情報通信
IR情報 会社情報





スタンドアロン型干渉波生成システム「CAST-110」 

CAST Navigation, LLC
スタンドアロン型干渉波生成システム「CAST-110」
0

スタンドアロン干渉波システム

CAST-110 干渉波生成システムは、GPS受信機の耐ジャミング性能のテストを繰り返しサポートします。システムでは、ブロードバンドおよびナローバンドジャマーのジャミングレベルと信号伝送特性を指定できます。

特長

  • 個別に制御される最大8つのジャミング信号を同時に生成できます。
  • 各干渉源の大きさ、周波数、および変調のタイプを動的に制御できます。
  • 各干渉源のジャマーレベルと信号特性を手動でリアルタイム調整できます。
  • ブロードバンドの信号は、調整できる出力レベル内で振幅がガウス分布にあるよう最適化されます。
CAST-110 干渉波生成システムは、GPS受信機の耐ジャミング性能のテストを繰り返しサポートします。システムでは、ブロードバンドおよびナローバンドジャマーのジャミングレベルと信号伝送特性を指定できます。

干渉信号の変調方式は動的に変更できます。ジャミングのモードには、連続波、パルス連続波、掃引連続波、FMノイズ、パルスFMノイズ、ワイドバンドノイズがあります。

CAST スタンドアロン干渉波システムは、現在米軍のテストや実務で使用されています。

システム仕様

出力周波数

ナローバンド 1 ~ 2 GHz
ブロードバンド L1 1575.42 MHz
L2 1227.60 MHz
 

最大ダイナミクス

速度 ± 1,000 m/s
高度 0 ~ 100,000 m
 

信号レベル

ナローバンド -140 ~ +13 dBm
ブロードバンド -102 ~ +25 dBm
 

ナローバンドモード・オペレーションモード

レンジ ± 30 dB
分解能 0.1 dB
周波数掃引
 掃引タイプ
 掃引バンド幅
 掃引速度

正弦波、三角形、ランプ
0 ~ 400 kHz
0.01 Hz ~ 100 kHz
FM ノイズ 0 ~ 400 kHz 帯域幅
FM ノイズ 0.01 Hz ~ 100 kHz
パルスレート
可変デューティサイクル
広帯域ノイズ 20 MHz 帯域幅
 

ナローバンド信号品質

ハーモニクス <–30 dBc(<+8 dBm のレベル)
サブハーモニクス <-50 dBc
非ハーモニクス <-64 dBc

システム構成

寸法(高さ x 幅 x 奥行き) 84” x 24” x 32”(8 つのジャマー)
54” x 24” x 32”(4 つのジャマー)
重量(概算) 300ポンド(136kg)
必要電力 100/240 VAC
50/60 Hz、600 W
オペレーティングシステム Lynx、Windows

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。