IR情報 会社情報

ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャー(情報開示)の基本方針

株式会社東陽テクニカ(以下「当社」という)およびグループ会社(以下併せて「当社グループ」という)は、株主、投資家の皆様に対し、透明性、公平性、継続性を基本に迅速な情報提供に努めます。 金融商品取引法および東京証券取引所の定める有価証券上場規程等に準拠した情報の開示に努めるほか、当社の判断により当社グループへの理解を深めていただくために有効と思われる情報につきましても、タイムリーかつ積極的な情報開示に努めます。

情報の開示方法

東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する情報の開示は、同取引所の提供する適時開示情報伝達システム(以下「TDnet」という)にて公開し、その後は本ウェブサイト上にも速やかに同一資料を掲載いたします。 また、適時開示が求められる情報以外の情報であっても、株主、投資家の皆様に当社への理解を深めていただくために有効なものにつきましては、本ウェブサイトに掲載する等の適切な方法により開示いたします。

沈黙期間

当社は、決算情報の漏えい防止や情報開示の公平性確保のため、決算期日から決算発表日までを「沈黙期間」とし、決算や業績に関連するコメントおよびご質問等への回答を控えさせていただきます。

業績予想および将来の予測に関する事項

当社が発信する当社グループの計画・将来の見通し・戦略などのうち、過去または現在の事実に関するもの以外は、将来の業績に関する見通しであり、これらは作成時点で入手可能な情報に基づき当社の経営者が合理的と判断したものです。従いまして、実際の業績は、様々なリスクや不確定要素の変動および経済情勢などによってこれらと異なる結果になる場合があります。

免責事項

本ウェブサイトは、投資勧誘を目的にしたものではありません。
投資にあたりましては、本ウェブサイトの掲載情報に全面的に依拠されることなく、ご自身の判断において行われるようお願いいたします。


掲載準備の都合上、適時開示規則に従った情報の本ウェブサイトへの掲載時期が遅れることもありますのでご了承ください。


本ウェブサイトの内容は予告なく変更、掲載を中止することがあります。

PAGE TOP