EMC/大型アンテナ
IR情報 会社情報

TECHNO-FRONTIER 2019
「第32回EMC・ノイズ対策技術展」 出展のお知らせ

2019年4月17日(水)~19日(金)

10:00~17:00

場所

幕張メッセ 【小間番号 5E-12】

公式サイト:
https://www.jma.or.jp/tf/
出展者セミナ:
https://www.jma.or.jp/tf/visit/seminar.html

初展示するキーサイト・テクノロジー社 新EMI テストレシーバー「N9048B PXE」や弊社ワン・テクノロジーズ・カンパニー製 新放射エミッション計測評価ソフトウェア「EPX/RE」を中心に、さまざまなEMCテストソリューションを展示いたします。下記出展者セミナーも開催致します。是非東陽テクニカブースおよびセミナーへお越しください。

【主な出展製品のご紹介】

■新型EMIレシーバ
 キーサイト・テクノロジー社「N9048B PXE」

キーサイト・テクノロジー社製 新型EMIレシーバー
「N9048B PXE」に、最大350MHzのFFT帯域幅を持つ
ワイドバンド・タイムドメインスキャン(W-TDS) 機能が
搭載されました。これにより短時間でノイズの見逃しの
少ないEMI測定が可能となります。 
  

■放射エミッション計測評価ソフトウェア
  東陽テクニカ ワン・テクノロジーズ・カンパニー製「EPX/RE」

「EPX/RE」は、キーサイト・テクノロジ社製 新EMIレシーバー
「N9048B PXE」に搭載されたW-TDS機能の効果を最大限に
活用できるソフトウェアです。
「EPX/RE」は、受信周波数をステップさせて自動測定を行うことで
従来よりも大幅に測定時間を短縮できます。さらに
FFT帯域幅内測定をフルに活用し、ノイズの見逃しの少ない
信頼性の高い自動測定シーケンスを搭載しています。


容量性放電パルスイミュニティ試験機
   AKETEK社製「NSG5500」

NSG5500 は容量性放電回路が内蔵され、               
AMETEK(Teseq)社独自の技術、Gemini テクノロジを
駆使したユニークなパルス発生機能を提供します。
これによりISO7637-2:2004のイミュニティに関する
要求を完全に満足します。


 

【その他の出展予定製品】

■AMETEK社製 RFパワーアンプ

■東陽テクニカ社製 誤動作検知システム

■東陽テクニカ社製 自動車イミュニティ試験システム

■東陽テクニカ社製 自動車エミッション試験システム

■東陽テクニカ社製 シールド効果測定装置

■東陽テクニカ社製 EMI測定システム

■Narda Safety Test Solutions(PMM)社製 EMIテストレシーバ

■Narda Safety Test Solutions(PMM)社製 電界センサー

■IEC61000-4-31,-39関連ソリューション TEM-HORNアンテナなど

 

出展者セミナー】
  タイトル:
広帯域タイムドメインスキャンを用いた革新的測定手法のご紹介

    日時:2019 年 4 月 19日(金)15:40~16:30
    場所:出展者セミナー A会場
 

    弊社アプリケーションマネージャで IEC Sub-Committee77B/WG10エキスパートの中村哲也がキーサイト・テクノロジー社 新EMIレシーバー「N9048B PXE」と弊社の新放射エミッション計測評価ソフトウェア「EPX/RE」が可能にする革新的な測定手法をご紹介いたします。

    
>出展者セミナーの申し込みページはこちら(展示会公式サイト内)

detail__vid--text.png

はい (1)
いいえ (1)

PAGE TOP

本ウェブサイトではサイト利用の利便性向上のために「クッキー」と呼ばれる技術を使用しています。サイトの閲覧を続行されるには、クッキーの使用に同意いただきますようお願いいたします。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。