情報通信
IR情報 会社情報





ポータブル型2周波数GPSシミュレータ「CAST-1000」 

CAST Navigation, LLC
ポータブル型2周波数GPSシミュレータ「CAST-1000」
0

ポータブル2周波数GPSシミュレータ

CAST-1000 GPSシミュレーションシステムでは、広範囲にわたるGPSアプリケーション向けに、ラボ環境または現場でテストを繰り返し実施できる GPS RF信号を生成します。

特長

  • L1とL2に12chまでのC/AおよびPコードSV
  • 6-DOF(6自由度)の運動生成機能
  • ホストの輸送機のパラメータが選択可能
  • 完全なコンスタレーションの編集
  • 外部のエフェメリスとアルマナックの読み込み
  • なりすましのシミュレーション
  • 衛星のRAIMイベント
  • 電離圏および対流圏のモデリング
  • 衛星クロックの誤差
  • クロックナビゲーション
  • ウェイポイントのモデリング
  • マルチパスの時系列衛星イベント
  • モデル選択
  • アンテナパターンのモデリング
  • 移動経路の外部入力
  • ポスト分析

CAST-1000 GPSシミュレーションシステムでは、広範囲にわたるGPSアプリケーション向けに、ラボ環境または現場でテストを繰り返し実施できる GPS RF信号を生成します。シミュレータには、完全にプログラム可能なリアルタイムでシミュレータソフトウェアが制御する2周波数GPS RF信号生成技術を搭載しています。

CAST-1000は、定義された32の擬似ランダム雑音コードから選択された8~12個の衛星を含むGPSの完全なコンスタレーションを生成できます。L1にC/Aコード、L1とL2にP コードの8~12個の衛星用の信号を生成します。

ユーザはさまざまなタイプの輸送機から選択し、陸上、水上、航空、および宇宙ベースの輸送機のダイナミックな動きをシミュレートできます。また、飛行プロファイル全体を定義するか、現場で収集した6自由度の動的プロファイルデータを使用することで、軌道を生成できます。

システムのパフォーマンス評価モジュールではGPSナビゲーションシステムから受信した未処理の測定値およびフィルタ処理したデータを実際の輸送機の位置と比較し、テスト後の分析を完了できます。
CAST-1000 システムのインターフェイス
CAST-1000 システムのインターフェイス

システム仕様

出力周波数

GPS L1 1575.42 MHz
GPS L2 1227.60 MHz
GPS L5 1176.45 MHz
 

最大ダイナミクス

速度 > 60,000 m/s
加速度 ± 150,000 m/s²
ジャーク ± 150,000 m/s³
 

信号レベル

GPS L1 C/A コード -160 dBW
GPS L1 P コード -163 dBW
GPS L2 P コード -166 dBW
 

信号レベルの制御

レンジ ± 30 dB
分解能 0.1 dB
 

L1/L2 の遅延差

レンジ ± 0.3 m
分解能 < 1 mm
 

信号精度

擬似距離 1 mm
擬似距離レート 1 mm/s
デルタ擬似距離 1 mm
チャネル間のバイアス < 1 mm
制御されていないバイアス < 1 mm
バイアスの再現度(初期) < 1 mm
バイアスの安定度(運転時) < 1 mm
 

信号品質

スプリアス < -45 dBc
ハーモニクス < -50 dBc
基準発振器 100 MHz OCXO
周波数安定度 3 x 10⁻⁸/日

システム構成

生成する GPS衛星 8~12
L1とL2
寸法(高さ x 幅 x 奥行き) 17” x 14” x 10”
重量(概算) 34ポンド(15.4kg)
必要電力 100/240 VAC
50/60 Hz、600 W
オペレーティングシステム Windows、Lynx
 ポータブル型2周波数GPSシミュレータ「CAST-1000」

 

システムオプション

  • 6-DOF(6自由度)リアルタイムインターフェイス
  • Yコード
  • SAASM
  • L2C
  • L5
  • リモート制御DLL

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。