FAQ

TIPS、使い方のコツ

その他

ID.

Q. EMC測定ソフトウェアの再セットアップ手順


EMC測定ソフトウェアの再セットアップ手順
PC(パーソナル・コンピュータ)の機種変更・故障などにより、新たなPCにEMCソフトウェアを再セットアップする場合の手順は以下の通りです。こちらに従って実施して下さい。

作業中に疑問や問題などが発生した場合は、下記にご連絡願います。

【連絡先】
 株式会社 東陽テクニカ EMCサポートセンター
 TEL:    03-3245-1244 FAX:03-5205-2030
 E-mail: emc-support@toyo.co.jp  http://www.toyo.co.jp/emc/

A.


準備

下記のCD・ソフトウェアを準備して下さい。

  • GPIB ドライバ CD
  • 弊社ソフトウェア用インストールCD
     また現在ご使用のPCから、下記フォルダにある全てのファイルをバックアップファイル
     としてご用意下さい。
     但し、一部dllファイルやexeファイルは除外しますので、ご注意下さい。
  • 共通機器ドライバ;
    C:\Program Files\Common Files\TOYOVI(拡張子dllファイルは除外する)
  • 各種測定ソフトウェア(ソフトウェア毎に準備);
    C:\Program Files\“ソフトウェア型名”(拡張子exeファイルは除外する)

【例】

  • 放射雑音測定ソフトウェアEP5/RE型の場合;
    C:\Program Files\EP5RE(拡張子exeファイルは除外する)
  • 放射イミュニティ測定ソフトウェアIM5/RSの場合;
    C:\Program Files\IM5R(拡張子exeファイルは除外する) 以上で準備完了です。

再セットアップ作業

(1)GPIBドライバのインストール、及び 設定の実施

納品時にお渡ししております GPIBドライバをインストールして下さい。
本ドライバをインストールした後、GPIBボードの設定を行う必要があります。

GPIBボードの設定方法

“スタート”“全てのプログラム”“National Instruments” 
“Measurement&Automation” を起動します。
(インストール後、デスクトップ上にアイコンが作製されますので、そちらから起動することもできます。)

上図のように“デバイスとインターフェース”“GPIB0”⇒ 右クリックで“プロパティ”を選択します。

各設定が上図の通りであるか確認し、異なる場合は上図の通りに変更して下さい。
(デフォルト設定では、右上部の赤丸の設定が違っていますのでご注意下さい)

(2)アプリケーション

ソフトウェアのインストール
納入時に同梱されているインストールCDに各EMCソフトウェアのフォルダがあります。
フォルダ毎に“SETUP.EXE”ファイルがありますので、このファイルをダブルクリックして頂くと、左下図のダイアログが表示されます。

“次へ”を押していくと、右上図のようにインストール先のフォルダを選択するダイアログが表示されますので、デフォルトを変更する場合は“参照”ボタンを押して、インストール先を変更して下さい。
インストール先が決定しましたら、“次へ”ボタンを押して下さい。
左下図のようにセットアップ方法を確認するダイアログが表示されますので、“標準”にチェックをして頂き、“次へ”ボタンを押して下さい。

右上図のように、プログラムフォルダ(スタートアップメニュー)にプログラム アイコンを追加するダイアログが表示されますので、デフォルト設定を変更したい場合は、名称を変更して“次へ”ボタンを押して頂くと、インストールが開始されます。

正常にインストールされると、上図のように“完了”ダイアログが表示され、インストール作業が完了致します。

(3)USB型プロテクトキーのドライバのインストール

(旧プリンターポート型は設定不要)
USB型プロテクトキーをUSBポートに接続すると、左下図のような バードウェアの検索ウィザードのダイアログボックスが表示されますので、左下図のようにチェックを入れて、“次へ”を押して下さい。

右上図のように“一覧または特定の場所からインストールする”にチェックして頂き、“次へ”ボタンを押して下さい。

左下図のように、ドライバを検索するフォルダを指定する設定項目にチェックを入れて頂き、“参照”ボタンを押して、下記フォルダを指定して下さい。
C:\Program Files \Sentinel\Pd-5.392 \SystemDriver5392Legacy \Legacy\WIN_NT_I386

“次へ”を押して頂くと、ドライバのインストールを開始します。
インストールが正常に終了しましたら、完了のダイアログが表示されます。

【注意】ドライバをインストールした後、USB型プロテクトキーを認識するにはPCを再起動する必要があります。

(4)バックアップファイルの移行

《準備》にてバックアップしたファイルを、同じフォルダ内に上書き保存して下さい。
以上でセットアップは完了となります。
弊社EMCソフトエアを起動して頂き、各種ソフトウェアの動作確認をお願い致します。

<< その他に関するFAQ一覧へ戻る