情報通信
IR情報 会社情報





仮想アプリケーションテストツール「Avalanche Virtual」 

Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)
仮想アプリケーションテストツール「Avalanche Virtual」
0

Avalanche Virtual/Anywareの技術資料

Avalanche Virtualは、サーバ仮想化環境でのアプリケーションレイヤテストを実現するソフトウェアツールです。 Avalanche Virtualは仮想マシン上で動作し、クライアント/サーバ間のアプリケーショントラフィックをエミュレートすることで、仮想アプリケーションサーバや仮想ファイアウォール/仮想ロードバランサ等の仮想アプライアンスの性能を評価できます。

特長

etc-search03-16x18-16x18-16x18.gif サーバ仮想化環境のアプリケーション性能を評価
  ball-blue-8px.gif セッションレート、同時接続数、アプリケーションレスポンスタイムetc.
etc-search03-16x18-16x18-16x18.gif 仮想マシン上で動作するソフトウェアツール
  ball-blue-8px.gif テスト環境の柔軟な構築が可能となり、データセンタ内の仮想サーバ/仮想アプライアンスのリグレッション試験・チューニング試験の作業効率向上に有効
etc-search03-16x18-16x18-16x18.gif 現実的なトラフィック生成機能によりユーザの振る舞いを正確にエミュレート
etc-search03-16x18-16x18-16x18.gif Avalancheアプライアンスとの連携により、外部ネットワークと仮想サーバ間でのクラウドインフラストラクチャ試験が可能

仕様

動作環境

  • Avalanche Virtual: VMware ESX/ESXi 4.0/4.1/5.0/5.1 server
  • Avalanche Virtual Anyware: KVM/XEN (Linux OS Fedora or Centos)

パフォーマンス

  • HTTP1.0コネクション/秒:最大10,800*
  • HTTP同時接続数:最大99,000*
*仮想サーバのスペック/リソースによっては上記数値に達しない場合があります

事例紹介

Spirent Avalanche in worldwide cloud

専用アプライアンスとして有名なSpirent Avalancheが仮想化環境で動作し、世界中のクラウド基盤を利用して"試験したい時"に"試験したい場所"で測定器を利用するTest as a Serviceとしてご利用いただける様になりました。
従来は測定器を準備して発送し、試験が完了したらまた返却するということを繰り返していましたがこのSpirent Avalanche in worldwide cloudをTaaSとして利用することで機器を準備する従来の煩わしさから解放されるだけでなく、必要な時に必要なだけ使用する従量課金サービスがコストメリットにもつながります。

動作イメージ

cloud_zu02.jpg

使用例

  • サイトA-サイトB間のTCPスループットを測定
  • 構築したサイトやネットワークと同じデータセンタ内で負荷試験をリモートで実施
  • 公開したサイト・サービスを世界各地から利用し、アクセス地域ごとのQoE(サービス体感品質)を測定
  • 開発中の製品・ソフトウェアの迅速なテストにより、仮想化基盤上で負荷量に応じたサイジングが容易になる

detail__vid--text.png

はい (1)
いいえ (2)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。