情報通信
IR情報 会社情報





GPS/INSエンジニアリングテストシステム「CAST-4000」 

CAST Navigation, LLC
GPS/INSエンジニアリングテストシステム「CAST-4000」
0

完璧なGPS/INSエンジニアリングテスト
システム

CAST-4000 GPS/INSシミュレーションシステムは、GPS RF 信号を生成し、緊密結合または疎結合されたナビゲーションシステムを試験します。

特長

  • 被試験のナビゲーションシステムに、GPS RFデータと同期されたオプションのインターフェイスを介して、ストラップダウン方式またはジンバル方式IMU測定データを提供
  • 高粘度センサエラーモデルを使用して、IMU測定値に誤差を挿入
  • 完成されたアビオニクスセンサシミュレーション気圧高度計、姿勢方位基準システム、レーダ高度計、およびドップラーモデルを搭載
  • オプションのインターフェイスは、1553/1394、SCRAMNet、ARINC 575、ARINC 572、およびARINC 429
  • ICD- GPS-215/150に基づいてシステムパフォーマンスを判断する後処理機能を搭載
  • ナビゲーションシステムのカルマンフィルタの安定性を維持するために必要な、十分に調整された動的な垂直チャネルによる支援を提供する為のセンサをシミュレーション
  • 航空機力学のシミュレーションに必要な精密GPS/INS同期機能を長年にわたって開発、試験、および改良
  • GPS/INSナビゲーションシステム(緊密結合または疎結合)に対して、非常に多くのナビゲーション信号の動的で正確に調整されたシミュレーションを提供
  • 完璧な6-DOF(6自由度)の運動生成機能を搭載

CAST-4000 GPS/INSシミュレーションシステムは、GPS RF 信号を生成し、緊密結合または疎結合されたナビゲーションシステムを試験します。システムのアルゴリズムには、支援のための完成されたアビオニクスセンサシミュレーションが含まれています。使用できるセンサには、ストラップダウン方式またはジンバル方式慣性ナビゲーションシステム、気圧高度計、姿勢方位基準システム、レーダ高度計、および多数の補助センサがあり、これらのセンサのデータはオプションの1553インターフェイスを使用して提供します。

CAST-4000では、オプションのインターフェイスが付いている場合、テスト中の受信機に未処理のIMU測定値を出力できます。これにより、ユーザは、ストラップダウン方式またはジンバル方式のIMUと緊密結合または疎結合されているGPS受信機をテストできます。オプションのインターフェイスの形式(バス、共有メモリなど)は、ユーザの特定の要件に応じてカスタマイズされます。

IMUには、ΔVの形式で特定の力を測定する加速度計とΔθの形式で角速度を提供するジャイロがあります。INSはこれらの測定値を使用して、ユーザの位置、速度、および姿勢を算出します。慣性を用いるGPS受信機は、通常ではINS出力を受信し、IMU測定値を受信しません。ただし、一部の受信機はストラップダウン方式またはジンバル方式のIMUと緊密に統合されており、ΔVおよびΔθの測定値を直接使用します。

CAST-4000は、ストラップダウン方式またはジンバル方式のIMU測定データを直接オプションのインターフェイス経由でテスト中の受信機に提供することで、補助受信機をサポートします。

システム仕様

出力周波数
GPS L1 1575.42 MHz
GPS L2 1227.60 MHz
GPS L5 L5 1176.45 MHz

最大ダイナミクス
速度 > 60,000 m/s
加速度 ± 150,000 m/s²
ジャーク ± 150,000 m/s³

信号レベル
GPS L1 C/A コード -160 dBW
GPS L1 P コード -163 dBW
GPS L2 P コード -166 dBW

信号レベルの制御
レンジ ± 30 dB
解像度 0.1 dB

L1/L2 の遅延差
レンジ ± 0.3 m
解像度 < 1 mm

信号精度
擬似距離 1 mm
擬似距離レート 1 mm/s
デルタ擬似距離 1 mm
チャネル間のバイアス < 1 mm
制御されていないバイアス < 1 mm
バイアスの再現度(初期) < 1 mm
バイアスの安定度(運転時) < 1 mm

信号品質
スプリアス < -45 dBc
ハーモニクス < -50 dBc
基準発振器 100 MHz OCXO
周波数安定度 3 x 10⁻⁸/日

システム構成

生成する GPS衛星 12 ~ 16
L1、L2、L5
寸法(高さ x 幅 x 奥行き) 55” x 24” x 32”
重量(概算) 300 ポンド(136kg)
必要電力 100/240 VAC
50/60 Hz、1500 W
オペレーティングシステム Windows、Lynx

システムオプション

  • 複数のGPS/INS構成のテスト
  • 最大8台の干渉波生成器
  • 精密誘導兵器のテスト
  • 1553/1394
  • ARINC 575、572、および429
  • 外部精密発振器
  • 6-DOF(6自由度)リアルタイムインターフェイス
  • Yコード
  • SAASM
  • OFPの読み込み – GPSおよびINS向け
  • 地形遮蔽(TOP)
  • 3-D 高度可視化搭載TOP
  • JDAM IMUインターフェイス
  • Mコード
  • SBASシミュレーション
  • L2C
  • L5

システムアップグレード

  • CAST-3000(EGI統合)
  • CAST EMT3500-3(EGI診断)
  • CAST-5000(CRPAシステムのテスト)

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。