ITER Systems

1985年頃、バース大学の研究から提示されたインターフェロメトリ方式のスワス測深技術を利用するためにスピンオフ企業「Bathymetrics社」が立ち上げられ、1987年には世界初のインターフェロメトリソナー「Bathyscan」が販売されました。その後同社は「Submetrix社」となり、ISIS 300、ISIS 100、Submetrix 2000を生産しました。
この技術はSystems Engineering&Assessment Ltd.(SEA社)に取得され、システムは「SWATHplus」と名称変更されました。
2012年8月、ITERは「SWATHplus」の製造とマーケティングのために「ITER Systems社」を創設し、最新のインターフェロメトリソナー「BathySwath2」を開発しました。

メーカーリンク

主な製品