FAQ

TIPS、使い方のコツ

その他

ID.

Q. NIスパイ

A.


【手順】

1)"NIスパイ"を起動してください。
("NIスパイ"を起動する際、既に自動測定用ソフトウェアが起動されていても問題ありません。)

(a)アイコンからの起動
  デスクトップの"Measurement & Automation"のアイコンをダブルクリック
   =>GPIBエクスプローラ画面上部メニューから[ツール]
   =>[NIスパイ]を選択<


"Measurement & Automation"のアイコン

(b) Windows[スタート]メニューからの起動
  Windows[スタート]=>[プログラム]=>[National Instruments NI-488.2]
   =>[GPIBエクスプローラ]
   => "GPIBエクスプローラ"画面上部メニューから[ツール]
   =>[NIスパイ]を選択

(c) Windows[スタート]メニューからの起動
  Windows[スタート]=>[プログラム]
  =>[Windows95用NI-488.2]
  =>[NIスパイ]又は[GPIBスパイ]を選択

2)"NIスパイ"画面上部メニューから[スパイ]=>[スタートキャプチャ]
  又は[キャプチャ開始]を選択  

3)自動測定用ソフトウェアで測定を行ってください。
  GPIBエラーが生じるとエラー内容は"NIスパイ"画面に赤字で記録されます。
正常な場合は、黒字で記録されます。

4)"NIスパイ"画面上部メニューから[スパイ]=>[ストップキャプチャ]
  又は[キャプチャ停止]を選択

5)"NIスパイ"画面で一番上にある赤字の行をダブルクリック
   =>[出力]タグ =>エラーコード
   の"iberr"の値を確認してください。
    (下記画面の場合、エラーコード"6"となります。)

6)"NIスパイ"画面上部メニューから[ファイル]=>[名前を付けて保存]
と選択することで結果をファイルに保存することもできます。

<< その他に関するFAQ一覧へ戻る