情報通信
IR情報 会社情報





アプリケーションハイパフォーマンステスタ「Avalanche C100-S3-MP」 

Spirent Communications Inc(スパイレント コミュニケーションズ社)
アプリケーションハイパフォーマンステスタ「Avalanche C100-S3-MP」
0

Avalanche C100-S3-MP は、1Gbps、10Gbps、ネイティブ100Gbpsのラインレートで、レイヤ4-7のステートフルトラフィックを実現するパフォーマンス試験ソリューションです。30Gbps以上の暗号化されたトラフィックに対して、高スループットのセキュリティ試験を実施できます。Avalanche C100-S3-MP をお使いいただくことで、通常のトラフィックを疑似したラインレートで、デバイスの限界性能試験を実施し、ワーストケースのシナリオにおける影響を把握できます。

特長

パフォーマンスと柔軟性

1Gbps、10Gbps、40Gbps、ネイティブ100Gbpsのレイヤ4-7ステートフルトラフィックと、1億5000万以上のコネクションに加えて、ユーザーセッション、秒間あたりの新規ユーザーセッション、トランザクション、秒間トランザクション、コネクションまたは秒間コネクションなどの負荷を変数設定できます。テスト共通の負荷プロファイルを設定することも、疑似ユーザグループごとに負荷プロファイルを別途設定することもできます。試験中、任意のフェーズでプロトコルの有効/無効化が行えます。


※パフォーマンス例はカタログをご参照ください。カタログはこちら

Avalanche Commander でユーザの「リアリズム」を再現

Avalancheでは、ユーザの振る舞いを極めてリアルな形で設定できるため、テストでは実際に使われているネットワークの利用パターンが正確に反映されます。動的でインタラクティブなコンテンツ、HTMLリンク、オンライン入力フォームなどを使用して、システムとサイトをシームレスに連携します。複数タイプのブラウザでエミュレートが可能なため、ブラウザの接続動作、SSLバージョン、認証、ブラウザのリクエストヘッダなどを細かくコントロールできます。Think Time(ポーズ時間)や「クリックアウェイ」(HTTPアボート)といったユーザの振る舞いを疑似することができ、HTTPの基本機能やプロキシ認証もサポートします。また、ビデオに関して最先端の総合テストを備えており、Apple®、Microsoft®、Adobe®が提供するHTTPアダプティブビットレートストリーミングなどのプロトコルにも対応します。

Avalancheはインフラストラクチャへの負荷試験により、潜在的な障害ポイントを速やかに特定します。お客様のご要望に応じた高いパフォーマンスで、非常にリアルなユーザトラフィックやネットワークトラフィックを疑似し、実環境に即したさまざまな負荷シナリオを再現します。このプロアクティブなアプローチにより、ネットワークの停滞、あるいは損害の大きい障害が発生する前に、障害箇所やボトルネックを修正することができます。

機器メーカー、サービスプロバイダ、エンタープライズ向けネットワーク事業者にとってAvalancheは理想的な製品であり、高価で手間のかかるテストインフラの構築が不要になります。現在の音声、ビデオ、データが混在した「トリプルプレイ」ネットワークでパフォーマンスやセキュリティの分析に挑むには、優れたテスト装置が必要です。Avalancheの負荷試験アプライアンスは、ユーザやネットワークの振る舞いを正確にエミュレートすることで、堅牢なセキュリティと最適なアプリケーションパフォーマンスを保証できます。

Avalancheでは、モバイルインフラのSGSN/GGSN間など次世代のファイアウォールをテストできるようGTPトンネリング機能を備えており、トンネル設定レートと、高パフォーマンスのアプリケーションデータトラフィックをテストできます。

 
  • ラインレート100Gbpsのステートフルトラフィック:100Gbpsラインレート、レイヤ4-7のステートフルトラフィックを実現します。1Gbpsからネイティブ100Gbpsのインターフェースが利用可能です。さらにC100-S3-MPは、1つのアプライアンスで120Gbpsを越えるアプリケーション双方向トラフィックを生成できます。
  • 柔軟なソフトウェアオプション:C100-S3-MPは、Webベースで高い操作性を備え、アプリケーションやセキュリティ試験/攻撃検証テストが実施できるAvalanche NEXTと、ワンアーム・ツーアーム指定で高度な試験が実施できるAvalanche Commanderの両方に互換性があります。
  • お客様のニーズに合わせた構成:Avalanche C100-S3-MPは、お客様の具体的なニーズに合わせて、さまざまな構成をご用意しています。リアルタイム統計(全プロトコルに対応)とレポート作成ツールにより、分析結果を短時間で簡単に入手できます。
  • ネットワーク装置のパフォーマンステスト:各種ネットワーク装置のパフォーマンステストやキャパシティテストを実施します。具体的には、ファイアウォール、アプリケーションファイアウォール、ロードバランサ、キャッシュ、プロキシ、URLフィルタ、コンテンツフィルタ、アンチウィルス、アンチスパイウェア、リバースプロキシ、SSLアクセラレータ、HTTP/HTTPSアクセラレータ、WANアクセラレータ、SMTPリレー、IDS/IPS、IPSec VPNゲートウェイなどが対象となります。
  • アプリケーションサーバのパフォーマンステスト:Webサーバ、CIFSサーバ、アプリケーションサーバ、メールサーバ、DHCPサービス、FTPサーバ、DNSサーバ、Telnetサーバ、RTSP/RTP QuickTimeストリーミングサーバ、マルチキャストサーバ、RTMPサーバ、NFS他、実環境サーバでさまざまなタイプのパフォーマンスを検証します。
  • トリプルプレイのパフォーマンステスト:音声通話、ユニキャスト/マルチキャストのストリーミングビデオ、Apple、Microsoft、Adobeが提供するHTTPアダプティブビットレートストリーミングを使って、ユーザの視点でトリプルプレイサービスを検証します。また、静的IPアドレス、DHCP over PPPoEで割り当てられたIPアドレス、VLANおよびVLANスタック(例:Q-in-Q)を使用して、インターネットのデータトラフィックを疑似します。
  • Webアプリケーションテスト:Spirent Avalancheのテスト機能により、Webサービス、SOA、ERP/CRMアプリケーションなど、Webアプリケーションのテストを実施します。このテスト機能では、クッキー、セッションID、動的リンク、自動リダイレクト、追加ヘッダ、コンテンツ検証、SOAPメッセージ、Think time(ポーズ時間)、Think time変数、変数割り当てに対応します。
  • ネットワークのセキュリティテスト:セキュリティ保護されたネットワーク通信、7000を越える攻撃シナリオを使用した脆弱性評価、ユーザ認証などを総合的にテストします。具体的には、IPSec、SSL、802.1x、ネットワークアクセス制御(NAC)、RADIUSなどが対象となります。

仕様

機能
テストユーザ数 最大 8 ユーザ(GigE 対応)
シミュレーションのタイプ クライアントとサーバ
ネットワーク
インターフェース
  • 最大 16x10/100/1000 (銅線)
  • 最大 16x10/100/1000 (光ファイバ)
  • 最大 8x10Gbps (光ファイバインターフェイス)
  • 2x100Gbps CFP2 (LR4またはSR10:オプティカルトランシーバは含まない)
(100Gbps対応機種は、100Gbpsスタンドアローン構成。10Gには近日対応予定)
ネットワーク
アクセスプロトコル
DHCP、PPPoE、IPSec、802.1x/NAC、GTP トンネリング
付加可能な制限や障害等 回線速度制限、ネットワーク遅延、パケットロス、フラグメンテーション
サポートする
IP バージョン
IPv4、IPv6、DSLITE、6RD
カプセル化プロトコル 802.1Q および 802.1 Q-in-Q
トランスポート TCP、UDP、SSLv2、SSLv3、TLSv1
データプロトコル HTTP、HTTPS、FTP (Active/Passive)、DNS、TELNET、SMTP、POP3、IMAP4、CIFS、 RADIUS、MM4、RTMP、ICMP、NFS、Capture/Replay
認証 802.1x、ネットワークアクセス制御 (NAC)、Radius
拡張プロトコル BitTorrent、Gnutella、MSN、Yahoo、SKYPE、SQL、MYSQL、Oracle、SMB、NFS、Remote Desktop、Exchange、LDAP
Avalanche NEXT
アプリケーション
Avalanche NEXT では、5000 を越えるユーザのアプリケーションシナリオを用意しており、メッセージング、ビジネスアプリケーション、ゲーム、Web、ソーシャルメディアなど、さまざまなシナリオをカバーします。
音声プロトコル SIP over TCP および SIP over UDP
サポートする
音声コーデック
G711A、G711U、G.723.1、G726-32、G.728、G729AB
音声の品質測定 MOS R-factor
ビデオプロトコル RTMP/RTMPT での Flash ストリーミング、Unicast Streaming Quicktime RTSP/RTP、 Unicast Streaming RealNetwork RTSP/RTP、Unicast Streaming Microsoft MMS、 Multicast Streaming IGMPv2、IGMPv3、MLDv2、HTTP ABR Streaming: Apple、 Microsoft、Adobe
サポートする
ビデオコーデック
MPEG-1、H.261、MPEG-2. H.262、MPEG-4. H.264
映像品質解析 MDI 測定およびその他の統計データによる画像品質の検出
攻撃の生成 レイヤ 2-4 DDOS 攻撃、および 7000 以上のレイヤ 4-7 アプリケーション攻撃
レポート作成 総合的なアナライザで CSV 形式のテスト結果を生成。
詳細なカスタマイズが可能で、PDF および HTML 形式でレポートを作成
自動化 GUIからTCL
寸法 高さ 13.3cm×幅 42.0cm×奥行 50.2cm (5.25” H x 16.53” W x 19.75” D)、
標準 19 インチラックに対応、高さ 3U
重量 14 kg (32 lbs.)
稼働環境 5°C~35°C
非稼働環境 0°C~50°C
相対湿度 10%~90% (結露なし)
電源要件 115-230V、50/60 Hz - 750W
規制当局の承認 FCC Class A、EN 55022 Class A、EN 55024
 

制御 PC の必要条件

Spirent Avalanche Commanderを動作させるには、以下の仕様を満たす必要があります。
  • LAN:10/100/1000Base-T:1 ポート
  • CPU:E6400 Intel® Core™ 2 CPU
    (同等またはそれ以上)
  • RAM:4GB 以上
  • ハードディスク:空き容量 10GB 以上
  • OS:Windows® 7
    Windows® 8(Ver 4.46以降)
    Windows® 8.1(Ver 4.63以降)
    Windows® 10(Ver 4.63以降)

アプリケーション

  • ■ ネットワークパフォーマンスのテスト
  • ■ Web アプリケーションのテスト
  • ■ トリプルプレイのテスト
  • ■ 6000 以上の試験シナリオによる、アプリケーションテスト
  • ■ ビデオアプリケーションの高度なテスト
  • ■ 攻撃およびマルウェアの検証
  • ■ モバイルネットワークのファイアウ ォールテスト
  • ■ セキュリティテスト
  • ■ 任意のスケールで仮想のトラフィックを再生
  • ■ DDoS 攻撃の検証

detail__vid--text.png

はい (3)
いいえ (1)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。