海洋/特機
IR情報 会社情報

メーカーニュース

R2Sonic, LLC

Sonic20XXシリーズは、第5世代のマルチビーム測深機として開発された小型・高性能マルチビームソーナーです。堅牢・コンパクトなハードウェアに可変周波数、可変スワッスの基本機能に加え、後方散乱、ウォーターカラム、前方監視、等のオプションで多目的調査に対応します。
メーカーリンク

リリース案内:QPS社製Fledermausバージョン7.7.4

2017/03/09
QPS社製「Fledermaus」バージョン7.7.4がリリースされましたのでご案内いたします。
 
■アップデート対象製品
保守プラン(サブスクリプション)にご加入のお客様が所有する「Fledermaus」ソフトウェア
 
■機能改善
「Fledermaus」
・Windows環境でのみ発生する.sd DTM オブジェクトをNull値に関連したGeotiffフローティングポイントへ出力する際の問題を修正しました。
・WindowsおよびLinuxを使用している際に発生するマップディスプレイにてカーソル上に表示されるscalar値に関する問題を修正しました。
・Null値と範囲を持つGeotiffを正確に処理できない問題を修正しました。
・空のインタープリテーションオブジェクトを保存してシーンファイルが破損する問題を修正しました。
・3D PDFのエクスポートの際に制限を超過するとクラッシュする問題を修正しました。
 
「DMAGIC」
・PFMファイルのステータス、適切なパスの読み込みおよびPFMのバージョンファイル構造の変更に関連するファイルの取り扱いに関する問題を修正しました。
・PFMビルドウィザードにてプロセスの状況報告、経過時間の表示機能を改善しました。
・FAU形式の読み込みを改善し、中心線を表示することができるようになりました。
 
「FMGT」
・EM 302にて収録した.ALLデータに関する問題を修正し、ビーム平均モザイク推定のためのアウタービーム処理が可能になりました。
・座標参照フレームワークの自動計算設定がなくGSFファイル操作時にクラッシュしてしまう問題を修正しました。
・.DB / .QPDのペアリングに関するフラグをクリアするまで、ピクセルサイズを推定する機能が正しい値を算出しない問題を修正しました。
・.s7k/.HSCSのペアリングに関する問題を修正しました。

■ソフトウェアの配布
保守加入者様には、ファイルダウンロードリンク先を別途メールでご案内致します。
 

■■■お問い合わせ先■■■
株式会社東陽テクニカ 海洋計測部・技術部(海洋グループ)
E-Mail: SupportIVS@toyo.co.jp
TEL: 03-3245-1243 (直通)

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP