ソフトウェア開発支援
IR情報 会社情報

セミナー・展示会一覧

< 2017-03 >
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • 日時

    2017年3月14日(火)
    10:00~17:00

    場所

    東京

    C/C++言語用静的解析ツール QA·C/QA·C++ 基本操作

    ●QA·C/QA·C++の基本的な使い方のすべてを学ぶことができるので、ツールの習得時間を短縮することができます。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2017年3月14日(火)
    10:00~17:00
    [ 東京開催 ] 株式会社東陽テクニカ テクノロジー・インターフェースセンター 8階セミナー室 20,000円(税別) ※このコースには、ユーザー優待制度があります。詳しくはお問い合わせ下さい。 10
  • 日時

    2017年2月24日(金)
    10:00~18:00

    場所

    東京

    ソフトウェア構成管理ツール PERFORCE 管理コース

    ソフトウェア構成管理ツール PERFORCE に関して、その管理系操作の方法を習得します。PERFORCE を効果的に運用していただくためのノウハウを習得します。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2017年2月24日(金)
    10:00~17:00
    [ 東京開催 ] 株式会社東陽テクニカ テクノロジー・インターフェースセンター 8階セミナー室 40,000円(税別) 12
  • 日時

    2017年2月23日(木)
    各日10:00~17:00

    場所

    東京

    ソフトウェア構成管理ツール PERFORCE 基礎コース

    ソフトウェア構成管理を実施するために使用する PERFORCE に関して、その基本的な操作方法を習得します。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2017年2月23日(木)
    各日10:00~17:00
    [ 東京開催 ] 株式会社東陽テクニカ テクノロジー・インターフェースセンター 8階セミナー室 40,000円(税別) 12
  • 日時

    2017年2月22日(水)
    10:00~17:00

    場所

    東京

    C/C++言語用静的解析ツール QA·C/QA·C++ 基本操作

    ●QA·C/QA·C++の基本的な使い方のすべてを学ぶことができるので、ツールの習得時間を短縮することができます。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2017年2月22日(水)
    10:00~17:00
    [ 東京開催 ] 株式会社東陽テクニカ テクノロジー・インターフェースセンター 8階セミナー室 20,000円(税別) ※このコースには、ユーザー優待制度があります。詳しくはお問い合わせ下さい。 10
  • 日時

    2017年2月2日(木)
    10:00~17:00

    場所

    大阪

    C/C++言語用静的解析ツール QA·C/QA·C++ 基本操作

    QA·C/QA·C++の基本的な使い方のすべてを学ぶことができるので、ツールの習得時間を短縮することができます。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2017年2月2日(木)
    10:00~17:00
    [ 大阪開催 ] 新大阪ブリックビル3F E会議室 20,000円(税別) ※このコースには、ユーザー優待制度があります。詳しくはお問い合わせ下さい。 10
  • 日時

    2017年1月17日(火)
    10:00~17:00

    場所

    東京

    C/C++言語用静的解析ツール QA·C/QA·C++ 基本操作

    ●QA·C/QA·C++の基本的な使い方のすべてを学ぶことができるので、ツールの習得時間を短縮することができます。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2017年1月17日(火)
    10:00~17:00
    [ 東京開催 ] 株式会社東陽テクニカ テクノロジー・インターフェースセンター 8階セミナー室 20,000円(税別) ※このコースには、ユーザー優待制度があります。詳しくはお問い合わせ下さい。 10
  • 日時

    2016年12月16日(金)
    10:00 ~ 11:00

    場所

    Webinar (オンラインセミナー)

    機能安全プロセス構築の勘所 - 午前

    自動車・産業機械・鉄道などさまざまな産業で、機能安全への対応が必須となりつつあります。
    自社で機能安全規格に対応したプロセスを構築する際に何から作業すべきか悩み・苦労されている状況かと思います。
    本セミナーでは、機能安全プロセスの構築手順を解説し、株式会社ヴィッツのこれまでの経験を踏まえて、機能安全プロセス構築の進め方、勘所について解説します。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2016年12月16日(金)
    10:00~11:00
    機能安全プロセス構築の勘所 - 午前 無料 (要事前登録) 20
  • 日時

    2016年12月16日(金)
    14:00 ~ 15:00

    場所

    Webinar (オンラインセミナー)

    機能安全プロセス構築の勘所 - 午後

    自動車・産業機械・鉄道などさまざまな産業で、機能安全への対応が必須となりつつあります。
    自社で機能安全規格に対応したプロセスを構築する際に何から作業すべきか悩み・苦労されている状況かと思います。
    本セミナーでは、機能安全プロセスの構築手順を解説し、株式会社ヴィッツのこれまでの経験を踏まえて、機能安全プロセス構築の進め方、勘所について解説します。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2016年12月16日(金)
    14:00~15:00
    機能安全プロセス構築の勘所 - 午後 無料 (要事前登録) 20
  • 日時

    2016年12月13日(火)
    10:00 ~ 11:00

    場所

    Webinar (オンラインセミナー)

    脆弱性静的解析ツール Checkmarx CxSASTのご紹介

    運輸・流通分野における自動運転技術、医療分野におけるモニタリングなど、社内インフラを
    支える IoT/M2M や、金融機関に加え、IT 企業が決済や送金、資産管理、資産運用などの
    サービスを提供する Fintech の普及にあたっては、非常に高度なレベルでセキュリティを確保
    することが求められています。
    悪意ある攻撃を未然に防ぐため、ソフトウェアプログラムから予め脆弱性を解消しておくことは、コスト面を含め、大変有効な手段です。
    本セミナーでは、脆弱性静的解析ツールを使ったセキュリティ強化を行うためのツール Checkmarx CxSAST についてご紹介いたします。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2016年12月13日(火)
    10:00~11:00
    脆弱性静的解析ツール Checkmarx CxSASTのご紹介 無料 (要事前登録) 20
  • 日時

    2016年12月9日(金)
    10:00~18:00

    場所

    東京

    ソフトウェア構成管理ツール PERFORCE 管理コース

    ソフトウェア構成管理ツール PERFORCE に関して、その管理系操作の方法を習得します。PERFORCE を効果的に運用していただくためのノウハウを習得します。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2016年12月9日(金)
    10:00~17:00
    [ 東京開催 ] 株式会社東陽テクニカ テクノロジー・インターフェースセンター 8階セミナー室 40,000円(税別) 12
  • 日時

    2016年12月07日(水)
    14:00 ~ 15:00

    場所

    Webinar (オンラインセミナー)

    形式手法を活用した検証のQCD改善 - 午後

    形式手法は、論理的に記述された仕様から、論理的に証明された書替え規則に従って、プログラムを作成し、検証する開発手法です。高品質で高い信頼性を要求される分野で活用が進んでいます。本セミナーでは、従来の開発手法の中に、形式手法での成果を取り入れて、検証の品質・コスト・期間を改善できると期待されている考え方について、Frama-Cというフリーソフトでの具体例を用いて説明します。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2016年12月07日(水)
    14:00~15:00
    形式手法を活用した検証のQCD改善 - 午後 無料 (要事前登録) 20
  • 日時

    2016年12月7日(水),12月8日(木)
    各日10:00~17:00

    場所

    東京

    ソフトウェア構成管理ツール PERFORCE 基礎コース(2日間)

    ソフトウェア構成管理を実施するために使用する PERFORCE に関して、その基本的な操作方法を習得します。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2016年12月7日(水),12月8日(木)
    各日10:00~17:00
    [ 東京開催 ] 株式会社東陽テクニカ テクノロジー・インターフェースセンター 8階セミナー室 80,000円(税別) 12
  • 日時

    2016年12月07日(水)
    10:00 ~ 11:00

    場所

    Webinar (オンラインセミナー)

    形式手法を活用した検証のQCD改善 - 午前

    形式手法は、論理的に記述された仕様から、論理的に証明された書替え規則に従って、プログラムを作成し、検証する開発手法です。高品質で高い信頼性を要求される分野で活用が進んでいます。本セミナーでは、従来の開発手法の中に、形式手法での成果を取り入れて、検証の品質・コスト・期間を改善できると期待されている考え方について、Frama-Cというフリーソフトでの具体例を用いて説明します。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2016年12月07日(水)
    10:00~11:00
    形式手法を活用した検証のQCD改善 - 午前 無料 (要事前登録) 20
  • 日時

    2016年12月6日(火)
    10:00~17:00

    場所

    東京

    C/C++言語用静的解析ツール QA·C/QA·C++ 基本操作

    ●QA·C/QA·C++の基本的な使い方のすべてを学ぶことができるので、ツールの習得時間を短縮することができます。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2016年12月06日(火)
    10:00~17:00
    [ 東京開催 ] 株式会社東陽テクニカ テクノロジー・インターフェースセンター 8階セミナー室 20,000円(税別) ※このコースには、ユーザー優待制度があります。詳しくはお問い合わせ下さい。 10
  • 日時

    2016年11月25日(金)
    14:00 ~ 15:00

    場所

    Webinar (オンラインセミナー)

    機能安全開発におけるデザインパターン - 午後

    自動車向けなどの電子機器開発では機能安全規格への対応が必須となりつつありますが、安全性向上の反面、開発費の増大が避けられず、多くの企業では開発費低減が大きな事業課題となっています。
    機能安全設計の部品化、共用化による開発費低減に取り組まれている組織は多いのですが、標準的なデザインパターンが確立され、活用されている状況には至っていません。
    本Webinarでは、機能安全デザインパターンに関する論文、書籍の調査結果を報告し、機能安全開発で活用するために今後、必要な活動(開発、検討)について考察します。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2016年11月25日(金)
    14:00~15:00
    機能安全開発におけるデザインパターン - 午後 無料 (要事前登録) 20
  • 日時

    2016年11月25日(金)
    10:00 ~ 11:00

    場所

    Webinar (オンラインセミナー)

    機能安全開発におけるデザインパターン - 午前

    自動車向けなどの電子機器開発では機能安全規格への対応が必須となりつつありますが、安全性向上の反面、開発費の増大が避けられず、多くの企業では開発費低減が大きな事業課題となっています。
    機能安全設計の部品化、共用化による開発費低減に取り組まれている組織は多いのですが、標準的なデザインパターンが確立され、活用されている状況には至っていません。
    本Webinarでは、機能安全デザインパターンに関する論文、書籍の調査結果を報告し、機能安全開発で活用するために今後、必要な活動(開発、検討)について考察します。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2016年11月25日(金)
    10:00~11:00
    機能安全開発におけるデザインパターン - 午前 無料 (要事前登録) 20
  • 日時

    2016年11月24日(木)
    10:00 ~ 11:00

    場所

    Webinar (オンラインセミナー)

    OSSセキュリティリスク管理ツール Black Duck Hubのご紹介

    ソフトウェアの開発規模の増大に伴って、オープンソースソフトウェア(OSS)の利用が不可欠なものになりつつあります。しかしながら、その一方でOSSに含まれる脆弱性が社会に与える影響も増大しつつあります。
    本セミナーでは、OSSセキュリティリスク管理ツールBlack Duck Hubを紹介します。
    Black Duck Hubは、OSSに含まれる脆弱性を検出するとともに、検出されたOSSに対して新たな脆弱性が報告されていないかを監視し続けるため、OSSを利用するうえでのリスクを低減することができます。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2016年11月24日(木)
    10:00~11:00
    OSSセキュリティリスク管理ツール Black Duck Hubのご紹介 無料 (要事前登録) 20
  • 日時

    2016年11月22日(火)
    10:00 ~ 11:00

    場所

    Webinar (オンラインセミナー)

    脆弱性静的解析ツール Checkmarx CxSASTのご紹介

    運輸・流通分野における自動運転技術、医療分野におけるモニタリングなど、社内インフラを
    支える IoT/M2M や、金融機関に加え、IT 企業が決済や送金、資産管理、資産運用などの
    サービスを提供する Fintech の普及にあたっては、非常に高度なレベルでセキュリティを確保
    することが求められています。
    悪意ある攻撃を未然に防ぐため、ソフトウェアプログラムから予め脆弱性を解消しておくことは、コスト面を含め、大変有効な手段です。
    本セミナーでは、脆弱性静的解析ツールを使ったセキュリティ強化を行うためのツール Checkmarx CxSAST についてご紹介いたします。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2016年11月22日(火)
    10:00~11:00
    脆弱性静的解析ツール Checkmarx CxSASTのご紹介 無料 (要事前登録) 20
  • 日時

    2016年11月11日(金)
    10:00 ~ 11:00

    場所

    Webinar (オンラインセミナー)

    QA・C/QA・C++用 Webベースレビュー支援ツール「QA・Verify」のご紹介

    高い生産性を確保しつつ、高品質なソフトウェアを開発するためには、新たな問題を未然に防止するための枠組みと、新たな問題が埋め込まれたときに早急に対応できるようにするための枠組みを構築して、手戻り作業を極力排除する必要があります。
    本 Webinar では、静的解析ツール QA·C/QA·C++ によって得られた結果を開発チーム全体で共有して、ソースコードレビュープロセスを効率化できるようにするためのツール「QA·Verify」を紹介いたします。
    また、手間がかかりがちと考えられているソースコードレビュープロセスを簡便に継続的かつ定期的に実施するための方法についても紹介いたします。
    一歩進んだ静的解析の活用方法についての情報を収集する良い機会になります。ご多忙の折とは存じますが、是非この機会にご参加ください。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2016年11月11日(金)
    10:00~11:00
    QA・C/QA・C++用 Webベースレビュー支援ツール「QA・Verify」のご紹介 無料 (要事前登録) 20
  • 日時

    2016年11月9日(水)
    10:00~17:00

    場所

    東京国際フォーラム D7ホール

    PERFORCE on Tour TOKYO, JAPAN 2016 - DevOps 実践の鍵 -

    昨今、IoT, Fintechなどの技術革新と共に、新しいサービスやシステムが検討,実現されようとしています。また、2020年東京オリンピック開催もその実現を加速し、且つ誘発される要因になっています。これらのサービスやシステムは、高品質であることはもとより、いち早く市場に投入しなければ、その価値が創造され、提供する側,される側共に利益が享受されません。
    その為には、より高速かつ正確に開発プロセスを廻す必要があります。これを実現するために現在注目されているコンセプトが、開発(Development)と運用(Operation)が連携してリリースサイクルを高速化するDevOpsになります。
    本イベントでは、“Perforce Helix”が、DevOpsを実践するために何を提供し、どのような効果をもたらすかについて解説をいたします。本イベントを通して、ご参加頂く皆様全員と今後のシステム開発にどのように向かい合っていくべきか、その解を一つでも見出すことができれば幸いです。

    • もっと詳しく見る
    日時 開催内容 費用 空席 定員
    2016年11月9日(水)
    10:00~17:00
    PERFORCE on Tour TOKYO, JAPAN 2016 - DevOps 実践の鍵 - 無料 (要事前登録) 120

PAGE TOP