレーション、フィールド内キャリブレーション不要
出力電力/レーザークラス 700mW /Class 3B
波長 450nm
消費電力 60W、24-72VDC
データインターフェイス Gb イーサネット,TCP/IP通信
寸法(直径 x 長さ) カメラ:119 x 294mm、レーザー:84 x 245mm
重量 13kg(水中)、23.5kg(空中)
耐圧 4,000m(チタンハウジング)
コネクタ 21 ピン Subconn Micro
使用温度(水中) -10~30℃
データ収録ソフトウェア 標準付属、C++ベースの組込み用API利用可(リアルタイムデータ処理可能)
出力フォーマット .xyz(CSV),LAS
時刻同期用入力フォーマット PPS 、ZDA
サードパーティソフトウェア HYPACK、QPS QINSy、EIVA NaviSuiteなど

システム構成

アプリケーション

舷側装備での用途

クローラー型ROVを用いた用途

ROVへの搭載用途

AUVへの搭載用途