SVSWR法測定システム

EN55022規格、VCCI規格で2010年10月1日より、1-6GHzの放射エミッション測定が強制される予定です。GHz帯の放射エミッション測定は、CISPR16-1-4規格で定義されている試験サイト検証方法、SVSWR法 (Site Voltage Standing Wave Ratio)で評価する必要があります。
当社取り扱いのアンテナポジショナ、測定ソフトウェアとネットワークアナライザを組み合わせる事により、SVSWR測定を高速かつ自動で実現出来ます。また、送信側にアンテナポジショナを使用することで煩雑なアンテナ移動(0cm,2cm,10cm,18cm,30cm,40cm)を行う必要がなく、精度の良い測定が可能になります。

主な製品