回転粘性率測定システム LCM-2型

液晶セルの過渡電流測定は、 IPSモードの実用化やSTNパネルの表示高速化に伴う液晶材の低粘性率化の要求の増加、 パネルの抵抗測定、不純物イオンの測定要求の増加等により、 クローズアップされてきました。 従来の回転粘性率(γ1)の測定は、 磁場装置等の設備が必要で、又バルク状態でしか測定できませんでした。 しかし本装置では磁場装置を必要とせず、 液晶セルでの回転粘性率(γ1)の算出に必要なデータ (ダイレクタ・スイッチングピークや不純物イオンピークの電流値・時間) を測定することができます。

株式会社東陽テクニカ 理化学計測部
phone03-3245-1103
Mail:keisoku[at]toyo.co.jp

主な製品