海洋/特機
IR情報 会社情報

メーカーニュース

Sonardyne International

Sonardyne International社は1971年にJohn Partridgeによって北海エリアで設立されました。同社は音響信号処理、ハードウェア設計、カスタムエンジニアリングの革新を通じ、ダイバーの水中ナビゲーションの安全性と効率を改善するための製品を提供してきました。
今日では最も困難な海洋環境で使用する音響・非音響に関する優れた技術群を持っています。
今日、同社では世界の海や水中で、安全・経済的で環境に配慮したビジネスの促進に役立つソリューションを提供しています。

Important Notice to CARIS HIPS&SIPS users

2015/11/16

It has been found that CARIS HIPSSIPS fails to correctly process the draft information of SeaBeam deep-sea multi-beam sonar data as below:

 

Format System Symptom Version
XSE(*.xse)

SeaBeam30XX and

SeaBeam20XX Upgrade

systems with HydroStar

If SVC is applied,
the draft is not reflected.

8.1.7 and earlier versions

Fixed on 8.1.8 or later versions

MB41(*.mb41) SeaBeam21XX The draft is reflected redundantly.

5.4 and later versions

In progress


Please see the following PDF files for the problem details and what should be done to recover the data. We apologize for all the inconveniences caused by this problem.

Caris HIPS software Bug with processing data in XSE format

Caris HIPS software Bug with processing data in MB41 format


■Contact

Ocean Measurement Technology Division

TOYO Corporation

E-Mail:SupportCARIS@toyo.co.jp

TEL:03-3245-1243

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。