情報通信
IR情報 会社情報

ダウンロード

*Spirent TestCenter、Avalanche、Cyberflood リリースファイル(最初にご覧下さい)

  • 対象機種

  • 登録日

    2018-05-24

このファイルは日本国内専用です。 IP:54.198.158.24
DL%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E5%B8%AF_950_150.png
お知らせ
 

■ 2018年5月24日時点の掲載バージョンは以下のとおりです。SPT-C1型 では Spirent TestCenter や Avalanche と一緒に 
 Cyberfloood も利用できます。これらの機能を1台のプラットフォームで複数使用する場合は、実装するソフトウェア
   バージョンの組み合わせにご注意下さい。詳細はこちらへ。
  Spirent TestCenter;v4.85、v4.84、v4.81、v4.80、v4.79、v4.78、v4.77
       Avalanche              ;v4.79、v4.78、v4.77、v4.75
  
Cyberflood      ;v18.1.0、v17.2.1

ALM対象製品リスト(Discontinued, Obsolete製品)

■ Spirent社が提供する販売終了製品、サポート終了製品に関する情報です。
  Avalanche:2018年1月2日付
  SpirentTestCenter:2018年1月2日付
 ・Spirent TestCenter : STC_EOL
 ・Avalanche : Ava_EOL

■ 販売終了製品、サポート終了製品については以下も参照下さい。
 ・Spirent TestCenter:http://www.toyo.co.jp/ict/contents/detail/eol_stc.html
 ・Avalanche:http://www.toyo.co.jp/ict/contents/detail/eol_avalanche.html
ダウンロードページに掲載したリリースファイルについて

 Avalancheリリースファイルはv4.77から展開時(unzip)のパスワードは不要です。
  ソフトウェア保守契約期間内にリリースされたバージョンであればバージョンできます。
    バージョンアップする製品の保守契約期限と各バージョンのリリース年月をご確認下さい。
 

■ Spirent TestCenter のリリースファイルもzipファイルですが、unzipにパスワードは不要です。
    Spirent TestCenter 本体にはソフトウェア保守期限情報が記録されライセンスファイルが保存されています。
    ソフトウェア保守期限切れの場合はソフトウェアのインストールができません。
連絡先/問い合わせ先

メール:spirent_cdb@toyo.co.jp
株式会社東陽テクニカ
情報通信システムソリューション部
電話:03-3245-1250

PAGE TOP