コンプライアンス

株式会社東陽テクニカ(以下「当社」といいます)およびグループ会社(以下、総称して「当社グループ」といいます)では、役職員の倫理・法令遵守に関する規範『東陽テクニカ コンプライアンス』を制定し、徹底を図っています。

倫理・法令遵守に関する規範

  1. 人権の尊重、差別・ハラスメント等の禁止
    • 人権を尊重し、いかなる差別・ハラスメントも許しません。
    • 労働に関する法令を遵守し、良好な職場環境を作るために絶えず努力します。
  2. 公正な事業活動の維持・継続
    • 私的独占、不当な取引制限、不公正な取引方法を禁止し、市場での公正な競争を通じて企業活動を行い、取引先と公正で相互発展可能な関係を保ちます。
    • 製品・サービスの提供にあたり、品質と安全の保証に万全を期します。
    • いかなる取引先とも適正な関係を保ち、不適切な贈答・接待の授受は行いません。
    • 事業活動に伴う会計記録や財務報告について、常にその正確性に努めます。
    • 第三者の知的財産権を尊重します。
  3. 安全保障貿易管理
    • 日本の輸出管理に関する法令等を遵守します。
    • 各国の輸出管理に関する法令等に注意を払い、必要に応じて対応します。
  4. 反社会的勢力の排除
    • 暴力団等、反社会的勢力とは一切の関わりを持ちません。
  5. 社会貢献と環境保全
    • 地域社会の一員として、社会貢献に努め、地域の調和と発展に取り組んでいきます。
    • 地球環境への配慮を忘れず、環境負荷の削減・低減に向けて資源の有効な活用と節約に努めます。
  6. 情報の適切な管理
    • 取引先、従業員のプライバシーを尊重し、個人情報その他の情報資産を適正に保護・管理するために最善を尽くします。

体制

コンプライアンスの最高責任者として社長が「リスク管理担当取締役(CRO:Chief Risk Management Officer)」を任命し、CROはリスク・コンプライアンス委員会を組織し、各部門の責任者と連携してコンプライアンスの徹底を図っています。

ホットライン(内部通報制度)

事業活動におけるコンプライアンス上のリスクを早期に発見・改善または未然に防止するため、当社グループの役職員がコンプライアンス違反や違反する恐れのある行為を知った際に、匿名で相談・通報ができる窓口「ホットライン」を設けています。