EMC/大型アンテナ
IR情報 会社情報

セミナー

自動運転を見据えて、ロバスト設計を支えるリバブレーションチャンバーを利用したイミュニティ試験方法の必要性

2017年9月7日(木)

14:30 ~ 15:30     

場所

ベルサール東京日本橋 4F

▼▼本セミナーは、株式会社東陽テクニカ主催
東陽ソリューションフェア2017」講演の一部です
▼▼


実車・車載機器のイミュニティ試験手法として、国際規格策定プロセスにおいても、リバブレーションチャンバーにいま改めて注目が集まっています。本公演では、様々な導入例に基づく、リバブレーションチャンバーの特徴をより詳細に解説致します。

■講師:日本イーティーエス・リンドグレン株式会社 ソリューション開発部門 
            テクニカルディレクター
            島田 一夫氏
■参加費:無料
■東陽ソリューションフェア2017内、セッション番号【D1-B4】

【会場へのアクセス】  

 

ベルサール東京日本橋(東京日本橋タワー)4F
東京都中央区日本橋二丁目7番1号
TEL:03-3510-9236

<最寄り駅より>
  1. 「日本橋駅」B6番出口直結(銀座線・東西線・浅草線)
  2. 「東京駅」八重洲北口徒歩6分(JR線、丸ノ内線)
  3. 「三越前駅」B6出口徒歩3分(銀座線・半蔵門線)


★★★Google マップを起動する

 

【セミナー申込みの手順について】
1.東陽ソリューションフェア2017参加申込みサイト%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%B3_16x14.png へアクセスする。

2.東陽ソリューションフェア2017来場申込み 枚数(1以上)をプルダウンで選択、申し込むボタンをクリックする。

3.EventRegist(フェアで利用しているシステム)へログインする。
 初めての方は、新規会員登録を行ってください。
 メールアドレスとパスワードの設定が必要になります。

((((ログイン後、東陽ソリューションフェアのイベントスケジュールが表示されます))))

4.参加するセッション選択画面で、
【D1-B4】自動運転を見据えて、ロバスト設計を支えるリバブレーションチャンバーを利用したイミュニティ試験方法の必要性 を選択、次に進む(内容確認)ボタンをクリックする。

5.「申請者情報」「参加者情報」を入力し、「オーダーを確定」をクリックします。

以上で登録完了となります。
登録は、30分以内に完了するようにしてください。完了しない場合は入力内容が破棄されます。

 

  

■セミナーに関するお問い合わせ先:
 株式会社東陽テクニカ EMCマイクロウェーブ計測部
   影山 弘秋
 TEL: 03-3245-1244
  Email: emc@toyo.co.jp

detail__vid--text.png

はい (0)
いいえ (0)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。