情報通信
IR情報 会社情報





サイトサーベイ用アプリケーション「iBwave Mobile NOTE」 

iBwave Solutions, Inc.
サイトサーベイ用アプリケーション「iBwave Mobile NOTE」
0

迅速な構築設計を実現する
サイトサーベイ アプリケーション

的確なネットワーク設計は、的確なサイトサーベイの情報から始まります。「iBwaveMobile Note」は、サイトサーベイプロセスを包括的に簡素化する強力かつ直感的なAndroidアプリです。サイトサーベイの情報をすべて1つのツールに集約し、1つのファイルに保存することで、クラウドを通じてチームメンバーやパートナー企業と簡単に共有することができます。従来、サイト情報処理に費やしていた時間を削減しつつ、ワイヤレスネットワーク設計の精度と構築性を確実なものにします。

特長

iBwaveMobileNOTE_01aa.png
iBwaveMobileNOTE_01bb.png
iBwaveMobileNOTE_01cc.png
iBwaveMobileNOTE_01dd.png
iBwaveMobileNOTE_01ee.png
 
 
iBwaveMobileNOTE_02.png

サイトサーベイツールキットを簡素化

施設に持ち込む既存のスマートフォンやタブレットにiBwave Mobile Noteアプリ をインストールするだけで、究極のiBwaveサイトサーベイツールを利用すること ができます。このツールを活用して、顧客の要件、フロアプラン、写真、メモ、構築用マークアップ、RF測定などを一元的に取得、管理できます。
  • フロアプランを描画、または画像からフロアプランを作成
  • 互換性のあるネットワークテストツールとシームレスにデータを交換
  • 図面上の指定した位置に写真、動画、音声、テキストメモの情報を含むプッシュピンを作成
  • 構築用マークアップ(書き込み)およびケーブル配線を追加
 

page top↑

 

調査ファイルや写真を簡単に共有

iBwave Mobile Noteを利用すれば、現地とオフィスにいるチームメンバの間で容易にファイルを共有できます。写真、メモ、測定結果など、すべてのサーベイドキュメントが単一のファイル(.ibwm)に保存され、そのままiBwave Designのフロアプランにインポートできるので、データ損失は一切発生しません。
iBwaveMobileNOTE_03.png

単一ファイルに含まれる要素:

  • 注釈付きの写真
  • プランマークアップ(書き込み)
  • RF測定結果

 

page top↑

 
iBwaveMobileNOTE_04.png

サーベイ後のデータ処理を削減

iBwave Mobile Noteを利用すると、これまでサイトサーベイの測定結果やドキュメントを整理、処理、インポートするために費やしていた時間を削減できます。iBwave Designと統合することで、従来の.csv、.log、.tabといったファイルのエクスポートとインポートが不要になり、サーベイ後のレポート作成に時間を費 やす必要もなくなります。
  • サーベイデータをiBwave Designや無料のiBwave Viewerにシームレスに インポート可能
  • すべての写真やメモの位置情報を記録した 注釈付きレポートを生成
  • すべてのテクノロジーを対象に測定結果プロットを生成
  • レポートをPDF、DOC、PPTなどにエクスポート

page top↑

 
iBwaveMobilePlanner_04.png

リソースとコストを最適化

iBwave Mobile Noteを利用すると、現地の技術担当者チームに対して、サイトサーベイの実施とサイトドキュメントの取得を指示しつつ、オフィスにいる別のチームに対して、iBwaveDesignで詳細な設計を完成させるように指示することができます。その結果、リソースと、リソースのコストを最適化できます。
 

page top↑

 

再設計を回避

iBwaveMobileNOTE_05.png iBwave Mobile Noteを使用すると、サイトサーベイ情報を取得して、RFエンジニアのiBwave Designsに直接送信できます。そのため、RFエンジニアたちは、関連情報や視覚的データをすべて自分の手元で管理し、最初の段階から最適な設計を選択できるようになります。これからは、設計を完了した後に、天窓や大きなシャンデリア、おしゃれな木製装飾の存在を知って驚くことはありません。また、これからは長時間かけてRF測定結果をインポートする必要もありません。たくさんのファイルやフォルダの中から必要な情報を見つけるのに苦労することもなくなります。
  • iBwave Designを使って、収集データをすべて含むプロジェクトをクラウドから開くことが可能
  • 受け取ったすべてのRF測定結果をiBwaveフロアプランに表示可能
  • RFコンポーネントの位置やプロパティをアップデート可能
 

page top↑

仕様

ソフトウエア要件

  • Android™ 4.0.3以降

ハードウェア要件

最小

  • 1.2 GHz CPU(デュアルコア)
  • 1 GB RAM
  • 内蔵背面カメラ
 

推奨

  • 1.6 GHz CPU(クワッドコア)
  • 2 GB RAM

対応する収集ツールのバージョン

  • Accuver - XCAL-Harmony 2.01.088
  • Accuver - XCAL-Mobile 4.13.268
  • Ascom - TEMS Pocket 14.3.1(シングルデバイスのみ)
  • Enhancell - Echo One 2.0.6
  • Enhancell - Echo Plus 2.0.9
  • Falcon Smart - Falcon Kit 1.10
  • Keysight - Nemo Handy 2.70
  • Keysight - Nemo Walker Air 1.60
  • PCTEL - SeeHawk Engage 2.0.6
  • PCTEL - SeeHawk Engage+ 2.0.9
  • PCTEL - SeeHawk Touch 1.2
  • Solutelia - WINd Pro 4.1.0
  • SwissQual - QualiPoc 15.0
  • SwissQual - QualiPoc Freerider 16.2

機能

■iBwave Mobile NOTE

■iBwave Mobile Planner

iBwave Mobile NOTE

iBwave統合

  • 新規プロジェクトを最初から、もしくはテンプレートから作成することが可能
  • iBwave CloudやiBwave Unityを利用することで、プロジェクトのダウンロードやアップロード、オフライン作業が可能
  • USBを介してiBwave Designとプロジェクトを直接転送
  • 最大10GBのプロジェクトをiBwave Cloudに保存可能
  • メールでiBwave Cloudからプロジェクトを外部パートナーに共有可能

サイトサーベイ

  • 周囲のネットワーク信号を表示(ネットワークスキャン)
  • サイトの詳細情報、連絡先情報、初期要件を取得
  • フロアプランの作成、拡張、位置情報設定が可能
  • 図面上の指定した位置に注釈付きの写真、動画、音声の情報を追加
  • 図面上の指定した位置に注釈付きの写真、テキスト、動画、音声を含むプッシュピンを作成
  • 写真上に描画およびテキスト入力
  • 構築用マークアップやケーブル配線をフロアプランに描画
  • サードパーティ製ネットワークテストツールを統合
  • iBwaveのフロアプラン、トランスミッタ、ゾーンを同一デバイス上のアプ リに共有
  • 受け取ったすべての測定結果をiBwaveフロアプランに表示可能
  • サーベイ測定結果をiBwave Designでアクセスするプロジェクトに保存

完成後の設計

  • 設計の変更をiBwave Designに送信することで、承認を受けることが可能
  • コンポーネントの位置や高さをすべてアップデート可能
  • アンテナの方位角、下向き傾斜、設置方向をアップデート可能
  • ケーブル配線をアップデートし、実測長を追加可能

レポート

  • 無料のiBwave Viewerからレポートを生成(PDF、PPT、DOC、XLSなど)
  • 注釈の追加とフロアプラン
  • サーベイ測定結果(印刷)

page top↑

iBwave Mobile Planner

iBwave全般

  • 新規プロジェクトを最初から、もしくはテンプレートから作成することが可能
  • iBwave クラウドやiBwave Unityを利用することで、プロジェクトのダウンロードやアップロードでき、オフライン作業が可能
  • USBを介してiBwave Designとプロジェクトを直接転送
  • 最大10GBのプロジェクトをiBwave クラウドに保存可能
  • メールでiBwave クラウドを通じプロジェクトを外部取引先と共有可能

サイトサーベイ

  • 周囲のネットワークシグナルを表示 (ネットワークスキャン)
  • サイトの詳細情報、連絡先情報、初期要件を取得
  • フロアプランを作成し、スケール、地理的位置を入力
  • フロアプランに、地理的位置を把握した写真、テキスト、ビデオ、および音声の注釈を追加
  • 写真、テキスト、ビデオ、および音声の注釈を地理的位置を把握したプッシュピンに保存
  • 写真上に描画およびテキスト入力
  • フロアプランに、設置工事用の指示とケーブル配線ルートを描画
  • サードパーティ製ネットワークテストツールを統合
  • iBwaveのフロアプラン、トランスミッタ、ゾーンを同一デバイス上のアプリに共有
  • 受け取ったすべての測定結果をiBwaveフロアプランに表示可能
  • サーベイ測定結果をiBwave Designでアクセスするためプロジェクトに保存

完成後の設計

  • 設計の変更をiBwave Designに送信することで、承認を受けることが可能
  • コンポーネントの位置や高さをすべてアップデート可能
  • アンテナの方位角、下向き傾斜、設置方向をアップデート可能
  • ケーブル配線をアップデートし、実測長を追加可能

レポート

  • 64ビット版サポート
  • マルチプロセッササポート

予測

  • フロアプランで、予測エリアを定義
  • 異なる密度レベルの環境ゾーンを定義
  • ピークキャパシティゾーンを定義し、フロアごとのクライアント数を設定
  • 調査計測値の補間を実施
  • VPLE 伝搬モデルを用いて、アクセスポイント、およびスモールセルの複数フロア予測が可能
  • 予測マップ上で干渉調査の測定結果を考慮 (例: 隣接 & 屋外シグナル)
  • ネットワークコンプライアンスKPIの成否予測の表示

Wi-Fi 設計

  • Wi-Fiのパッシブ及びアクティブサーベイの収集
  • コンポーネントのデータベース (主要OEMから300以上のコンポーネントを用意) から、アクセスポイントやネットワーク機器を追加
  • 帯域最適化によるアクセスポイントの自動配置
  • 複数フロアのWi-Fi チャンネル自動割り当て
  • テクノロジー: Wi-Fi (802.11 a/b/g/n/ac)
  • 周波数帯域: 2.4GHz & 5GHz
  • CAT5 ケーブル対応
  • 予測マップ: RSSI, SNR, CCI, キャパシティ, オーバーラップゾーン & スループット

スモールセル設計

  • コンポーネントのデータベース (主要OEMから1,300以上のコンポーネントを用意) から、スモールセルやネットワーク機器を追加
  • 帯域最適化によるスモールセルの自動配置
  • CAT5 ケーブル対応
  • テクノロジー:
    • 4G : LTE, WiMAX (802.16)
    • 3G : HSPA+ / HSPA / WCDMA
    • 2G : GSM / CDMA / EDGE
  • 周波数帯域:
    • 700 / Cellular850 / PCS1900 / AWS2100
    • GSM900 / DCS1800 / UMTS2100 /2 .6GHz
    • LTE TDD 2.3GHz
    • WiMAX 2.5GHz
    • GPS / UWB / Public Safety 4.9GHz
  • 予測マップ:
    • RSSI, LTE RSRP, CDMA/WCDMA RSCP, SNIR,
    • キャパシティ, ハンドオフ & スループット

page top↑

iBwave Mobile Planner

iBwaveMobilePlanner.png

現場でスタートを切って
ネットワーク設計を迅速に行いましょう。

iBwaveでできる、すぐに構築していけるネットワーク設計をより正確なものにするには、精密なサイトサーベイの情報が必要です。 iBwave Mobile Planner はネ ットワーク設計を効率的にする、高性能で直感的なAndroid アプリです。現場に持ち込んでRFの計測値を収集し、建物の様子を記録し、アクセスポイントの自動配置機能を使って、事前設計を開始します。全ての情報を一つのファイルに保存し、それをクラウドに保存して、オフィスにいる設計チームがファイルを開き、iBwave Designで設計を完了することができます。

iBwaveMobilePlanner_01a.png
iBwaveMobilePlanner_02a.png
iBwaveMobilePlanner_03a.png
iBwaveMobilePlanner_04a.png
 
 

あとで困らないないように、キャパシティを踏まえ設計

初期の段階から、間違いを減らし、すぐに使える設計を作成しましょう。ピークキャパシティゾーンと、フロアあたりのクライアント数を設定します。キャパシティマップを活用して、キャパシティ要件に基づいたフロアごとの成否の結果を見ることができます。
  • VoLTE およびVoWiFiを含む、Wi-Fi と Cellular テクノロジーの割合を設定
  • ピークキャパシティを定義し、フロアごとのクライアントの数を設定iBwaveMobilePlanner_01.png
  • 簡単に、すでに設定されている使用区域特性(Usage Profile)で設定
    (iBwave Designでカスタマイズも可能)
  • 同軸/カテゴリ5/ファイバケーブルのバックホールモデリング
  • キャパシティマップが、各フロアでの成否の結果を直ちに表示
 

page top↑

 

現場でのネットワーク設計と、カバレッジテストの実行

設置するに及んで工事に支障をきたす問題を当初から見逃さないため、自動、あ るいは手動のアクセスポイント配置により、ネットワークの設計をすぐに現場で開始することができます。その後、実際に歩いてアクセスポイントの位置を物理的に認証したり、ネットワーク配備後どのように動作するかをその場で予測を行うことができます。
  • iBwaveMobilePlanner_02.pngマルチビルディング、マルチレイヤのフロアプランをモデリング
  • CADやPDF、画像ファイルからレイアウトプランをインポート
  • アクティブおよびパッシブサーベイ(Wi-Fi)
  • スモールセルとWi-Fiのシステム設計
  • iBwaveの部品データベースへのアクセス
  • アクセスポイントの自動配置
  • 予測マップ (RSSI, SNIR, ハンドオフ&スループット, CCI, オーバーラップを含む)
  • CAT5 ケーブル配線

page top↑

 

クラウドを介して、ネットワーク設計を容易に共有

iBwaveMobilePlanner_03.pngiBwave Mobile Plannerを用いて、 測定結果、写真、メモや現地で始めた設計を、クラウドに一つのファイルとして保存すれば、オフィスの設計チームがiBwave Design で開いてすぐに作業ができます。 結果として、ファイルの共有が容易になり、正確なネットワーク設計に必要な全てのデータがとりだせて、設計チームも作業しやすくなります。
  • iBwave Cloudストレージ10 GBを無料で利用可能
  • iBwave Mobile PlannerあるいはiBwave Designでibwファイルを開いたり、変更が可能

page top↑

 
iBwaveMobilePlanner_04.png

人材とコストの最適化

iBwave Mobile Plannerによって、現場に赴いた技術者がサイトサーベイを行い、すべての情報を保存し、自動配置機能を使ってネットワーク設計を開始し、オフィスでは他のチームがiBwave Designで設計を緻密に完了させていきます。その結果、人材を最大限に利用し、人材のコストを抑えることができます。
 

page top↑

動画

detail__vid--text.png

はい (1)
いいえ (1)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。