情報通信
IR情報 会社情報

展示会

vFORUM 2018

Tokyo:2018年11月13日(火)・14日(水)

Osaka:2018年12月14日(金)

場所

Tokyo:ザ・プリンス パークタワー東京
Osaka:グランドフロント大阪ナレッジキャピタルコングレコンベンションセンター

vFORUM 2018 TOKYO

会期:2018年11月13日(火)・14日(水)

会場:ザ・プリンス パークタワー東京B2F

東京都港区芝公園4-8-1 アクセス

 

vFORUM 2018 OSAKA

会期:2018年12月14日(金)

会場:グランドフロント大阪ナレッジキャピタルコングレコンベンションセンター

大阪市北区大深町3-1 グランドフロント大阪 北館 B2F アクセス

 

<出展概要>

【展示タイトル】 仮想/VDI基盤の性能可視化・分析する運用管理ソリューションツール「Uila」

【展示概要】

「Uila」は、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド環境の仮想マシンの通信アプリケーションや仮想基盤(CPU、メモリ、ストレージ、ネットワークなど)の性能を一元的に可視化/分析する監視ソリューションです。エージェントレスで容易に導入でき、問題を検知した場合は、一次切り分けや根本原因の特定を簡単に可視化し、各コンポーントのパフォーマンス状態を一画面で表記するダッシュボードを提供します。さらにパブリッククラウド(AWS/Azureエージェント)のリリースを開始しました。


vFORUM 2018 公式サイト
https://vforum.jp/


<ブレイクアウトセッション セッションID:DC421

【タイトル】
マルチクラウド環境のマイグレ計画、問題切り分け手法入門!Uila無償トライアル版活用と可視化効果!

【実施日】 2018年11月13日(水) 14:40-15:10

【セッション概要】

マルチクラウド環境へのマイグレを企画・運用していくには、プライベートクラウドおよびパブリッククラウド環境の通信アプリケーションや基盤情報を串刺しで可視化することが必要です。その手法のひとつとして、東陽テクニカが提供する米国Uila社製品は、プライベートクラウド向けの可視化に加えて、パブリッククラウド向けの可視化ソリューションをリリースしました。マルチクラウド環境の相関分析結果をマイグレ企画、障害解析、最適化に役立てることができます。本セッションを視聴頂き、Uila社製品無償トライアル版をぜひお試しください。

ブレークアウトセションにご登録する場合は、以下vFORUM 2018公式サイトにアクセスのうえお申込みください。

セッション案内サイト


米国Uila社製品の詳細は、以下にアクセスのうえご確認ください。

Uila製品

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。