Sonardyne International

BLUECOMM 水中光学通信モデム

BlueCommシリーズは海底地形・動画・無索ロボットの制御など、大容量のデータ通信を非常に高速にできるように開発された、水中ワイヤレス光通信システムです。
BlueCommは大容量のデータ通信を行うために450nm(青波長)電磁波(光)を使用し、最大で500Mbps以上のデータ伝送速度が実現可能です。光データ通信は非常に効率がよく、150m以上の距離でDセルのリチウムバッテリだけで1Gbのデータを伝送できます。

特長

  • 水中のビークルの制御やビデオストリーミングに利用可能
  • 最大500 Mbpsのデータ通信速度
  • 海底のイーサネットと互換性を持たせる通信
  • 常駐AUVへの迅速かつ効率的な伝送
  • 最大運用深度4,000m

仕様

  BlueComm 100 BlueComm 200 BlueComm 5000
光源 LED統合送受信機 双方向レーザー送信
通信レンジ 最大10m 最大150m 最大7m
通信データレート 1-5Mbps 1-12.5Mbps 最大500Mbps
光パルス カスタムピームパターン/波長 フォーカスレーザーピーム
  ROVからの送信干渉回避用
白色光発光
運用環境 周辺光環境OK
最大通信レンジ未満
最大通信レンジ未満 高速通信が必要な環境下
PC通信 イーサネット接続
オプション・
アクセサリ
水中ネットワークカメラ
同期用光源
水中ネットワークスイッチ
外部バッテリーパック
組み込み式音響測位・距離測定装置
データロガー

ラインアップ

高速通信プラットフォームであるBlueCommは、イーサネット接続されるデバイスに対して、クライアント独自の海底ネットワークへプラグアンドプレイ接続が可能です。
これにより、既存のネットワークを容易に拡張し、データ通信速度を向上させて生産性を向上させることができます。
フレキシブルなシステムアーキテクチャにより、BlueCommはSonardyneの音響ナビゲーション、制御、監視デバイスと包括的に統合することができます。
そのほかに、Sonardyne社の音響通信は長距離(> 4 km)、低帯域幅のコマンドと制御を提供します。この機能により、データ記録などの機能を表面から離れたところで「オン」と「オフ」やステータス、QC情報を伝送することができます。

製品ラインナップ

(1) BlueComm 100

 

データを送信するためのエミッタは、高速変調が可能な高出力のLEDアレイを使用しています。受信アレイはフォトダイオードを使用しており、非常に浅く、強い周辺光環境を含むすべての照明条件で最高性能を実現します。レシーバとエミッタはともに耐水深4,000mで小さく5kg単位でパッケージ化されています。10mレンジで5Mbpsを実現するBlueComm100は、短距離で信頼性の高いソリューションです。

(2)BlueComm 200

BlueComm 200はROVへの長距離リモート通信に優れています。
エミッタは同じく高速変調が可能なLEDアレイを使用しますが、受光素子として光電子増倍管(PMT)を備えています。PMTは150mまでの通信範囲を可能にし、より敏感な受信能力が可能です。PMTは高い受信感度を持つため、エミッタによる自己干渉を防ぐために別個に収容されています。

(3)BlueComm 5000

BlueComm 5000は、2つの高速変調されたオフ周波数レーザーを使用して、同時双方向通信を実現します。この機器は、最高500Mbpsの転送速度でデータ転送性能のピーク時に最適化されています。BlueComm 5000は配備された海底ノードからの大量のデータ伝送やフィールド常駐AUVによる高速簡易データの収集・通信に優れています。